プロのお告げ No7

2013/03/06(水)
農家の方から教わったことを、プロのお告げと題してまとめております

今日はわき芽かきについて
トマトとキュウリ


わき芽かきは誘引作業が終わってからする、そうでないとどれがわき芽なのか区別が付かず、間違えて主茎を切ってしまう

 →わき芽がまだ小さいうちは分かるのですが、伸びてしまうと区別付きづらいですよね、
  小さいうちに取りましょう。誘引作業とは主茎を支柱にくくりつける作業です。

トマトのわき芽かきは、1番上のわき芽(次男坊)は残しておく、もし間違って主茎を折った際に変わりにそのわき芽を伸ばす
 
 →常に次男坊は残しておき、いざという時には出番だそうです(笑)

キュウリのわき芽かきは下から5節目までのわき芽を全部取る、下の方に実がなっても小太りのキュウリになってしまう
 
 →農家では売り物にならないので取るそうですが、それでもいいという方はどうぞ(笑)


※トマトやキュウリのわき芽は放っておくと、どんどん伸びていきますよね、トマトのわき芽は挿し木
 (土に埋める)してやると、もう一つのトマトの株ができますよ、簡単ですから試してみてはいかが
 ですか。


関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます