畑づくり(肥料を施す No5)

2013/03/24(日)
今日は畑づくりの肥料を施す No5について
4月からの本番に向け、勉強中です。

肥料の効きすぎで肥料やけを防ぐ方法に割り肥(わりひ)があります
割り肥

野菜から離れたところに肥料を入れる方法を割り肥といいます。
野菜の根が直接肥料に触れないので肥料やけの心配がありません。

また野菜が肥料を求めて根を伸ばすので、根がしっかり張った元気な野菜に育ちます。

割り肥には代表的な3通りのやり方があります。

・畝に1列植えの場合
畝の両サイドに肥料を埋める

1列植えのダイコン、ニンジンなどで使う

・畝に2列植えの場合
畝の中央にそって肥料を埋める

2列植えが必須のトウモロコシなどで使う

・株間が大きい場合
ジャガイモなどで使うが、株と株の間に肥料を埋める

肥料が触れないように株間を30cm以上あける

→根が直接触れないように入れるのがポイント、あまり遠くへ入れても効果が
 ありません(笑) 

→肥料の施し方は5日間勉強しました。
 追肥がいらないジャガイモとか、頻繁に追肥が必要なナスなど、野菜によって
 だいぶ違うのがわかりました。ポイントは「肥料やけ」させない施肥ですね。 


関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます