FC2ブログ

遠くの畑の状況その2(群馬の相棒)

2018/03/22(木)
昨日は雪からまた雨に変わり、積雪はまぬがれましたが、雨は朝方まで降り続いてました。
今日は援農ボランティアがある木曜日なのですが、7時頃には雨が止んだので強行かなと
思っていましたら、ご主人から電話があり「今朝方まで降った雨で、畑に入れる状態では
ないので休んでください・・・」

今月から再開した援農ですが、3回も雨で中止になっているのです。
「木曜日は雨」のジンクスはまだ続いているようです(笑)

最近は私の畑ネタが少なくなって、相棒から畑ネタを提供してもらい助かってます。
よその畑を見るって勉強になりますよね。

今日も群馬の相棒の「遠くの畑」後編です。

キャベツ
CIG_IMG007_convert_20180322125929.jpg
真ん中のはトウ立ち始めてますね。
右側のキャベツはいいんじゃない!


キャベツの収穫
CIG_IMG008_convert_20180322125940.jpg
もう巻かないだろうと収穫したようです。
大きい外葉を剥がすと、まるでレタスのようだとチョットがっかり。。。


かき菜(自生組)
CIG_IMG009_convert_20180322125949.jpg
このかき菜は、この畑で何年も種を落として生えてきた自生のかき菜です。

私が栽培してるのらぼう菜とかき菜は区別がつかないほど似てます。
違いを調べてみました。
両者ともアブラナ科の野菜ですが、のらぼう菜は地中海から西アジアにかけた地域から中国を
経由してきた西洋野菜のようです。

一方かき菜は、日本古来の在来種のアブラナ科野菜、またはその変種と見られております。

のらぼう菜は江戸時代に、東京西多摩 あきる野・五日市周辺で栽培が広まったそうです。
かき菜は北関東の群馬県館林市や栃木県佐野市などで栽培されてる伝統野菜です。

食べ比べてみたことがありますが、味も似ていて違いが分かりません(笑)


かき菜(移植組)
CIG_IMG010_convert_20180322125958.jpg
自生のかき菜を、昨年末に移植したそうです。
そろそろ収穫最盛期に入るみたいです。


ニンジン
CIG_IMG011_convert_20180322130015.jpg
これは秋に播いたニンジンかな。。。
ニンジンは7月に播くものと思っていたが、秋まき、春まき、夏まき、冬以外はいつでも
いいのですね。

イチゴ
CIG_IMG012_convert_20180322130025.jpg
昨年末に移植したイチゴに新芽が出てきたそうです。
実が着き出したら、鳥に食べられないように対策が必要でしょうね。


じゃがいも
CIG_IMG014_convert_20180322130034.jpg
私のミニ菜園より広い!
きたあかりを3列に約80個植えたようです。
土寄せする土もいっぱいあっていいですね~
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます