FC2ブログ

プロのお告げ No2

2013/02/28(木)
今日は土づくりについて
※私が教わった農家さんはこうしている、と言うことで、これがベストだということではありません。

土づくり

堆肥:長い期間、良い堆肥を入れていくと土壌が豊になり、野菜の生育は驚くほど早くなる。お勧めは完熟腐葉土

  →自分も完熟腐葉土を使っていますが、ミニ菜園なのに結構な量が必要でコスト高になって
   しまうのが痛いですし、せっかく良い土壌にしても市民農園は契約期限で返さなければなら
   ないのがつらい所です。

石灰:酸性を嫌う野菜作りは、石灰をまいて弱アルカリにしなければならないが、まくのは春先に1回だけ、まきすぎると土が固くなる。お勧めはマグネシウム分が含まれている苦土石灰   

  →アルカリが嫌いな野菜もあるので、栽培計画をきちっと立ててからやった方がいいですね

元肥:基本的に発芽までは肥料はいらないので、発芽後に肥料を与えている。元肥を与えるのなら窒素分の少ない肥料がお勧め

  →農家では化成肥料を使っているので元肥はいらないのかも、有機栽培では元肥は必須、
   鶏糞、油かす、米ぬかなどの有機肥料は即効性がないので、早めに元肥として畝に施す
   必要がありますね

畝作り:畝は平らにすることが大事で、長くて細めの支柱を畝の左右において、その上を平らな木を滑らせていくときれいにできる
  
  →平らにすることで水溜りができないので保水が均一になる、マルチがきれいに張れるなどの
   利点があるのでしょうね。マルチ張りって難しいですね(笑)


関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます