焼いもの作り方

2015/11/02(月)
深まりゆく秋、今日の気温は10℃までしか上がらず寒い一日でした。
昨夜からの雨はかなり強く降ってましたが、昼には止みました。


さて今日は、おいしい焼いもの作り方をアップします。
寒い時には熱々の焼いもが食べたいですね。

群馬の相棒が今度は「焼いも作り」を伝授してきました。
むかしのことですが、河原バーベキューでやったことがあります。
ホント石焼いものようにホクホクで美味しかったことを思い出しました。

もう晩秋ですが、バーベキューをやりたい方は是非サツマイモを持参
してください(笑)
この時期だと落ち葉焚きでもいいかな・・・。

1.サツマイモを洗う
001_・托シ取エ励≧_convert_20151102152328
掘ってから10日くらい日干ししたサツマイモを洗います

2.新聞を濡らす
002_・抵シ取眠閨槭r豼。繧峨☆_convert_20151102152339
芋の端をカットし、濡らした新聞紙に乗せます(新聞は2枚重ね)

3.新聞で巻く
003_・難シ取眠閨槭〒蟾サ縺柔convert_20151102152349
新聞を絞りピッタリと芋に付けます

4.必要な数だけ巻く
004_・費シ取眠閨槫キサ縺浩convert_20151102152400
かまどに一度に入る量にしてください

5.アルミホイルの準備
005_・包シ弱い繝ォ繝溘・繧、繝ォ縺ョ貅門y_convert_20151102152410
芋のサイズに合わせアルミホイルをカットします

6.アルミホイルで巻く
006_・厄シ弱い繝ォ繝溘・繧、繝ォ縺ァ蟾サ縺柔convert_20151102152420
アルミホイルを巻き、芋にピッタリと張り付けます

7.必要な数だけ巻く
007_・暦シ弱い繝ォ繝溘・繧、繝ォ蟾サ縺浩convert_20151102152430

8.かまどに石を置く
008_・假シ弱°縺セ縺ゥ縺ォ遏ウ繧堤スョ縺柔convert_20151102152440
カマドに石を置きます(石の遠赤外線を期待)

9.薪を燃やす
009_・呻シ手蓑繧堤㏍繧・☆_convert_20151102152452
薪や炭を燃やし、燠を作ります

10.燠の中に投入
010_・托シ撰シ守・縺ョ荳ュ縺ォ謚募・_convert_20151102152500
燠の中に芋を投入します(100℃以下で加熱するのがポイント)

11.芋の位置を変えてみる
011_・托シ托シ惹ス咲スョ縺後∈_convert_20151102152511
芋の向きを変えたり位置を変えたりして、満遍なく加熱します
(デンプンが甘みに変化します)

12.串が通る
012_・托シ抵シ惹クイ縺碁€壹k_convert_20151102152520
約20分位で串が軽く通りました(そろそろイイネ)

13.焼き上がり
013_・托シ難シ守┥縺堺ク翫′繧垣convert_20151102152532
1本開けてみましょう、中の芋は焦げていませんでした

14.皮を剥いて
014_・托シ費シ守坩繧貞翁縺・※_convert_20151102152541
芋の皮が軽く剥けます(いい匂い)

15.パクリ
015_・托シ包シ弱≧縺セ縺Юconvert_20151102152550
旨い!!!
皮ごと食べてもいいですよ(もっと焼き石で保温したらシットリしました)


機会がありましたら是非やってみてください。
味は、相棒が保証します(笑)


畑の方は・・・、

赤玉ねぎを定植したそうです

育苗結果
018_DCIM0028_convert_20151102152621.jpg
一袋の種から20センチ位のを約200本収穫(まだ小さいのが50本位ある)

定植後
016_CIMG8011_convert_20151102152559.jpg
全部で150本だそうです。
マルチしないんだ・・・???

むかしはマルチしていたそうですが、してもしなくても変わらなかった
ので今はやってないそうです。

確かに農家で移植した時に、赤玉ねぎはマルチしてなかった。
なぜか黄玉ねぎはマルチしてた・・・???
黄玉ねぎは今月の10日過ぎだそうですが、苗の育ちが遅れてるのかな・・・。


2日前のホウレン草
017_CIMG8028_convert_20151102152608.jpg
1弾目のホウレン草だそうですが、青々として元気そうだ!

トンネルもしてないようですが・・・、
群馬は大丈夫なんだそうです。

私の畑はトンネルなしでは虫にやられてしまいます。
相棒も無農薬栽培なんですがね・・・???

何が違うの・・・(笑)
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- ねいみゅ - 2015年11月02日 16:55:57

こんにちは。

今日は寒かったですね〜
ホクホク、熱々のサツマイモが美味しそう♪
でも、かまどがありません。。。。
群馬の相棒さんに、今度はかまどがなくても美味しい焼き芋の作り方も聞いてみてください(笑)

ほうれん草をトンネルしなくても栽培できるなんて、うらやましいですね〜
我が家もトンネルなしでは虫が好きなだけ食べつくしてしまいます。。
何が違うのでしょうね?
不思議です(笑

- はなこ - 2015年11月02日 20:14:31

こんばんは。

かまどではないですが、オーブンでたっぷりの水を含ませた新聞紙でくるみ
アルミで巻いて焼いても、美味しいですよ。
最近はテーブルコンロのグリルで焼いてます。受け皿にたっぷり水を入れて
弱火でじっくり。タイマーで楽チンです。

玉ねぎはマルチなしで育ててます。
草取りが大変ですが間隔を好きなように変えれるのでそうしてます。
玉ねぎの育苗が一番難しいですね!


- agriotome - 2015年11月03日 01:07:46

こんばんは。

焼き芋作り方ありがとうございます。
今度農作業の傍らでやってみようかと思います。
畑で食べるのも美味しいでしょうね。。

焼き芋の作り方 - ささげくん - 2015年11月03日 09:09:42

焼き芋、本当に美味しそう。
品種はベニハルカでしょうか。

作り方、参考になります。
濡れた新聞紙がポイントですかね。
草々

- らうっち - 2015年11月03日 13:14:59

畑のジッチさん こんにちはー♪

焼き芋 美味しそうだね~
こうやって焼くのが1番美味いんでしょう♪
なかなか出来なくてトースターやグリルでやっちゃってます。
せめて炭焼きぐらいはしたいな。
虫が出る出ないは、場所によって違うみたい。
温度も関係あるかも・・・
風の通りとかもね。
虫の少ないところは羨ましいですよね(^^;)

- 畑のジッチ - 2015年11月03日 15:41:13

ねいみゅさん
そうですよね、かまどなんてめったにありません(笑)
たまたまはなこさんのコメントに書かれてましたので、引用させてもらいます。
水を含ませた新聞紙でくるみアルミで巻いてまでは同じで、
それをオーブンで焼いても美味しいそうです。
私もやってみようかな。
虫も美味しそうな野菜を選んでるのでしょうかね(笑)


はなこさん
ありがたいコメント、ねいみゅさんの質問に引用させてもらいました。
湿った新聞紙、受け皿の水と”水”がポイントですね。
玉ねぎはマルチ無し派ですか。
そうですね、間隔を自由に変えられますよね。
育苗は難しそうですね。


agriotomeさん
畑で食べる焼いもはホント美味しそうです。
家事にならないように気を付けて
やってみてください。


ささげくんさん
見た感じ、たぶん紅はるかでしょうね。
この作り方は私も知ってましたが、
濡れた新聞紙とアルミで包むところがポイントでしょうね。
とても美味しかったですよ。


らうっちさん
炭焼きなんて自宅のそばでは無理ですよね。
焚き火自体が禁止ですから。
広い市民農園でも被害にあう区画と、あわない区画があります。
場所なんでしょうね。
私の区画は風の通り道なのですよ。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます