fc2ブログ

3回目のウド芽株の土埋めと、里芋の皮むき(援農ボランティア)

2021/12/02(木)
昨日は暖かく20℃近くまで上がったのですが、きょうは平年並みに戻って12℃でした。
それでも風がないので日が差して暖かでした。

援農なので朝の8時に農家さんへ行きました。

_convert_20200305154423_20200730144426ddf_20211202145408b73.jpg


ウドの芽株を一杯積んだトラックが畑へと移動してました。
きょうも土埋めだ!

畑には薄っすらと霜が降りてました。
昨日の雨で畑は水分含んで、長靴にダンゴ状態で巻き付きます。

きょうで3回目、まだ半分も進んでませんでした。
他のボランティアの時には他の作業やってるようです。

畑にはウドの栽培しているところがあり、霜のせいで葉っぱが枯れ始めてました。
必要なのは株の下の方なので、上は枯れてくれると良いのだと言ってました。
春になると、その下の方を赤城山へ運んで芽株栽培を委託しています。

玉ねぎの生長具合を見てきました。
2本植えなので、種を2粒しか蒔いてませんが、この発芽率の良いことには驚きです!
「この種はHCで売ってるような種ではなくて、発芽率のいい種なんでしょうね・・・。」
ご主人曰く、「ちょっと高い種ですよ」

1列半が終わったところで、今度は里芋の皮むきでした。
日差しで日向ぼっこやりながらの作業です。


<休憩時の話題>

今度はオミクロン株なんてのが流行り出したようです。
感染率が高いようですが、まだ重症化した患者はいないようですね。
3回目のワクチン接種時期が気になります。

年末になって、「紅白歌合戦見ても、最近の歌はさっぱり分からない・・・」とおかみさんが、
橋幸夫が80歳になったら歌手を止めるそうですね。
ご主人が「我々の若い頃は、御三家といって舟木一夫、西郷輝彦なんかもいたね・・・」
若おかみに知りませんよねと聞くと、「高校3年生♪」はよく知ってますよ。
するとおかみさんが、三橋美智也や春日八郎・・・も良かったね。
世代がひとつ上でした(笑)


<お土産>

DSC_0033_convert_20211202145228.jpg

きょうもたくさんの秋野菜を頂きました。
うちのブロッコリーはいつ採れるのかな~~~
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます