プリンスメロンの仕立て方(市民農園)

2013/06/13(木)
台風は熱帯低気圧になりましたが、今日は朝から雨降りです。
援農ボランティアはお休みです。
農家の人は雨の日に畑へは入りません
何故かは、以前まとめた「プロのお告げ」をご覧ください。

今週は雨だったり、病院での検査があったりで、まだ市民農園へ
足を運んでおりません。
メロンのこども(子房)が大きくなったかな。。。。。。。。
受粉も4日間やってないし。。。。。
気が気でありません(笑)

そこで、雨が止んだら行くとして、
いままでやってきたプリンスメロンの仕立て方を、まとめて
おきたいと思います。
なぜ放任ではダメか、仕立てが必要なのか・・・・。
いい果実をつくるために、不要な芽や実を取り、栄養がまんべんなく
いきわたるようにするためです。

下手な自作の図ですが、分かりますか。
メロンの仕立て図
摘心する位置を間違えると大変なことになりますよ(笑)
プリンスメロンの仕立て

手順1.親づるの本葉が4~5枚で、つるの先端を摘み取る(摘心)

手順2.元気のいい子づるを3~4本を伸ばし、他の子づるは摘み取る(摘葉)

手順3.子づるの本葉1~7枚目に出てくる孫づるは摘み取る

手順4.子づるの本葉10枚目辺りの孫づるに果実を実らせる(着果)
    (果実は1本の子づるに2~3個つける、多いと果実が小さくなったり
     甘さが弱くなったりする、欲張ってはいけません(笑))

手順5.果実は孫づるの本葉1枚目辺りにつくので、孫づるは本葉2~3枚で
    芽を摘み取る(摘心)
    (果実のつけない孫づるは全部摘み取らず、ある程度は残し放任する。
     成長点が全部なくなると樹が弱まる)

手順6.子づるは本葉20枚くらいで芽を摘み取る(摘心)

注意:これはプリンスメロンの仕立て方なので、他のメロンには適用しないで
   ください(笑)

私のミニ菜園では、現在手順4と5あたりをやっております。
一番肝心な着果が確認できてません。


関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- sata - 2013年06月13日 21:18:08

ジッチさんこんばんは!
図がすごいですね、私なんか見てるだけで
頭がこんがらがってきます(^^;)
うちのスイカもどれが何づるだか
よくわからなくなってきました(笑)

ところでジッチさんに質問があります。
記事とは違う方向ですいません(汗)
私の知人にピーマンの実が小さくて
悩んでる人がいるのですが・・・。
プランター栽培です。
野菜作りの指南書通り、一番花から下の
わき芽もとり、追肥もしてるようなんですが。
他にも何かいい手はありませんでしょうか?

- 畑のジッチ - 2013年06月14日 08:33:25

sataさん、おはようございます。
質問されるのは初めてですが、ピーマンはまだ2回しか
栽培経験がないので、シロウトの回答として聞いてください。
夏野菜のトマト、ナスなんかよりも、もっと高温、乾燥を好む
ようです。したがって水は極力与えないで、日当たりのいい
ところで育てることではないかと思います。
スイカ、がんばってください。

- sata - 2013年06月14日 14:22:30

ジッチさん、丁寧なアドバイスをありがとうございます!
さっそく伝えます!

ジッチさんの記事、毎回楽しみにしてます。
おいしいメロンが出来ますように・・・(^^)

- 畑のジッチ - 2013年06月14日 15:09:48

sataさん、一言補足です。
私は露地栽培なんで水まきしませんが、プランター栽培
の場合はまかないわけいかないので、乾燥気味に適度
に与えてください。

- sata - 2013年06月14日 18:15:30

ジッチさん、わかりました!
ありがとうございます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます