fc2ブログ

アブラムシの大量発生について

2015/11/11(水)
昨日の雨はどうにか止んで、薄っすらと日が射す一日でした。

玉ねぎ苗を持って、共同購入した菜園仲間の畑へ行ってきました。
「人の畑はよく見える」ですね、きれいに管理されてます。
畑を見せてもらってから自分の畑へ向かいました。


今年の秋はいまだ経験したことがないほどのアブラー被害に遭いました。
151103_102434_convert_20151103145913[1]

反省を込めて、なぜアブラムシが寄ってくるか調べてみました。


元肥に窒素肥料を大量に入れるとアブラムシがつきやすいといいます。

窒素肥料と言うと米糠。鶏糞、油かすなどに多めに含まれてるそうです。
たしかに今年は鶏糞以外にも米糠を使うようになりました。


市民農園の現在の区画は4月から使用してます。

4月の初めに米糠を全面施肥したり、畝間の通路にも除草効果がある
と聞いて撒いたりしました。

これがいけなかったのか・・・???
私の畑は窒素過多になったようです。

ではなんで窒素過多になるとアブラーが寄ってくるのか・・・。
窒素を野菜に与え過ぎると、葉で合成されるアミノ酸が過多になり、
アブラムシの成虫は大好きなアミノ酸豊富な葉っぱに集まってきて、幼虫
を産み付けるのだそうです。

窒素過多はどうやって見分けるのか・・・、
葉の色が濃くなって、やたらに大きくなって柔らかめの葉や茎になり倒れ
やすくなるんだそうです。

思い当たることがある・・・。
150628_092058_convert_20150628133732[1]
春ジャガがとんでもないほど背丈が大きくなって、倒れないように周囲を
紐で囲ったぐらいでした。

結果的に収穫はマァーマァーだったので、あまり気にもしませんでした(笑)

野菜にもよりますが、芽の先端や中心部はいくらか色の薄い緑になってい
るのが理想のようです。


秋冬野菜はすでに施肥してますので、やり直しは出来ませんが、
これからの栽培には元肥を少なめに入れてみようと思います。

それから土の乾燥が長期続いても、アブラーが寄ってくる原因のひとつの
ようです。 雨の少ない時期には小まめに水遣りは欠かせませんね。


それでは、アブラー被害に遭わないための予防と対策は・・・、

元肥に窒素肥料を過剰に与えない
 →窒素はすべての野菜に必要で、特に葉物類には不可欠、加減が重要です

・太陽光を嫌うのでシルバー色のマルチシートを利用する

・背丈の低い野菜は目の細かい防虫ネットでトンネル掛けする
 →HCで売ってる1mm目のネットでは完全防御できない!

・アブラー成虫の飛来を防ぐため、野菜の周辺に防虫ネットを立てる

・周囲に背の高い植物を植えてアブラーが飛んでこないようにする

・地上部分の過度な乾燥に注意する

・株元付近の不要な枝葉は摘み取って風通しを良くして、日光が良く
 当たるようにする

・土壌中の窒素が多いと葉が必要以上に茂るので、追肥を控える

以上が調べた結果です。

もうじきアブラーもいなくなります。
来年こそは失敗しないようにやってみたいと思います。


<追記>

朝に寄ってきた菜園仲間から野菜を戴いてきました。
151111_135450_convert_20151111141923.jpg
立派なカブですね。

今回はカブの栽培をやらなかったので、すごく新鮮に見えます。
ありがとうございました。
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- ねいみゅ - 2015年11月11日 16:48:05

こんにちは。

いつもながら勉強になります!
窒素過多だと虫がつく!って聞いていましたが、
何故なのかは知りませんでした(^^;
アブラムシの好きなアミノ酸が豊富になるんですね。
なるほど〜〜って読みながら声がでちゃいました(笑)
我が家も畝に米ぬかを入れているので、気をつけないといけないようです。

- だっちゃねえ・さん - 2015年11月11日 17:53:55

先日の学校の講義で農大式簡易土壌診断キット「みどりくん」というのがあり、農家さんなどは土壌検査(窒素・リン酸・カリウムなどの値がわかる)をして作つけする野菜によって肥料の入れ方を調節するそうです。でも高いので家庭菜園向きではないかなと思いました。
先日こぼれ種から出たつぼみ菜にアブラーがびっしりでした。まだいるんだとがっかりです。引っこ抜いて処分しました(泣)

- らうっち - 2015年11月11日 22:03:06

畑のジッチさん こんばんはー♪

アブラー、あのビッシリ付いたのを見るのは嫌ですね。
うちもアブラー被害にあった野菜があります。
近日中に公開しますが・・・・
ジッチさんの調べてくれたことを参考にさせてもらいますね。

- agriotome - 2015年11月11日 23:46:30

こんばんは。

アブラムシ対策大変ですね。
今年の区画は4月からですよね。
去年栽培されていた方がどのように土壌管理されていたかはわかりませんよね。。
難しいですね。

- 畑のジッチ - 2015年11月12日 15:36:07

ねいみゅさん
私も勉強しました(笑)
アミノ酸豊富な葉っぱを作っちゃダメですね。
米糠は良い肥料ですが、ついつい入れ過ぎちゃった
ようです。
元肥は少ないくらいがいいのかも・・・。
あとから追肥すればいいので。


だっちゃねえ・さん
農家さんは生活かかってるので、土壌検査をしっかりやって
からふさわしい肥料を施肥してるのでしょうね。
つぼみ菜がアブラーびっしりでしたか、
私ののらぼう菜はかろうじて健在です。


らうっちさん
最近は葉っぱを裏返すのが恐いです(笑)
アブラーは羽を生やして集団で飛んでますね。
早く飛んでけって・・・!!!


agriotomeさん
市民農園だから区画が変わるのは致し方ないですが、
4月にサァ~やるぞっと、張り切り過ぎて米糠撒いたのが
いけなかったかな・・・。
前の人は偶然知り合いで、米糠使っていたそうです。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で11年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
運動不足の解消のため、バードゴルフを始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (134)
市民農園 (107)
第二菜園 (212)
援農ボランティア (298)
プロのお告げ (10)
畑づくり (79)
畑の被害 (17)
野菜のタネ (10)
野菜の花 (2)
病害虫 (41)
野菜の管理 (19)
スイカ (47)
ジャガイモ (113)
トマト (116)
キュウリ (45)
ナス (58)
トウモロコシ (59)
ピーマン (24)
シシトウ (15)
パブリカ (3)
インゲン (49)
ダイコン (123)
ハクサイ (37)
コマツナ (11)
ブロッコリー (95)
ゴーヤ (1)
ネギ (75)
レタス (7)
メロン (27)
ソラマメ (43)
タマネギ (61)
ノラボウ菜 (63)
オクラ (20)
エダマメ (74)
ホウレン草 (40)
カブ (40)
野沢菜 (4)
キャベツ (4)
エンドウ豆 (91)
落花生 (83)
トウガラシ (1)
チンゲン菜 (3)
エシャレット (4)
宇宙芋 (8)
ラデッシュ (1)
カラシ菜 (3)
紅菜苔 (4)
ミズナ (1)
芽キャベツ (27)
かき菜 (7)
料理 (8)
漬物 (4)
群馬の相棒 (341)
旅行 (21)
茨城の相棒 (165)
ハイキング 登山 (10)
趣味のカメラ撮影 (63)
仲間との交流 (65)
サトイモ (74)
ショウガ (2)
ニンジン (13)
延命草 (1)
畑の管理 (9)
サンチュ (1)
カリフラワー (31)
アスパラ菜 (2)
雑話 (267)
カボチャ (23)
モロヘイヤ (8)
バジル (3)
ヤーコン (7)
ニラ (7)
ツタンカーメン (2)
ツタンカーメン豆 (4)
春菊 (19)
運動スポーツ (66)
ズッキーニ (14)
甘長唐辛子 (3)
お馬のはなし (42)
オカワカメ (1)
紫蘇 (2)
スポーツ観戦 (7)
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます