畑づくり(肥料を施す No2)

2013/03/21(木)
今日は畑づくりの肥料を施す No2について
4月からの本番に向け、勉強中です。

有機栽培では肥料に鶏糞、油かす、米ぬかなどを使用します。
有機肥料は化学肥料に比べ効きが遅いので、植え付けの2週間前に畑に入れるのが
いいとされてます。
有機肥料

鶏糞
他の有機肥料に比べ、分解されるのが早くて即効性がある。
鶏糞でも特に未発酵の鶏糞は窒素が強いので、与えすぎると肥料やけを起こします。
肥料焼けとは、多量の肥料成分が根の機能を害して、しおれたり、枯れさせたりすること。

 →発酵済みのものを買いましょう、未発酵だと臭いますよ(笑)
  市民農園ではご近所から苦情が出ることもあります。

 →炭化鶏糞という肥料がありますが、酸性を好む野菜には使わないでください。
  臭いは全くしなくていいのですが、酸性を好むジャガイモ栽培で失敗しました(笑)

油かす
効果が長く持続するので元肥に向いている。
発酵したものの方が効きが早い

米ぬか
効果が長く持続するので元肥に向いている。
鶏糞よりはチッソが少なめだが、栄養バランスがいい

ボカシ肥料
米ぬかなどの有機肥料を発酵させた肥料で、効果は長く持続すると
ともに即効性もある。

米ぬか、魚粉、オカラ、牛ふん堆肥などをバケツに混ぜて、水を加えて夏で1週間、冬で
2週間で完成する。ただしあまり保存は利かない。

→私は主に鶏糞を使っております、確かに市民農園で化学肥料(化成肥料(8・8・8))を使っている 
 方の野菜の育ち方と比べると、立ち上がりの発育にかなりの差が出ますね。
 しかしこちらはロングランが得意なので、収穫時期にはばん回してますよ(笑)


肥料(有機)の与え方

与える量は野菜によって異なります。
小さな葉菜は1㎡当たり200~300g
大きな葉菜、果菜、根菜なら1㎡当たり500gが目安

但し例外もあり、スイカ、イチゴなどはこれよりも多め
サツマイモ、エダマメなどはこれよりも少なめ

※肥料をたっぷり与えればよく育つというのは大間違いである! 
控えめに与えるのがコツで、肥料が多過ぎると野菜を弱らせ、病気や害虫被害の原因となる。
 
 →人間でも食べすぎによる肥満は万病のもとといわれますね(笑)

補足
市販の肥料にはチッソ(N)、リン酸(P)、カリウム(K)の含有率が記載されております。
ここを確認して購入してください。 栽培する野菜に必要な栄養素がたりなければ、
その栄養素だけの単肥を混ぜるなどして施します。
化成肥料の8・8・8とは、NPKそれぞれが8%づつ含まれているという意味です。
人気のある優れた肥料のようですが、私は有機栽培なので使っておりません。


関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます