熱海へ相棒たちと行ってきました(2日目)

2017/04/02(日)
雲の多いどんよりとした天気です。
HCへ有機石灰とパーク堆肥を買って、市民農園へ運んでおきました。
スコップなどの道具も運ばないといけないので、作業は明日から開始しようと思います。


さて、熱海観光2日目の報告です。
ちょっと寝不足ではありましたが、朝風呂に入って朝食の後にチェックアウトしました。

「湯~遊~バス」に乗って熱海市内を観光してきました。

まずは「お宮の松」で下車

お宮が寛一に下駄で蹴られてます
IMG_2694_convert_20170401115502.jpg
金色夜叉の名シーンですね。
小説では熱海海岸の場所なんです。

なんで蹴られたか覚えてますか・・・、

お宮が貫一を裏切って、金持ちの男と結婚することになったからです。
「来年の今月今夜、僕の涙で必ずこの月を曇らして見せる!」が名セリフですね。
尾崎紅葉未完の小説と言われてます。
「金色夜叉」により熱海は一躍脚光を浴び、のちに新婚旅行のメッカとなりました。

銅像の前で
IMG_2692_convert_20170401115451.jpg
3人は女性に蹴りを入れるような男ではありませんよ。
やさしいオヤジたちです(笑)

熱海サンビーチ
IMG_2699_convert_20170401115511.jpg
人工の砂浜だそうで、夏は海水浴客でにぎあうそうです。
ヤシの木は南国のようですね。

熱海親水公園のトンビ
IMG_2712_convert_20170401115520.jpg
獲物を上から狙ってます
食べ物を手に持ってると襲ってくるので怖い鳥です。
畑のカラスはまだかわいい方かな(笑)

さらにバスに乗って高台にある熱海城へ行ってきました
IMG_2730_convert_20170401115616.jpg
昭和34年に築城された観光用の城です。

一番上の展望天守閣から眺めた景色
IMG_2719_convert_20170401115530.jpg
絶景です!!!
熱海は何回か来てますが、この景色を見たのは初めてです。
お勧めスポットですよ。

下を眺めると・・・、
IMG_2722_convert_20170401115540.jpg
赤い絨毯の上に2列に並んだテーブル席が用意されてました。
さくら祭りなのですが、あいにくサクラは開花してません。

満開になった桜を期待してたのですが・・・、
東京の上野の方が早いなんてことがあるんだ・・・(笑)

出ました! はるばる群馬から来たとの様
IMG_2726_convert_20170401115548.jpg
江戸体験の間があり、衣装を着て写真撮影ができます。
かつら似あってるね。。。


浮世絵春画展なんてのもありました
IMG_2727_convert_20170401115557.jpg
なんと18歳未満は入場できません。
オヤジ3人は鼻の下長くして入場しました(笑)

カメラ撮影は禁止でしたので、どんなのかは紹介できません(笑)
ネットで見ることができますので、そちらで見てください。
画家は有名な北斎、歌麿、写楽などです。


マッチ棒で作った熊本城
IMG_2729_convert_20170401115606.jpg
見事です!
マッチ棒を2万3千本使って作成したようですが、姫路城など有名な城も展示
されてました。

地下には無料ゲームセンターなどがあり、まさに遊びのお城でした。

帰りもバスに乗り東名高速で上野を目指します。
休憩が2回で40分、東名と首都高で渋滞があり4時間かかりました。

楽しいオジンの旅でした。

のん気に楽しんでばかりおられません、畑が待ってます。
今年もがんばるぞ!!!(笑)

また野菜づくりのブログを再開します。
いつも訪問いただきありがとうございます。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

熱海へ相棒たちと行ってきました

2017/04/01(土)
今日から4月、本格的な春を迎えましたね。
でも初日から10℃に満たない花冷えの天気です。
農作業もだんだんと忙しくなってきますね。

毎年、群馬の相棒とはどこかへ一泊旅行してますが、今年は茨城の相棒も誘って三人で
熱海温泉へ行ってきました。
長くなるので2回に分けて報告します。

JR熱海駅
IMG_2666_convert_20170401100948.jpg
東京上野に集合して、ホテルの送迎バスでやってきました。
従って新幹線は乗ってません、往復で1350円の安さにはビックリ!(笑)


仲見世通りの入り口に建つ「伊東園ホテル熱海館」を予約しました
IMG_2671_convert_20170401101021.jpg
6階の海側の部屋だったので見晴らしが良かったです。

先ずは近場の観光へ散策
その前に昼食
CIG_IMG008_convert_20170401100907.jpg
信州の戸隠蕎麦を食べましたが、群馬の相棒は「いまいちだね・・・」
チョッッとコシがなかったようです。


熱海と言えば寛一・お宮で有名ですね
IMG_2669_convert_20170401101010.jpg
貫一がお宮に蹴りをいれているシーンです。
若い人には何のことか分からないでしょうが、相棒二人はよく知ってます(笑)


群馬の相棒が源泉で「夢かけ地蔵さん」の頭を洗ってあげます
IMG_2668_convert_20170401101001.jpg
夢が叶いますように・・・。
相棒の夢ってなんなんだろう。。。?


「池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家」を見学してきました
CIG_IMG014_convert_20170401100919.jpg
版画、油彩、陶芸、書、小説、など幅広く活躍した芸術家の池田満寿夫氏と
世界を舞台に活躍したヴァイオリニストの佐藤陽子氏が住居兼アトリエで使っていた
家だそうで、熱海市に寄贈されたそうです。

展示された芸術作品を観賞した後は、リビングのソファーでゆったりと休憩しました。
ここまで来るのに急な登坂があって疲れました(笑)
佐藤陽子氏は健在で、近くのマンションにお住いのようです。


さて、ホテルに戻り夕食の前に温泉へたっぷり浸かりました。

夕食はバイキング
CIG_IMG016_convert_20170401100927.jpg
おつかれさん!
群馬の相棒が自撮りをやったつもりが、本人はどこ行ったのかな(笑)

私が取った料理
IMG_2672_convert_20170401101030.jpg
なんか、酒のつまみが多いね。。。
なんたって、90分の飲み放題が付いてるのです(笑)

この後にもおかわりしました。
ちょっと食べすぎ、飲みすぎですね。

食事も終わり、茨城の相棒が大好きな「カラオケ」に移りました。
IMG_2679_convert_20170401101039.jpg
茨城の相棒(右)と私です

相棒は娘さんとよくカラオケに行くらしいです。
私はもう高い声がでなくなったので、歌うのは苦手です。


群馬の相棒
IMG_2681_convert_20170401101048.jpg
なんかだんだん上手くなってきてるようです。
かくれて一人カラオケやってるのでは・・・(笑)
デュエット曲で女性のパートを裏声で聞かせてくれたのは大いに受けました。

カラオケルーム90分無料なんですよ。
やがて夜が更けて、部屋へ戻ってまた酒盛りが続きます。
日が変わって午前1時半、もう寝るとしようか・・・、

道産子は酒が強いと言われますが、順位を付けると・・・、
 群馬の相棒>>私>茨城の相棒

年とともにだんだん弱くなってきましたが、群馬の相棒は変わりません(笑)

後半の熱海観光2日目に続く

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

群馬旅行の報告(2日目)

2016/04/29(金)
朝から強い北風が吹き荒れてます。
夏野菜の苗を買って定植しようと思っていたのですが、この風じゃ止めた方が
良いだろうと諦めました。


群馬旅行2日目の報告です。

前日はいつもよりかなり遅い就寝、でも目が覚めるのはいつもの時間でした。
8時にホテルを出発!

今回のメインである雪の回廊は、草津から志賀高原へ向かう志賀草津道路の途中に
あります。
冬の間は雪のため交通止めだった山岳道路もゴールデンウィーク間近に除雪して
開通してました。
標高2100mもの場所を走るので、展望も素晴らしいものがあるとのことです。

道産子の二人は何メートルもたまった雪は子供の頃見てますが、
雪の回廊との名前で観光化された道路を見るのは初めてワクワクします。
相棒は一度来たようで感動ものらしいです・・・。

志賀草津道路からの山並

まだ雪が残ってます。
闕画エ・逋ス譬ケ・・セ橸セ暦スイ・鯉セ橸シ農convert_20160429135549


横手山ドライブイン
闕画エ・逋ス譬ケ・・セ橸セ暦スイ・鯉セ橸シ狙convert_20160429135511
標高2100メートル
横手山山頂への登山口でもあるようです。
眺望は格別ですね


目的の「雪の回廊」
闕画エ・逋ス譬ケ・・セ橸セ暦スイ・鯉セ橸シ胆convert_20160429135522
この場所が一番高かったようです。

何メートルでしょうか
闕画エ・逋ス譬ケ・・セ橸セ暦スイ・鯉セ橸シ都_convert_20160429135536
相棒の身長からいくと、4メートルはあるみたいです。

この写真を見て行って見ようかと思われると困るので・・・、
実は道路の両サイドに高く積もった雪をイメージして行ったのですが、
そんなところはほぼ皆無、この写真の場所も片側だけ30mほどの
長さでした。

今年は暖冬のせいで雪は少なかったようですね。
いつもならGWにスキーヤーが押し寄せるのだそうですが、今年は
ダメのようです。

日本国道最高地点
闕画エ・逋ス譬ケ・・セ橸セ暦スイ・鯉セ橸シ廟convert_20160429135558
近くに石碑がありました。
標高2,172mだそうです。


途中、万座プリンスホテルで日帰り入浴しました。
万座温泉は標高1,800mのところにある高山温泉郷、「星に一番近い温泉」として
有名です。
ここは男女混浴の場所があり、カメラ・携帯などは持ち込み禁止となってました。
従って写真は1枚もなし、混浴にも遭遇できませんでした(笑)


世界遺産の富岡製糸場へ向かう途中に軽井沢へ立ち寄り
霆ス莠墓イ「_convert_20160429135448
旧軽井沢銀座通りです。

軽井沢駅南口を出てすぐにできた、広大なショッピングモールに人気があって
この通りの観光客が減ってきてるとか・・・。

旧三笠ホテル
霆ス莠墓イ「譌ァ荳臥ャ繝帙ユ繝ォ_convert_20160429135501
明治後期の純西洋式の木造ホテルで、設計・施工が日本人の手によるものとか。
昭和55年5月に国の重要文化財に指定されてます。

今でも宿泊できるようですよ。


最後の目的地「富岡製糸場」
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・狙convert_20160429135607
2014年6月21日に日本の近代化遺産で初の世界遺産リスト登録物件となった。


ガイドの説明を聞きながら見学
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・包ス難ス難ス点convert_20160429135645
たぶん説明を聞かずに回ってもチンプンカンプンでしょうね(笑)
話の上手なベテランガイドでした。

明治維新で日本の近代化を掲げた政府がフランスから技術者を雇い入れ、
日本人に製糸の技術を学ばせた。
フランス人の給与は当時の総理大臣並みだったそうですよ。

女工さん
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・包ス難ス点convert_20160429135637
技術伝習工女として15~25歳の若い女性が募集されたそうです。
あくまでも技術を習得するのが目的で、地元に帰って指導者として活躍したそうです。

愉快なガイドさん
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・不_convert_20160429135628
繭を空中に浮かせて見せます。
実は1本の糸でぶら下げたのですが、よく見ないと分からないほどの細い糸でした。

相棒は世界遺産になる前にここを訪れたそうで、その時もこのガイドさんだったそう
です。

工場(操糸所)の中
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・棒convert_20160429135657
女工さんが繭から製糸を取り出す機械

操糸所の外観
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・農convert_20160429135621
建物はフランス人が設計して、まだちょんまげ結ってた日本人が建てたそうです。
このレンガ造りは当時としては珍しく、建物としても価値の高いものです。

シルクの展示
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・誉convert_20160429135706
きれいなシルクです!

女工さんの寄宿舎
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・論convert_20160429135725
今でいう女子寮ですね
すごい任務を背負って全国からやってくる女工さんなので、すごい勤勉で
優秀だったようですよ。


最後に・・・、
蟇悟イ。陬ス邉ク蝣エ・兩convert_20160429135736

ガイドさんから帰るときには出口で一度振り返って避雷針を見てくださいと
言われました。

なるほどハートマークですね。
当時、こんな洒落た人がいたのですね。


2日間の群馬旅行、私にとっては初めてのところもあり、とても楽しく貴重な時間を
過ごすことができました。
ドライバー兼案内人の群馬の相棒は疲れたことでしょう。
ホントにありがとうございました。

むかし行った時の雪の回廊はこんなだった!
CIMG4727_convert_20160429162558.jpg
相棒からわざわざ写真が送られてきました。
信用するよ・・・(笑)


※二日に渡り、最後まで長々と見ていただきありがとうございました。
少しは群馬のこと分かってもらえたでしょうか。
 群馬県の人気ランキングが上がることを祈って・・・(笑)
 群馬に行くときには少しでも参考になれば幸です。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

群馬旅行の報告(1日目)

2016/04/28(木)
昨夜、群馬旅行から帰ってきました。
今日は援農ボランティアなんですが、またも雨で中止です。
どうして木曜日は雨が多いのでしょうかね、不思議です。

昨日は帰宅も遅かったし、ちょっと疲れ気味なもんで、恵の雨かもしれません(笑)


さて、昨日までの2日間に群馬の相棒の案内で群馬県の草津・白根方面を観光して
きました。

群馬県と言えば、県別魅力度ランキングで最下位を茨城県と競ってる県です。
そんな中、群馬県は富岡製糸場が世界遺産登録されたことや、ご当地キャラクターの
ぐんまちゃんが「ゆるキャラグランプリ」で優勝したことにより、順位を持ち直して
きているようですよ。

みなさんは群馬のことどれだけ知ってますか。
今回は相棒のために、観光した所を紹介して群馬のPRをしたいと思います(笑)

いつものように移動は相棒の車で運転任せです。
わたしはカメラ係り。。。(笑)


お昼になり、先ずは腹ごしらえから

岩井洞の近くで手打ち蕎麦を食べさす「やすらぎ」
IMG_1676_convert_20160428135132.jpg
相棒のお勧めの店のようで、地元野菜なども売っていたりして都会にはない田舎の雰囲気が
良いですね。

そば定植をいただきました。
IMG_1675_convert_20160428135121.jpg
そばは美味しかったですが、山菜天ぷら、それにマカロニサラダなんてところが
気に入りました。


その後に、川場村の八ッ場ダムの現場を見学しました。
繝、繝・エ繝€繝_1663_convert_20160428135202
首都圏の生活用水や工業用水の確保のため、昭和27年に国がダム建設を決めた
場所です。

ご存知の通り、当時の民主党政権になってダム建設が中止になったりしたことが
ありますが、自民党政権に戻ってからは再開されてます。

ダムはまだ建設中で、地元の人に聞くと完成は3年後だそうです。
この写真の所が全部水で埋まるのです。
駅舎や民家などは高台へ引っ越されてました。

当時、テレビでまだ未完成だった橋をよく映してましたが、今は完成してました。
繝、繝・エ繝€繝_1674_convert_20160428135210
車で一回りしてきましたが、高台の家はあたり前ですがみな新築。
温泉街があるのですが、昼間だからかひっそりしてました。


サァ~て、今晩の宿泊地到着です。
闕画エ・貂ゥ豕会シ狙convert_20160428135218
日本の温泉100選でいつもトップが「草津温泉」です。
相棒はもう数えきれないほど来ているようです。
私は片手の指で数えるほどです。

みなさん、草津温泉が群馬県にあるって分かってましたか。
相棒がぼやいてました、「みんな知らないんだろうな~・・・」

老舗の旅館街
闕画エ・貂ゥ豕会シ胆convert_20160428135228
温泉情緒あふれる街並で、落ち着いた雰囲気の和風旅館。

ここに泊まった・・・???
いやいや、もっと格安なホテル泊です(笑)

草津名物「湯もみショー」
闕画エ・貂ゥ豕会シ点convert_20160428135246
初めて入ってみました。
ご存知の「チョイナ~チョイナ~」のかけ声で湯もみが始まります。

体験湯もみに参加しました
闕画エ・貂ゥ豕会シ粘_convert_20160428135255
なぜか二組のアベックに割り込んでましたね(笑)

音頭に合わせてもみ板を右左と回転させるのですが、リズムに合わせるのが
難しい、齢かな(笑)

賞状を受け取りました
闕画エ・貂ゥ豕会シ不_convert_20160428135605
5回挑戦すると「ゆもみ免許皆伝証と記念品」を授与するそうです。
5回もやれないな~、たぶん5回も来れないでしょう(笑)

それと草津温泉の楽しみの一つ
闕画エ・貂ゥ豕会シ棒convert_20160428135320
地元の方が利用・管理している共同浴場が18カ所もあるそうで、
一般観光客にも無料で開放されております。

源泉かけ流し温泉がタダですから、入らないわけにはいかない・・・。

こんなお風呂です
闕画エ・貂ゥ豕会シ誉convert_20160428135330
地元の方は毎日温泉に入れるなんて幸せですね。。。

この後、ホテルにチェックイン
また温泉に浸かりました(笑)

夕ご飯
IMG_1727_convert_20160428135143.jpg
食べ放題のバイキングでした。

さらにお酒も飲み放題!
アサヒ「スーパドライ」を何杯もおかわりしました。

部屋に戻ってから・・・、
IMG_1732_convert_20160428135152.jpg
地酒で、相棒と延々と酒盛りが続くのであった。。。

眠りに入ったのは深夜になったのは言うまでもない(笑)


次回は2日目の「志賀草津道路の雪の回廊、世界遺産の富岡製糸場、他」をご案内します。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

札幌のあるお宅を訪問

2015/08/15(土)
大事なことをまだアップしてませんでした。

グループ菜園で一緒に野菜づくりをしていたご夫婦が、故郷の札幌郊外
へ1年前に帰っていました。

せっかくだからとご自宅へ寄らせてもらいました。

先日、送られてきた畑の写真は7/27のブログで紹介しましたが、
実際にこの目で見てきました(笑)

トマト
IMG_1219_convert_20150815145948_201508151510092eb.jpg
やっと2段目の房が赤く色づいてました。
東京じゃ9段目まで進んでるのですが、これだけの差があるのですね。

キュウリ
IMG_1221_convert_20150815145957_201508151510107b2.jpg
収穫がまだ続いておりました。
4株もあるので二人では多いかなと話されてました。
キュウリの採れ過ぎ、どこのお宅でも困っているのですね(笑)

トマトとキュウリの畝
IMG_1224_convert_20150815150008.jpg
まだ葉っぱが青々として元気そうです。
私のキュウリはとっくに枯れてますよ。

枝豆
IMG_1215_convert_20150815145937.jpg
莢のふくらみが採り頃だと言ってますよ。
カメムシもいるようですが、東京で作っていた時のようなひどい被害は
ないようです。

青紫蘇
IMG_1228_convert_20150815150029.jpg
種から育てたようです。
来年は勝手に自生してきますよ(笑)

里芋
IMG_1229_convert_20150815150049.jpg
農業学校での里芋の美味しさが忘れられず、自分で栽培しているようです。

野良アスパラ
IMG_1233_convert_20150815150107.jpg
畑の横にアスパラがあったので、覗いてみると小さな芽が出てました。


奥さんが収穫担当
IMG_1226_convert_20150815150017.jpg
管理の方はもっぱらご主人だそうで、週末農民だそうです。

それにしてもきれいに手入れされてる菜園です。
ホントに草が1本もない(拍手)


本日の収穫
IMG_1230_convert_20150815150058.jpg
枝豆はご主人の晩酌のつまみですね。


夏が短い北海道の夏野菜、お盆過ぎたらもう秋が押し迫ってきます。
短い期間での家庭菜園ですが、お二人で楽しんでおられるようでした。

畑もご本人もお元気そうで安心しました。
帰ってみんなに報告します。
お忙しいところにお邪魔しました。

その足で新千歳空港へ向かいました。

これで帰省報告は終わりです。
天気に恵まれ最初の2日こそ30℃超えでしたが、それ以後は27~
28℃と十分な避暑を堪能できました。

長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます