枝豆の定植(援農ボランティア)

2018/05/17(木)
今日は曇り空なんですが、湿度が高く気温が28℃もあり蒸し暑かった一日です。

雨で2週続けて中止になった援農ボランティアですが、やっと3週間ぶりに行ってきました。
援農ボランティア1


作業は遠くの畑といいうことで、また自転車で向かいました。

途中、畑のようすを見ながら・・・。
枝豆がすごく大きく育ってました。

トウモロコシはシフト栽培しており、第4弾くらいまで進んでいるみたいです。
発芽したばかりの畝もありました。
私が休んでる間に、植え付け作業はもう終わりに近いようでした。

畑に着くと、ご主人が30mほどの畝のマルチに、植穴を開けてました。
そばに枝豆の苗が置いてあるので、今日は枝豆の定植だと分かりました。

もうないと思っていた植え付け作業が残っていました・・・(笑)


3条植で、20センチの間隔で植え付けていきます。
ボランティアが3名から2名になり、ご主人も一緒に作業しました。

さすがにご主人は早い!
私の倍のスピードで植え付けていきます。

しゃがみぱなしだと、腰にきます!
立ち上がってはしゃがみの繰り返し、ご主人は腰痛と無縁なのでしょうね・・・。

途中、休憩をはさんで再び遠くの畑で枝豆の定植
半端な数ではありません、延々と3時間半の作業でした。

結局、7畝あるのですが、6畝とチョットで終わりです。


<休憩時の話題>

自転車で移動中に玉ネギ畑を見ると、私の畑の玉ネギとそう変わらないほどの小さな玉ネギ
を見ました。
ご主人に、「玉ネギはまだ大きくなりますか」などと聞いてみた。
すると「いや、もう見込みないね。 やはり冬の寒さが半端じゃなかったからね・・・」

農家さんの播種から定植の時期を真似してみた私の玉ネギですが、育たなかったのは腕ではなく、
気候のせいだと分かって安堵しました(笑)

毎年、同じように栽培しても、気候によって収穫が大きく変動するので、農家さんにとっては、
苦労が絶えないようです。

今は季節外れの夏日が続いて、野菜の育ちが早過ぎるという悩みもあるようです。
早過ぎると、肝心な時期にはもう品切れ状態になるので、これも困ったものです・・・。


<お土産>
IMG_20180517_124223_convert_20180517143529.jpg
ズッキーニは初物のようです。
畑を見てきましたが、大きな黄色の花と実がゴロゴロ生ってました。

みずみずしいレタス、持ってみると重いのです。
スーパで安売りしてるのとはチョット違うようですよ(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

今年最初の草取り(援農ボランティア)

2018/04/26(木)
寒くもなく暑くもない快晴の一日でした。
先週はお休みを取ったので、2週間ぶりの援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1

ハウス栽培のトマトにトンネルで掛けてあった、緩衝材(プチプチ)を取り外す作業から
始まりました。
トマトはすでに実が生っており、マルチの上にゴロゴロ状態でした。
20mもありそうな長いシートを、ハウス2か所で6枚を取り外して丸めました。

そのあとはトマトの脇芽欠きかと思ったら、草取りでした・・・(笑)
アスパラ畑へ移動して、まだ小さな草を引き抜きます。
昨日の雨で、簡単に根っこごと引き抜けました。

植えたばかりの畝の隣りに、去年植えたアスパラが地中から何本か出てきてました。
1年目で収穫できるとは「大苗」を植えたようです。

次にブルーベリー畑へ移動して、またここでも草取りです。
まだ生えたばかりの小さな草なのです。
ご主人がこの草は鎌で上部を削いでやるだけで良いですよと、やって見せてくれた。
種が付いてる草は手で引き抜いてくださいとのことです。

すでに種が付いてる大きな草は畑の外へ持ち出すわけです。
1年前にも聞いてるはずですが・・・。
よい復習になります(笑)


<休憩時の話題>

私の畑で酸度を測ったら6.8だったが、ナスはもっと低い値が良いのでしょうかと聞いてみた。
「大丈夫ですよ、欲を言えば6.6位がいいのですが、問題ないです!」とのことでした。
毎年ナス栽培で賞を取ってる農家さんのお墨付を頂きました(笑)

酸性土壌を改良するために石灰を撒きますが、その反対に酸度を上げるにはどうしたらいいの
かも聞いてみました。
「化成肥料を入れると良いですよ・・・」
私は有機栽培なので、話しは「そうですか・・・」で終わりました(笑)

それと気づいたのですが、1年前に石灰を入れた時は6.0だった。
それが1年後に6.8だということは、酸度が上がらずに下がっている・・・???
石灰は入れる必要はないのだが、有機栽培は酸性土にならないのかも。。。
化成肥料を入れたら、石灰は必要ということなのかな。。。
なんかよく分かりませんが、むやみやたらに石灰を撒くのは危険のようです。

私の畑で里芋を植えたいのですが、玉ネギを植え過ぎて場所がないのですが、
いつ頃までに植えると良いかと聞いてみたら、「5月連休あと」のようです。
それまでに玉ネギは小さ過ぎて空きそうもないのです・・・(笑)


<お土産>

IMG_20180426_125919_convert_20180426151631.jpg

ほうれん草。小松菜、ブロッコリ-、ネギが入ってました。

もうウドは終わったようです。

私が休んでる間に、枝豆、トウモロコシの植え付けが済んでるようです。
来週はゴールデンウィークの真っ最中、援農は休みではないようです(確か去年は休み)。
農家さんは、植え付けやらで休んでる暇なんてないのでしょうね・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

2回目の落ち葉堆肥の切り返し(援農ボランティア)

2018/04/12(木)
今日は朝から気温が高く、午後には25℃いくのじゃないかと言われてました。
援農ボランティアの日なのでいつもより5分早く家を出ました。

援農ボランティア1


到着すると、すでに先輩ボランティアが作業にかかってました。
3人でやってた時はいつも最後だった人が、なぜか最近は早い出勤なのです。

落ち葉堆肥の切り返しが全部終わってなかったようです。
他の曜日のボランティアが少しやったようですが、まだ半分は残ってました。

今日は暑くなるし、これゃ~ 大変だ!

前回の続きなので、要領は心得てます。
大人二人で7時間かけても終わりません、どれだけの堆肥なのか想像つきますよね。

落ち葉堆肥にはミミズは見かけません、そのかわりカブトムシの幼虫がいっぱいいます!
でっかな虫なのですぐに分かります。
見つけたら堆肥の中に戻してあげます。
おかみさんが言ってたが「夏になると家の中に飛んで来る・・・」
今年も飛んでいくのかな・・・(笑)

雨が降らないので落ち葉がからっから、フォークで投げ飛ばしても風で舞い戻ってくるし、
せっかく積み上げたのが崩れ落ちてくるわで、悪戦苦闘!!!
結局、全部終わらずにあと1時間程度の作業分を残し、今日の作業は終わりとなりました。

他の曜日のボランティアが片付けてくれることを祈ります・・・(笑)


<休憩時の話題>

府中のくらやみ祭りは5月連休中にあるのですが、
ご主人は若い頃に神輿担ぎで祭りに参加したそうです。
むかしは名前の通り一昼夜「くらやみ」の中でやったそうで、ケンカが絶えなかったようです。
今はおとなしくなったそうです。
一度は見てみたいと思いながら、まだ一度も行ってません。

お孫さんの高校3年になったお嬢さんが学校がお休みで、一緒に休憩されました。
来週は沖縄へ修学旅行だそうで、心ワクワクのようでした。
私の時は北海道発で京都、東京方面でしたが、寝台列車の旅でしたが、今は飛行機が当たり
まえですね。飛行機初めてだと言うので、最初は不安だけど、大丈夫だよと勇気づけてあげ
ました(笑)


<お土産>

東京ウド
IMG_20180412_133328_convert_20180412144836.jpg
まだまだ収穫が続いております。


絹さや
IMG_20180412_133646_convert_20180412144847.jpg

早い!!!
もう収穫してるのですね。。。

農家さんはいち早く出荷しなくてはいけないので、このスピードにはついていけません。
うちのはまだ花が咲いたところです・・・(笑)

今日の作業は暑かった!
午後3時頃には気温25℃になってました。
2回目の夏日です。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

落ち葉堆肥の切り返し(援農ボランティア)

2018/04/05(木)
昨日の夏日が嘘のように今日の気温は平年に戻りました。
雨の降らない日が連続してます。

今日は援農ボランティアなので、いつものように自転車で向かいました。
援農ボランティア1


10年先輩のボランティアが先に来て作業の指示を受けてました。

そうだ、今日から一人抜けて二人になるのだ!
その初仕事が落ち葉堆肥の切り返しでした。

3m近く積み上げた大量の落ち葉は、今は2m位に沈んでました。
これの場所を手前に移動させながら、再び積み上げていきます。
ひとり減って二人作業となり、こりゃあ大変だ!!!

今日は気温も低くて良かったわ・・・(笑)

堆肥を作るには切り返し作業が大事だと学校で教わったが、もう一度復習しました。
「落ち葉の中の微生物によって堆肥は作られる!」
落ち葉を餌にして微生物は増殖していき、分解熱を発生します。
この熱により発酵が活発になって完熟堆肥となります。

微生物が活動しやすい環境を作ってあげる必要があります。
それは水分(雨)と、酸素なのです。

水分は雨にまかせておけば良いのですが、
微生物は生き物なので酸素が必要なのです。

積み上げられた落ち葉は奥深くまで酸素がいきわたってません。
そこで、人間の手で切り返しをすることによって十分な酸素を送り込んで上げるわけです。

年末に運んできた落ち葉は、まだまだ未熟です。
3時間半にわたって酸素を十分送り込みました。

でも、この作業またあるのかな・・・(笑)
気温は低いのに汗をかきました。


<休憩時の話題>

最近は雨が降らないので、植付け直後は忙しいようです。
私も毎日のように自分の畑へ水やりに行ってます。

ご主人曰く「発芽するまでは水やりは欠かせないね・・・」とのことですが、
今日は帰ってから、畑は行けそうもありません。
くたびれました・・・(笑)

話題も世間話で終わりました。
先輩ボランティアが「曜日は直ぐに出るのだが、日にちは出てこない・・・」
これはみなさん一緒のようで、日にちはあまり気にしてないようです。
外出先で日付けを記入しなければならないことがたまにあります。
たいてい、今日は何日と聞きます(笑)

桜もあっと言う間に散ってしまい、これからは夏野菜の準備で忙しくなってきます!


<お土産>

IMG_20180405_124131_convert_20180405144211.jpg
タケノコ掘ったからと頂いてきました。
筍ご飯が食べられる!

ウドも今日のは太い!

若奥さんが切り花を持たせてくれました。

春だ! 春だ! 春が来た♪

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

堆肥運びはきつかった!(援農ボランティア)

2018/03/29(木)
今日は昨日よりも気温が上がるとのことで、薄着で援農農家さんへ向かいました。
朝から気温が高目でした。

援農ボランティア1

着くと、先に来ていた先輩ボランティアがハウスの中で、トマト苗をバケツに入れて水に
浸してました。

先輩曰く「これは私の仕事、他の方は堆肥運びだそうですよ」
イヤ~ 先に来ておればよかった・・・(笑)


他の先輩と二人で、80m先の畑へ堆肥運びです。
2年ほど前の落ち葉堆肥は真っ黒に完熟してました。

一輪車に積んで運ぶのですが、最初のうちは元気があるのですが、30往復くらいすると
堆肥がやけに重く感じます。

畑はトラクターが入り耕されているので、一輪車を押す力が半端じゃないのです。
勢いつけて畑に入ると、つんのめってしまい見事にコケてしまいました。
一輪車から堆肥が頭の上にこぼれ落ちるのでした。
帽子かぶっていたので良かったのですが。。。
さらに馬糞堆肥でなくて良かった・・・(笑)

落ち葉堆肥がなくなって、途中から馬糞堆肥に変ったのです。
ミミズがいっぱいいました。

休憩はさんで、トマトの定植をやっていた先輩が終わったみたいで合流となり、仕事は
一気に進みました。

この先輩は今日がボランティア最後の日なのです。
体格のいい先輩で体力があり、いつも仕事が早くとても頼りになる先輩でした。
来週からはかなりの戦力ダウンだ~ (笑)


<休憩時の話題>

気温も上がって来たので、もうトウモロコシの種まきしても大丈夫かと聞いてみました。
ご主人曰く「もう大丈夫だね、但し直播きすると鳥にいたずらされるから、育苗してから
定植するのが良いよ」とのこと。

ところでもう霜の心配はないかと聞くと・・・、
「もうないだろうと思うが、あったら運が悪かったと思うしかないね・・・」

お茶うけに生八つ橋が出た!
ご夫婦で京都へ遊びに行ってきたそうです。
農家さんは年中忙しそうですが、夏野菜の定植前がゆっくりできる時期なのでしょうね。


<お土産>

IMG_20180329_134627_convert_20180329145220.jpg
のらぼう菜が入ってました。
ここの農家さんから苗を頂いた、わたしの畑ののらぼう菜も食べ切れないほど採れてます。
毎日いただいてますよ!

人参はこれが最後のようです。
3週間前に播種したのが、二番手の人参のようです。

ウド栽培も順調のようです。
今晩は酢味噌和えでいただくことにします。
今日は張り切り過ぎたので、飲み過ぎてしまいそう・・・(笑)


<追記>

帰りがけ、公園で園児たちがお花見してました
IMG_20180328_112643_convert_20180329145210.jpg

もう散りはじめてます。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
≪PREVNEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます