畑の酸性度を調べてみました

2017/08/22(火)
久しぶりに部屋に朝日が入ってくる一日の始まりでした。
昨日は都心の日照時間が8日ぶりに3時間を超えました。

厳しい残暑の始まりのようです。

畑へ行って、秋作初めの土壌(ph)検査をやってきました。


撤去した後の畝をそれぞれ測ってみました

キュウリ畝の測定
IMG_20170822_092754_convert_20170822115155.jpg
6.8(微酸性)
OK!

ダイコン畝の測定
IMG_20170822_092846_convert_20170822115204.jpg
6.75(微酸性)
OK!

トウモロコシ畝の測定
IMG_20170822_092933_convert_20170822115214.jpg
6.6(微酸性)
弱酸性(6.0)くらいがベストなんですが。。。

つるありインゲン
IMG_20170822_093000_convert_20170822115223.jpg
6.6(微酸性)
OK!

もう終わった畝を調べてどうするのか・・・、
秋冬野菜のレイアウトは決めましたので
問題ないか確認しました(笑)


ホウレン草を栽培する予定ですが、ご存知の通り酸性に最も弱い野菜です。
ホウレン草畝には石灰撒いて6.9~7.0(中性)にしてあげる必要がありますね。

秋野菜のブロッコリー、カブ、ダイコンなどはこのままでいいようです。


春作の初めに酸度計で測ったら、4.8とかなり強い酸性土壌の部分がありビックリ
したもんです。

通常の倍の石灰を散布して弱酸性(6~6.4)にしてから野菜づくりをスタートし
ました。

今回測ったら微酸性(6.5~6.8)になってるということは・・・???
普通、雨が多いと酸性にかたよると思っていたのに・・・、
21日連続の雨が降っても中性にかたよってます。
意外な結果に、石灰は何度も撒くものではないなァ~ と納得しました(笑)

石灰は1年に一度の散布でいいようです、撒きすぎると土が固くなると農家さんから
聞いた話しを思い出しました。

トマトもそろそろ撤収のようです。
市民農園では、秋冬野菜づくりへ徐々にシフトしてきているようです。

遅れをとらないように進めよう!
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- らうっち - 2017年08月22日 15:20:28

畑のジッチさん こんにちはー♪

準備万端ですねー
栽培するものを決めてるってことは、作付も出来てるんですよねー
うちは、行き当たりばったりになりそう…

- まいちゃん - 2017年08月22日 18:37:07

こんばんは🌙😃❗

我が家にも酸度計あるんだけど、最近使ってません(;_;)
初心に戻って、しっかりとした、栽培に心がけます!

- 畑のジッチ - 2017年08月23日 13:29:23

らうっちさん
作付けはこれからですよ~
この辺には何を植えようかと決めてます。
来週辺りから忙しくなりそうです。
暑くなければいいのですが。。。


まいちゃん
酸度計は今年の春から使い始めました。
市民農園の当たった区画が強酸性度だったのには驚きました。
おかげで何とか野菜栽培上手くいってます。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます