トマトの撤去作業(援農ボランティア)

2013/09/26(木)
今朝も雨かと思ってましたが、起きたら止んでました。
木曜日はボランティアの日です。
収穫

トマト畑の除草
トマトはもう枯れてしまい、上の方でわずかに実が生ってる状態です。
まだ撤収しないのだ・・・と思いながら、草むしりに専念。
透明マルチをしてますが、ほとんど草は生えてませんでした。
また通路にはワラを敷いているので、雑草避けになってるみたいです。
やりながら、この場所は夏の暑い盛りに1人で汗流しながらやった・・・
先輩2人が休んだ時だ、と思い出しました。
バケツ4杯の草を抜き取り、今度は3人でやったので1時間で終わりま
した。

次の作業はなんだろう・・・、
なんとトマトの撤去です。

撤去前に草むしりして、きれいにしてから撤去なんですね(笑)
背が高くないので、支柱の上段に誘引したひもがなかなか切れず苦労
しました。
ひもは麻ヒモなのでズバズバ切って、回収する必要がないので楽ですね。
トマトの茎は木のように堅いです、剪定ばさみで力を入れて3分割し、
通路に束ねておきます。
3人で全体の半分位やりましたか、12時になりました。
支柱はまだ外していないので、この続きをやるボランティアは大変だと
思いながらも畑から上がりました(笑)

<休憩時の話題>
ホウレンソウの種蒔きについて聞いてみました。
・昔のように水に浸けてやるようなことは今はしない、
 それだけ今の種は品質が良くなった
・正月に食べるなら、10月半ばの播種がいい
・去年の年末は気温が急に下がり、野菜の生長に影響した
 今年も寒いとの予報だが、早めに栽培しておくのがいいのかも

一晩水に浸けるのは昔の話と一蹴されてしまいました(笑)
野菜作りの雑誌、ネットの家庭菜園情報・・・・は現状にそぐわない?
ちょっと考えさせられました・・・。

マァーいいっか、1日でも早く発芽すればチョットは効果があったと
いうことにしましょう(笑)

本日のお土産
130926_143030.jpg
サトイモが入ってました。
旬の野菜をいち早くいただけるのは有難いことですね。
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます