FC2ブログ

除草作業(援農ボランティア)

2013/11/21(木)
今朝の寒さは平年並みで、雲一つない青空。
一汗かきにボランティア農家へ向かいました。
収穫

今日はトマト畑の撤収跡と、まだ現役で頑張っているナス畑の草取りです。

こんなに寒くなっても雑草は生えてくるのですね。
夏の時期にもここを除草しましたが、その時の草とは大違いで草丈の低い
冬草のようです。
市民農園ではこの時期の草むしりはほぼ皆無ですが、
農家の畑は年中草むしりです(笑)

トマトを撤収した時の残渣が畝間に残っおり、この下には草は生えてない
のです・・・、黒マルチ代わりですね(笑)

日が照ってきて、ぽかぽか陽気だったのはいいのですが、畑の半分は日陰
の所があり、そこで作業すると急に寒くなり、風邪引くとばかり草取りの
手はスピードアップ(笑)

ナス畑の畝間に生えた草を引き抜くと・・・、指にチクリと痛みが!
茎や葉っぱにも鋭いとげのある雑草?
最初はナスが出てきたのかと思ったのですが、よく見るとナスの葉っぱと
はちょっと違ってました。
後からご主人に聞くと、
ナスの台木から地中をはって出てきた草(?)だそうで、
台木の名前は聞いたことのない横文字の木でした。
長い期間栽培していると、台木の根が張って新芽が出てくるようですよ。
台木自身から出てくる芽は摘み取るのですが、地中から出てくるとは。。。

ナスをまだ収穫しているには驚きましたが、実が割れてたり、原形をなし
てない中で、所どころにきれいなナスが。。。
冬を迎える時期には後作も控えてないので、限界まで収穫するのですね。

草が生い茂ってるところがあり、引き抜いたらなんと、ピーナッツがボロ
ボロ。 ここ掘れワンワン(笑)
去年の掘り残しでしょうか。。。

3人で、20kgの肥料袋が5袋にもなるくらい大量の草をむしりました。


<休憩時の話題>

今日はご主人が不在でしたので、たいしたおもいろい話はないのですが、
ボランティア仲間に先日の山登りの話をすると、興味ある話が聞けました。

Aさんの話: 10年前、山登りのベテランに初めて連れて行ってもらっ
  たのだが、下りでひざが笑って足が動けなくなり大変な思いをした。
  あれ以来、山は嫌いになったそうだ。

Bさんの話: 自分は得意とする山登りだが、初心者を連れて行ったとき
  に、その人が動けなくなって、リックを持ってあげ、ロープで体を縛
  って先導して、やっと降りてきたことがあったが、さんざんであった。

初心者とベテランの本人が、実際に相対する体験した話であった。
私はAさんの立場であるが、無事に下山できたので嫌いにはならないが、
山をなめてかかると恐いことになるようです・・・、気を付けましょう。


お土産
131121_150.jpg
大きな白菜と人参、他たくさんいただきました。
白菜はいただいた苗と同じもの・・・、たしか11月末頃には収穫でき
ると聞いてました。。。 育ちがこうも違うのですね。
第二菜園の5寸人参とは大違いです。
プロと素人の差ですね(笑)
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます