落ち葉堆肥の積み上げと里芋の皮むき(援農ボランティア)

2016/12/15(木)
朝方は1℃まで冷え込みました。
今日で師走も半分過ぎました、早いもんであっという間に正月ですね。
年取るとやけに1年が短く感じます、何なんでしょうかね・・・(笑)

今日はボランティアで農家さんへ向かいました。
自転車乗るのも寒くなってきました。
農家の畑

先週、落ち葉堆肥の作業をやった時に、まだ何回か落ち葉を運ぶと言っていたので
たぶん今日も落ち葉の積み上げ作業だと思いながら到着しました。

やはり・・・、
トラックから大量の落ち葉袋が降ろされてました。

先週は濡れた落ち葉でズボンが真っ黒になったもんで、合羽のズボンだけはいて
作業開始です!

積み上げた落ち葉の高さが段々と高くなっていきます。
上にあがってる人に落ち葉が入った袋を投げ上げるのが辛くなってきました。

私が真ん中に入って、二人がかりで上げていくことにしました。
少しは楽になった・・・(笑)

途中で最上の人とバトンタッチ
上にあがってみると、その高さにビックリです。
6mはあるでしょう。
見晴らしがいいです(笑)

あまり端っこに行くと下まで滑り落ちてしまいます。
ここは気を付けて作業しました。

休憩はさんで、次は里芋の皮むきでした。
里芋はたくさん栽培してるので、次から次に出てきます。
この作業は比較的楽なので歓迎です。

里芋の穴埋めはまだ1回しかやってない。
まだ畑には掘ってないところもあるようで、次回当たりにその作業かなと、
ボランティア同士で予想し合いました。
その作業は最も辛い作業なのです・・・(笑)


<休憩時の話題>

茨城からウドの根株は全部運び終わって、年末出荷分がムロの中で育ってるそうです。
ムロに入りきらない第2弾、3弾、4弾・・・の根株は畑の土の中に入れたようで、
今年はその作業は回ってこなかったようです。これも重労働なのです(笑)

落ち葉はもう1回運んでくるそうです。
大きなビニール袋に詰めた落ち葉を2トントラックで4回ほど運んでるとのこと。
どれだけの量なのかお分かりかと思います。

堆肥は主にハウスの中でやる育苗などで使うようです。
腐葉土が一番だと話されてました。


<お土産>

IMG_2274_convert_20161215143652.jpg
おかみさんが「オレンジ白菜食べてみて!」と袋に入ったお土産を渡してくれました。
ネギもあるし、今晩も鍋かな。。。

私の畑のニンジン、せめてこのくらいまで大きくなってよ・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

落ち葉堆肥づくり(援農ボランティア)

2016/12/08(木)
今朝も冷え込んでそろそろ霜が降りるころになりました。
2週続けて天候不順で休みになった援農ボランティアが久し振りにありました。
農家の畑


農家さんに着くとと、地面が薄っすらと白くなってました。
ご主人によると「霜はすでに5回ほど降りてるよ・・・」
この時期、朝早く畑に出かけることがないので気付かなかっただけのようです(笑)


今日の作業は落ち葉の積み上げのようです。
大きなビニール袋に入った落ち葉が山のように転がってました。

その前に運んできたウドの根株の泥落としからでした。
短い棒で根株を持ち上げて、トントンたたいて泥を落とします。

それをご主人が茎を切り落として、どこかへ運んでました。
ムロがいっぱいになると、土の中へ入れておきます。

ボランティア3人なので30分で終わり、落ち葉の積み上げ作業にかかります。
毎年この時期になると、落ち葉を運んできて庭の空地へ積み上げていきます。
今日がその初回のようです。

カッターナイフでビニール袋の底をやぶり、幅5mほどで山のように積み上げていきます。
カッターナイフに紐がついてました・・・???

毎年、この作業中になくしてしまうからのようです。
落ち葉の中に埋もれてしまうと行くへ不明になります(笑)
紐を手首に巻き付けて手から離さないようにと、ご主人の考案のようでした。

1m以上積み上がったら、上に一人が登って上部を均等にならしていきます。
下の人は落ち葉の入ったビニール袋を上を目がけて投げるのですが、
これが力のいる作業でした。。。

濡れた落ち葉があり、乾燥した物の10倍もの重さになってます。
途中から無理はせず、その落ち葉は下で積み上げていきました(笑)

休憩はさんだその後は、里芋の皮むきでした。
これは椅子に座っての作業なので落ち葉作業よりは楽です。
何回もやってるので慣れた作業、1時間半もやってると腰が痛くなってきました。
重い落ち葉を投げたせいなのか・・・。


<休憩時の話題>

ウド栽培は始まったのか聞いてみると、
群馬からの根株は運び終わってムロ入れは終わってるようでした。
年末に売り出す最初のウド栽培になります。

今日初めに作業した根株は茨城県内の農家から運んできたものだそうです。
4年前のちょうど今ごろ、農業学校で茨城へ行って根株掘りをしたのを思い出しました。
泥だらけになってやったきつい作業でした(笑)

今日の里芋の皮むきで、親芋が小さかったのは生長期に雨が少なかったからだそうです。
やはり里芋には水遣りが必須なんですね。


<お土産>

IMG_2265_convert_20161208152846.jpg
初めて白菜をいただきました。
と言っても、休みばかりだったから。。。

今晩は鍋に決まりですね(笑)

IMG_2267_convert_20161208152856.jpg
ずいぶん立派なカリフラワー
私の畑のはいつになったらこれだけのものが採れるのか。。。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ナス畑のかたづけ(援農ボランティア)

2016/11/17(木)
日中は晴れて気温が高くても朝晩は冷え込みますね。
そんな天気が今日でした。

援農ボランティアなのできっちり冬服を着こんで農家さんへ向かいました。
農家の畑

今日の作業はちょっと離れたところにある畑だとのこと、
なんだろう・・・、 再び自転車で移動しました。

ナスの撤去作業でした。
今日のボランティアは2名

草丈が3mほどもある大きな株になってます。
合掌式の支柱に、2本仕立てになって誘引されてました。

先ずご主人が見本を見せてくれます。
大きな剪定バサミで、ぶっとい茎というか枝を2か所切断する要領を教えてくれます。
ポイントは2本に分かれたところでカット、さらにその上の中間あたりでカット。

このカット作業が思ったより重労働なのでした。
剪定バサミが重すぎる!(笑)
枝が太くなっているので簡単に切れない!
ご主人から、「ハサミのもち方は逆だわ、切るときは斜めに切って!」
そうそう、太い枝を切るときは斜めに切ると楽なのです、基本を忘れてます(笑)

カット作業ですでに汗ばんできました。
日差しが強く、気温も上がってきたようです。
上着を1枚脱いで続けました。

次は誘引クリップを回収しながらカットした枝を取り外して8株ほどにまとめて
いきます。

1本の支柱に6~7本のクリップが付いてました。
それを1本づつ回収していきます。

そのクリップはワンタッチで外れて便利な器具ですが、
太くなりすぎた茎の部分は外しずらくもありました。
それほど太くなるとは思ってなかったようです(笑)

休憩をはさんで、作業を続けました。
最初、株の根っこまで取るのかと思って引き抜いてみました。
そんな簡単には抜けません・・・、
エエ~ィと思いっ切り、すごい根の張り方で驚きました。
ご主人が「根っこは人の手では無理、機械で掘るからやらなくてもいいよ~」

最後の畝を半分ほど終わったところで、
若奥さんがやってきて「もう上がってください!」

アレ、もう時間。。。
時計を見ると12時半を回ってました。

今日の作業は時間も忘れるほど集中してやったようです(笑)


<休憩時の話題>

先週やった里芋畑を見ると保存は全部終わったようで、種芋は土の中に埋められて
ました。

かなりの数を埋めましたが、全部種芋にするのですかと聞いたら・・・、
「種芋にできるのは1/3くらいで、残りは売り物にするよ・・・」
里芋の種芋(ブランド)はなかなか手に入りずらいそうです。
ここの農家さんでは、8種類もの里芋を絶やすことなく作り続けているそうです。

先輩ボランティアが、先日他の農家さんで里芋の穴埋めを見たとのことで、
大きなネットに放りこんで、そのまま土を被せていたそうだ。
ご主人曰く「農家でも色々やり方が違うからね、うちは昔からこういうやり方・・・」
さらに先輩ボランティア曰く「その農家さんの里芋は素人から見てもあまり良く
ない・・・」

やはり、管理が丁寧な農家さんは、出来る野菜も立派です。
だから品評会でたくさんの賞を取るのだと大いに納得した時間でした。


<お土産>

IMG_2223_convert_20161117151225.jpg

キャベツが入ってました。
今、野菜が高いから助かります。

私の畑の野菜はまだ収穫モードに入ってません(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

草むしり&里芋を土に埋める作業(援農ボランティア)

2016/11/10(木)
きょうは今季一番の寒さだったようです。
朝は6℃しかなく、昼も11℃しか上がりませんでした。

たくさん着込んで、ボランティア農家さんへ向かいました。
農家の畑

4週続けての里芋皮むきではありませんでした。
もしそうだったら、この寒い中で震えながらの作業でした(笑)

3個の除草鎌とバケツが用意されてました。
これを見たら、すぐ分かります。
草むしりです。

玉ねぎ畑の除草作業です。
畝幅80cm、長さ30mほどの畝が21列に並んだ畑に玉ねぎが植えられてました。

通路と植穴から出てきた雑草を引き抜きます。
いつものように小さな草しか生えてません。

私は厚着をしてたのでそれほど寒くはなかったのですが、他のボランティアの方は
寒い!と連発してました(笑)

黄玉ねぎにはマルチをしてるのですが、なぜか赤玉ねぎにはマルチをしてないのです。
見分けがつくようにしてるのかな。。。
直播きで1ヶ所2本発芽させた4条植えの畝が整然と並んでました。

2本立てに間引いた後でしたが、1本のところもありました。
聞いてみると、保険で育苗もやってるがまだ生育が遅いそうです。
ここの農家さんはひと穴に2個植えなんですよ。

2時間で3人での草むしりは完了しました。
休憩をはさんで、次は来年に種芋で使う里芋の保存作業です。

60センチほど掘られた穴に、掘ったばかりの里芋を埋めていきます。
里芋の茎を地ぎわで切り落とし、ご主人が機械で掘り起こして、一輪車で20m先へ
運びます。
これが大変な作業で、踏み固まってない畑を一輪車で運ぶのは重労働なんです(笑)
一輪車に10キロ超えの株が土の付いたまま7株も載せていたら・・・、
それを見たご主人が「そんなにたくさん積んだら重いよ!」
1株だけおろしました(笑)

親芋・子芋は切り離さず、茎の部分を下にして積み重ねた状態で土に埋めるのですが、
1/3くらい積み上げたら時間となりました。
後は明日のボランティアさんの仕事ですね。

寒いはずなのに、汗ばんできました・・・。


<休憩時の話題>

おやつに黄色いサツマイモが出されました。
美味しいよと言われてもらった苗を少し植えてみたようです。
品種は「鳴門金時」だそうです。
紅あずまのようなホクホクした甘さはないですが、さらりと上品な甘さのサツマイモ
でした。2本もいただきました。
私は皮のまま食べてたのですが、皮むいて食べてる人もいました。
みなさんも皮むいて食べますか・・・???

カメムシの話が出てきて、今年は少なかったとか・・・、
話によると、スギ花粉が多い年は大量に発生するらしいです。
毎年、花粉症で眼科に駆け込むのですが、たしかに軽かったような気がします。


<お土産>

IMG_2211_convert_20161110144143.jpg
人参が入ってました。
学校給食の食材で人参を持って行くのだと話してました。

人参は北海道の災害の影響で不作ですね。
先日のニュースで野菜が高騰してるため、学校給食なし日を作るとか言ってましたが
それは生徒たち可哀想ですよね。後日取り消されましたが・・・。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

品評会に出品された野菜の見学

2016/11/07(月)
今年も農業祭の季節になりました。
昨日、野菜の品評会の展示会があり見学に行ってきました。

会場には宝船が飾ってありました
IMG_2197_convert_20161107140401.jpg
宝船に乗せた野菜の宝分けには、毎年長蛇の列ができるほどだそうです。


農家さんから出品された野菜が一堂に展示され、特にできのいい野菜には
優秀賞、優良賞、努力賞などの名札が付けられてました。

私が通ってるボランティア農家さんからも出品され、たくさんの賞を取ってました。
先ずはそれを何点か紹介します。

枝豆
IMG_2145_convert_20161107140147.jpg
先週のお土産でいただいた枝豆でした。
優良賞をとったようです。

品種はおつな姫でした。
甘みがあってすごく美味しかったです。

たしかに出品はこの農家さんだけでした、これが量産されて売れるようになったら
すごいことです。

人参
IMG_2150_convert_20161107140241.jpg
地区の農業委員会連合会長賞も取ったようです。
やっぱり立派な人参だ!
播種した時期は私の畑より遅かったはずですが・・・。

大根
IMG_2152_convert_20161107140249.jpg
真っすぐで綺麗なダイコンです。

1本150円の値札が付いてました。
展示が終わってから販売するようです。
1時間前だというのに、もうすでに並んでました。

長ネギ
IMG_2148_convert_20161107140231.jpg
どうやったらこんなに長く真っ直ぐにできるのだろうか。。。


他に会場で目に付いた野菜を紹介します。

八つ頭があったよ!!!
IMG_2143_convert_20161107140128.jpg
実物をじっくり見たのは初めて(笑)
これも群馬の相棒との情報交換によるところが大きいですね。

孫芋もありましたが、「八つ子」と言って里芋より小さ目なんですね。
この八つ子がとにかく美味しいようですよ。

芋がら(ズイキ)
IMG_2172_convert_20161107140340.jpg
これって、皮むいてないかな・・・。
簡単にむけるものですか

芋がら(ズイキ)のレシピ
IMG_2203_convert_20161107140441.jpg
レシピが置いてあったので撮りました
4人分だそうです。

京芋
IMG_2170_convert_20161107140329.jpg
これも里芋の仲間ですね。
まるで竹の子かと思いました(笑)

里芋のまんま
IMG_2154_convert_20161107140258.jpg
まだ解体する前の状態です。
土の中で、こんな感じで育ってるのですよ。

ずら~と里芋
IMG_2168_convert_20161107140318.jpg
皮むきした里芋が農家さん毎に並んでました。
賞を取ったのを見ると、大きければ良いというもんではないようです。

ハヤトウリ
IMG_2144_convert_20161107140139.jpg
群馬の相棒からもらったのは青いハヤトウリだったが、白もあるんだ。。。
味は同じかな・・・???
作ってみる・・・、
イヤイヤ、そんな広い畑はないから止めておきます(笑)


東京都知事賞を取った野菜です!
IMG_2157_convert_20161107140308.jpg
形が良いんでしょうね。
小池知事ガンバレ! 関係ないか(笑)


歴史行列
IMG_2194_convert_20161107140350.jpg
そこのおばちゃん、行列の中に入ってはいけませんよ!
市のお祭りが同時に開催されてました。

長野県のおやきと野沢菜を買って帰りました
IMG_2200_convert_20161107140410.jpg
長野県人会の方が多いのでしょうか、毎年お店を出してます。
やっぱり本場のものは美味しいですね。

それと忘れずに、家内へのプレゼント
IMG_2202_convert_20161107140430.jpg
園芸農家さんが売ってる鉢花も買って帰りました。
たまにはゴマ擦っておかないとね・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
≪PREVNEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で6年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます