FC2ブログ

落ち葉堆肥の切り返し(援農ボランティア)

2018/04/05(木)
昨日の夏日が嘘のように今日の気温は平年に戻りました。
雨の降らない日が連続してます。

今日は援農ボランティアなので、いつものように自転車で向かいました。
援農ボランティア1


10年先輩のボランティアが先に来て作業の指示を受けてました。

そうだ、今日から一人抜けて二人になるのだ!
その初仕事が落ち葉堆肥の切り返しでした。

3m近く積み上げた大量の落ち葉は、今は2m位に沈んでました。
これの場所を手前に移動させながら、再び積み上げていきます。
ひとり減って二人作業となり、こりゃあ大変だ!!!

今日は気温も低くて良かったわ・・・(笑)

堆肥を作るには切り返し作業が大事だと学校で教わったが、もう一度復習しました。
「落ち葉の中の微生物によって堆肥は作られる!」
落ち葉を餌にして微生物は増殖していき、分解熱を発生します。
この熱により発酵が活発になって完熟堆肥となります。

微生物が活動しやすい環境を作ってあげる必要があります。
それは水分(雨)と、酸素なのです。

水分は雨にまかせておけば良いのですが、
微生物は生き物なので酸素が必要なのです。

積み上げられた落ち葉は奥深くまで酸素がいきわたってません。
そこで、人間の手で切り返しをすることによって十分な酸素を送り込んで上げるわけです。

年末に運んできた落ち葉は、まだまだ未熟です。
3時間半にわたって酸素を十分送り込みました。

でも、この作業またあるのかな・・・(笑)
気温は低いのに汗をかきました。


<休憩時の話題>

最近は雨が降らないので、植付け直後は忙しいようです。
私も毎日のように自分の畑へ水やりに行ってます。

ご主人曰く「発芽するまでは水やりは欠かせないね・・・」とのことですが、
今日は帰ってから、畑は行けそうもありません。
くたびれました・・・(笑)

話題も世間話で終わりました。
先輩ボランティアが「曜日は直ぐに出るのだが、日にちは出てこない・・・」
これはみなさん一緒のようで、日にちはあまり気にしてないようです。
外出先で日付けを記入しなければならないことがたまにあります。
たいてい、今日は何日と聞きます(笑)

桜もあっと言う間に散ってしまい、これからは夏野菜の準備で忙しくなってきます!


<お土産>

IMG_20180405_124131_convert_20180405144211.jpg
タケノコ掘ったからと頂いてきました。
筍ご飯が食べられる!

ウドも今日のは太い!

若奥さんが切り花を持たせてくれました。

春だ! 春だ! 春が来た♪
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます