FC2ブログ

枝豆の定植(援農ボランティア)

2018/05/17(木)
今日は曇り空なんですが、湿度が高く気温が28℃もあり蒸し暑かった一日です。

雨で2週続けて中止になった援農ボランティアですが、やっと3週間ぶりに行ってきました。
援農ボランティア1


作業は遠くの畑といいうことで、また自転車で向かいました。

途中、畑のようすを見ながら・・・。
枝豆がすごく大きく育ってました。

トウモロコシはシフト栽培しており、第4弾くらいまで進んでいるみたいです。
発芽したばかりの畝もありました。
私が休んでる間に、植え付け作業はもう終わりに近いようでした。

畑に着くと、ご主人が30mほどの畝のマルチに、植穴を開けてました。
そばに枝豆の苗が置いてあるので、今日は枝豆の定植だと分かりました。

もうないと思っていた植え付け作業が残っていました・・・(笑)


3条植で、20センチの間隔で植え付けていきます。
ボランティアが3名から2名になり、ご主人も一緒に作業しました。

さすがにご主人は早い!
私の倍のスピードで植え付けていきます。

しゃがみぱなしだと、腰にきます!
立ち上がってはしゃがみの繰り返し、ご主人は腰痛と無縁なのでしょうね・・・。

途中、休憩をはさんで再び遠くの畑で枝豆の定植
半端な数ではありません、延々と3時間半の作業でした。

結局、7畝あるのですが、6畝とチョットで終わりです。


<休憩時の話題>

自転車で移動中に玉ネギ畑を見ると、私の畑の玉ネギとそう変わらないほどの小さな玉ネギ
を見ました。
ご主人に、「玉ネギはまだ大きくなりますか」などと聞いてみた。
すると「いや、もう見込みないね。 やはり冬の寒さが半端じゃなかったからね・・・」

農家さんの播種から定植の時期を真似してみた私の玉ネギですが、育たなかったのは腕ではなく、
気候のせいだと分かって安堵しました(笑)

毎年、同じように栽培しても、気候によって収穫が大きく変動するので、農家さんにとっては、
苦労が絶えないようです。

今は季節外れの夏日が続いて、野菜の育ちが早過ぎるという悩みもあるようです。
早過ぎると、肝心な時期にはもう品切れ状態になるので、これも困ったものです・・・。


<お土産>
IMG_20180517_124223_convert_20180517143529.jpg
ズッキーニは初物のようです。
畑を見てきましたが、大きな黄色の花と実がゴロゴロ生ってました。

みずみずしいレタス、持ってみると重いのです。
スーパで安売りしてるのとはチョット違うようですよ(笑)
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます