3時間半の草むしり(援農ボランティア)

2017/09/21(木)
天気も良く湿度が低いので爽やかな朝を迎えました。
今日は援農ボランティア、こんな天気の日は気分よく農家さんへ向かうことができます。
自転車でルンルン気分ですね(笑)

多分、今日は玉ネギの播種ではないかなと・・・。
農家の畑

大外れ!!!
朝から草むしりでした。

ニンジンの葉っぱを大きくしたような・・・???
「何これっ!」
「アスパラみたいだよ・・・」
黒マルチをした細長い畝に、1条植えでⅠ穴に2m近く伸びた枝が10本近く伸びてました。
アスパラ栽培はやったことないので、畑を見るのは初めてでした。

この畑の草取りなんですが、草と言ってもまだ2~3センチの生えて間もない草です。
アスパラのトンネルをくぐりながらの作業でした。

次はブルーベリー畑の草むしりです
ここもさらに小さな草が一面に生えてました。
草取りというか、草をむしり取るような感じなので「草むしり」が妥当ですね(笑)

ボランティア3人でやったのですが、全然先に進みません!
「これって、今日中には終わらないね・・・」

小さな草は意外に時間がかかります。
バケツと2点セットの草取り用具に小さな草取り鎌が付いてます。
これで小さな草をかき取ります。

休憩はさんで3時間半もやったので、右腕がマヒしてきました(笑)
腱鞘炎にならなければいいのだが・・・。

畑から上がった時には薄っすら汗ばんで、気温が29℃まで上がってました。
冷たい麦茶を一気飲み、見上げた空には雲ひとつない青空でした
真っ青な空は久し振りのような気がしました。


<休憩時の話題>

ご主人が玉ねぎの播種はお彼岸頃と言っていたので、玉ねぎの播種は終わったのか聞いて
みました。「やらなきゃいけないけどまだなんで、25日までにはやろうと思ってるよ・・・」
次のボランティアの日が来る前に終わってしまうようです。

農家さんで実習してから、自分の畑で種まきしようかと思ってました、残念!(笑)

今日草取りしたアスパラ畑は見るのが初めてなので聞いてみました・・・、
今年の春先に植えたとのこと、収穫できるようになるのは3年後だそうだ
気の長いはなしだが、後継ぎの若い息子さんの希望なのかな・・・。

なぜか戦後間もない頃の食糧難の話に飛んで、食べるものに困った時には、汽車に乗って
この辺の農家まで着物と物々交換に来ていたそうだ。
かなりむかしの話、私はまだ生まれてなかったが、ご主人は4歳くらいだったそうだ。


<お土産>

IMG_20170921_132748_convert_20170921145259.jpg
大きなサツマイモ、秋ですね~

冬瓜が入ってました
むかし、甘いウリと間違って生で食べたことがあります(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

堆肥運びは腰にきた!!!(援農ボランティア)

2017/09/14(木)
今日もカラッとした秋晴れです。
昼間は31℃にも上がってました。

援農ボランティアの日なのでいつも見てる朝ドラは録画予約して、農家さんへ向かいました。
農家の畑

堆肥置き場の近くに一輪車とフォークが用意されてました。
ボランティア作業の中で一番過酷な作業なんです・・・。

堆肥置き場から150メートルくらいの畑へ一輪車で堆肥を運ぶ作業です。
秋に積み上げた落ち葉堆肥ではないです。
競馬場から運んだワラにおが屑を混ぜた堆肥だそうです。

一輪車に載せた堆肥が重いこと!
ほとんどが土に還ってたので、重いこと重いこと・・・(笑)

150メートルの距離を25往復しました。
7.5キロも歩いたことになる(驚)

腐葉土堆肥よりも重いので、むかし腰を痛めた古傷がだんだん痛くなってきました。

一輪車って結構腰を使うのです。
重いので左右にぶられるからです(笑)


休憩をはさんで、今度は運んだ堆肥を畑全面に散らす作業でした。
運んだ堆肥が少なかったようで、再び堆肥運びなんですが・・・、
私は散らす方を選びました(笑)

気温も高くなり、汗びっしょりです
途中、いただいた冷たい麦茶が最高に美味しかったです。

今日の作業は久し振りの重労働でした。
今晩のビールは旨いぞ!


<休憩時の話題>

堆肥を運んだ畑には何を植えるのか聞いてみました
ご主人が「あそこは玉ねぎだね・・・」
直播きだそうです。
欠損用に少しばかり育苗もやるそうです。

前回に聞いた話では、種まきはお彼岸と言ってたので、来週の作業は玉ネギの播種かな。。。
自分の畑でも玉ねぎの育苗始めるので準備しなくては。。。

先週のブロッコリー畑の草取りで、ジャガイモがたくさん芽を出していたと話したところ、
春ジャガの小さいイモはだいぶ畑に残したようだとのことでした。
引き抜いたら切り込んだ種芋がほとんどだった、種芋も2期にわたって芽を出すなんて
ことがあるのですか・・・、変な質問をしてしまった。

イモが切れていたのは、トラクターが入って耕耘したからでしょう。。。
そうかイモが切れちゃったのですね、種芋が春秋と2回も発芽するのかなんて
バカな質問してしまいました(笑)


<お土産>

IMG_20170914_132700_BURST008_convert_20170914142355.jpg

オクラが畑で人の背丈以上に伸びて、黄色のきれいな花をいっぱい咲かせてました
この写真以外にジャガイモも沢山いただいてきました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

あちこちの畑を草むしり(援農ボランティア)

2017/09/07(木)
朝から厚い雲、怪しい天気なんですが予報は午前中はなんとかもって午後から雨でした。
今日は援農ボランティアなので農家さんへ自転車で向かいました。
農家の畑

作業は最初から草取りでした。

先ずはニンジン畑から、
たしか何週間前にニンジン畑はやったはず・・・、
ここは第二弾目の畑でした。

本葉が出てきたら1回目の草取りですね。
それまでは草とニンジンの区別がつきませんから・・・(笑)

それにしてもこの筋蒔きはプロのわざだと、感心しながらの草むしりでした。


次はネギ畑
畝間が1メータほどもあるので、歩くのはいいのですが、小さな草がたくさん生えてます。

所どころにサトイモが生えてきてます。
ここの前作はサトイモだったのです。
かまわず取ってとのことでした。
別の野菜が生えてたら、それは雑草と同じ扱いなのです。
混植なんて考えられないでしょうね・・・(笑)

ここの畑の横は市が管理してるテニスコートがあるのです。
今日も同年代のおじちゃんおばちゃんが元気にテニスをやってました。

畑に飛んできたテニスボールを拾いながら、自分もテニスができたらなァ~と思ったり
しました(笑)


休憩をはさんで遠くの畑へ移動・・・、

ブロッコリ-畑
すでに定植したブロッコリ-が大きくなってました。

ジャガイモの芽があちこちから出てきてます
前作が春ジャガだった畑ですね。
引き抜いたら1/3にカットした種芋でした。
種芋は収穫しないので畑に残ったのでしょう。
それにしても種芋って元気あるのですね!!!

そうこうしてるうちに雨がポツリポツリと
「この雨は止みそうもないね・・・」
「まだ30分前だけど、引き揚げましょうか。。。」
というわけで、遠い畑から引き揚げてきて今日の作業は終わりとなりました。


<休憩時の話題>

ニンジン畑の草取りをしながら、やけに等間隔に筋蒔きしてるなと気が付きました。
「種まきは手でやってるのですか」と聞いてみました。
「機械でやってるよ」とのことでした。

詳しく聞いてみると、種を1粒づつ落とす機械があるのだそうです。
野菜によって種の大きさが違うが、穴の大きさが違うベルトがあり、それを取りかえる
ことで色んな種を蒔けるそうです。
実物は見てませんが、想像してみてください(笑)

9月に入ってもカラッと秋晴れの日がなく、まだ日照不足が続いてます。
天候不順は農家さんにとって死活問題なので、1日も早く青空が見たいですね
まだ台風の直撃がないだけいいとのことです。


<お土産>
IMG_20170907_115712_convert_20170907140931.jpg
何弾目かのキュウリが採れだしたようです

ご主人がのらぼうの余り苗があるから、持って帰ってもいいよ~・・・、
IMG_20170907_115908_convert_20170907140941.jpg
6本もらってきました
自分の畑には既に播種が済んでますが、空いてるとこに植え付けようと思います
これで春の早い時期にのらぼう菜がいただける!(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

トマト畑の片づけ(援農ボランティア)

2017/08/24(木)
夏の甲子園は埼玉県の花咲徳栄高校が初優勝を飾りました。
準決勝で西東京の東海大菅生を破った強力打線でしたね。
初の埼玉県勢の勝利、おめでとうございます。

さて、今日は援農ボランティアで農作業です。
気温が上がって残暑の中で作業になるようで、覚悟して農家さんへ向かいました。
農家の畑

畑へ着くと先に来ていた先輩ボランティアが、つるありインゲンの撤去に掛かってました。
今日はこの作業なんだ・・・、良かった!

アーチ状に組み立てられた支柱に、ほとんど枯れたインゲンが張り付いてました。
先ずは支柱を固定してるマイラ線を取り除き、インゲンの残渣を引きづりおろして適当な
大きさでまとめてマルチの上にのせておきます。

意外に簡単であっと言う間に片づきました

次はトマト畑の片づけのようですが、
トマトは支柱が外されて、残渣はまとめられてました。
イヤ~な予感が(笑)

そうです、重たい支柱運びです。
今日のボランティアは二人、きつい労働になりました。

25本毎に束ねられた長く太い支柱が、畑を一望すると30束はありそうです。
30m先へ手で持って運ぶのです、
肩に担ぐと、重すぎてフ~ラフラ・・・(笑)
両手で抱えて運びました。

畑の外から、親子連れのお母さんが「これは何ですか・・・」
エッ? 見るのは初めてだ、背丈の高い茎の上の方に小さな可憐な花が咲いてます。
農家さんだと思われて聞いてくるのですよ。
後からおかみさんに聞いて、ゴマだと分かりました。

休憩はさんで、今度はナス畑の草取りでした
11時を回って、気温もどんどん上昇してます。

ナスの株は大きくなってトンネル状になっているため、その中に入れば日陰になります。
蚊が多いとかで蚊取り線香を腰に巻き付けての作業でした。
このスタイルは初めてですが、蚊に刺されませんで効果大ですね。


<休憩時の話題>

まっ赤なスイカを出していただきました。
今年最後の収穫だそうで、ありがたくいただきました。
今年の夏も最後かと思いきや、昨日から猛暑日です(笑)

ナス畑の草取りで、大きなナスがごろごろ生っているのを見て驚きました。
家庭菜園ではこんなナスは絶対無理だわ~(笑)

品種はなにかと尋ねると、「とげなし千両ナス」だそうです。
千両ナスは自分も作ってるが、こんな大きなナスにはならないのだが・・・。

私の畑でナスが割れて全滅状態だと話したら・・・、
やはりトマトと同じで、雨が原因のようです。
今年の夏は、雨にやられてしまいました。


<お土産>

IMG_20170824_125739_convert_20170824145700.jpg
サツマイモが入ってました
もう秋なんですね

葉生姜と甘唐辛子、ビールのつまみですね

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

キュウリの撤去作業(援農ボランティア)

2017/08/17(木)
朝起きたら雨は降ってませんでしたが、地面は濡れてました。
日中は曇り空でしたが、雨降りが連続17日に更新されました。
ありがたくはないですが・・・(笑)

今日のボランティア作業は何かなと考えながら農家さんへ向かいました。
農家の畑

キュウリ畑の撤去作業でした
1週間前に最後の朝採りをやってから、根っこを引き抜いておきました。

違う曜日のボランティアがやってくれるかなと思ってましたが、毎日のように雨なもんで
今日になったようです。

誘引のためにワラで縛ったか所をハサミでパチパチ切っていきます。
途中で気付いたのですが、一番天辺の誘引は麻ひもを使ってました。
その先は摘心ではなく放任なので、丈夫なひもを使ってるようです。

農家仕様なのか支柱が長くて、天辺のひもは背伸びしなければ届きません(笑)
キュウリの残渣はマルチの上に載せておいてとのこと、たぶん乾燥させるのでしょう。

残渣の中にキュウリがあったら退けといてとのこと・・・、
これは後から畑の端に捨てました

3人で2時間かかってやっと残渣は片付き、丸裸になった支柱だけです。
ここで休憩が入りました

一休みしてから、今度は支柱の固定で巻き付けてあるマイラ線を取り外します。
支柱は合掌式に組んであって、横支柱は端の方に1本だけ、あとはこのマイラ線で横方向に
固定していってます。

さて、この後は力作業なのです!

支柱を1本づつ抜いていき、25本づつにひもで束ねます
太くて長い支柱なので、とにかく重いのです(笑)

さらにこれを50m先へ運んでいくのです
腰が抜けるほど重い!!!

3束ほど運んだところで時間です!
ア~ァ 助かった・・・(笑)

まだいっぱい残ってますが、他の曜日のボランティアに任せましょう!
まだ雨降りが続くかも・・・。


<休憩時の話題>

日照不足で夏野菜の生長に影響が出てきたそうです。
雨で喜ぶのは里芋くらいで、他の野菜は収穫が遅れてるようです。

もうそろそろ秋野菜の準備です
夏野菜の遅れに合わせていると大変なことになります、いいところで切り付けて
秋野菜へ移行した方が良いとの、ご主人からのアドバイスがありました。

今年の夏は7月で終わったようです。
天候不順が農家さんにとっては大問題、野菜の値が上がった時にたくさん出荷できれば
ベストなんでしょうが、そうは上手くいかないようです。
また大豊作の年は値が下がってこれまた困るそうです。


<お土産>

IMG_20170817_134419_convert_20170817151519.jpg
立派なナスが採れてるようですね。

私の畑のナスは日照不足か、いつものことなのかあまり良くありません
きっといつものことのようです(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
≪PREVNEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます