FC2ブログ

ムロの土出しとサトイモの皮むき (援農ボランティア)

2019/10/24(木)
昨日の天気とは打って変わって、日差しのない曇り空です。
援農ボランティアで農家さんへ向かいました。

援農ボランティア2


コンテナにサトイモが庭に並べてありました。
皮むきかなと思ったのですが、ご主人が「きょうはムロの土出しを手伝ってもらいます」
もうじき始まるウド栽培の準備です!

ウド栽培のムロから去年の土を出す作業でした。
ムロの中に下りて作業するのはご主人なのです。
直径60cm程のかごの中に土を入れるのがご主人で、それを上から電動で引き上げて
地上に積み上げるのがボランティアの作業です。

5m程の地下で作業するご主人は汗だくで、酸欠に注意してやる作業は素人には危険です。
ムロの中を上から覗いてみると、地下には四方に穴が掘られていて、ウドの芽株を植え付ける
場所になります。

去年の土を全部出してから、後日新たな土を畑から運んできてムロの中へ投入します。
出し終わってからご主人がハシゴで上がってきて、「これから子供らのサツマイモ掘りがあるので、
きょうの土出しは終わりです・・・」

次に、庭に並べてあったサトイモの皮むきでした。
サトイモは私の畑のとは比べものにならないほど大きいです!
売り物にするので、土やヒゲ(根)と薄皮を取り除ききれいにします。

椅子に座っての作業なので、気温が低い時は堪えます。
きょうは曇っていても気温は18℃と寒さは感じません。

休憩はさんで、先輩ボランティアと世間話をしながらもくもくと皮むきでした。
奥さんが海外旅行に行ってるようで、食事を作るのが大変だったようですが、今夜帰ってくるのだと話してました。

帰る時間になると空が暗くなり、今にも降ってきそうな感じでしたが雨に濡れずに帰宅できました。


<休憩時の話題>

ご主人は子供らのサツマイモ掘りに立ち会っているようでした。
若奥さんに聞いてみると、子どもと言うのは市内の保育園児だそうです。
幼い子もいるので注意して見てあげないと危ないですね。。。

お茶うけにおおまさりの茹で落花生を頂きました。
昨晩はうちのも食べたばかりなのですが、やはり大きいので食べこたえがあります。
直売所では落花生も売ってるそうで、茹で落花生の味を知ってるお客さんが
大きな袋を持参して、たくさんくださいと言われるとか・・・。

たくさん茹でて食べ切れない時は冷凍しておくと、いつでも美味しいのが食べられるそうです。
冷蔵庫では3日しか持たないので冷凍がお勧めのようです。


<お土産>

IMG_20191024_141412_convert_20191024152147.jpg
皮むきしたサトイモが入ってました。
この中から大き目のを来年の種芋にします。
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます