3回目の枝豆定植(援農ボランティア)

2017/05/01(月)
今日は午後から雨が降るとの予報でしたが、午前中はボランティア農家さんへ臨時出勤です。
農家の畑

3回目の枝豆定植作業でした。
とにかく大量の枝豆を次々に定植していきます。

収穫時期を少しづつずらすために、定植も何回かに分けて行ってます。
一番最初に定植した畝にはトンネルがかけられており、生長を促進させているようです。
トンネルしてないところ、ベタかけのところと様々なんですが、生長をコントロールして
るのでしょうね。
農家さんにとっては一番売れる時に出荷させなければいけないので、お天気の兼ね合いを
見ながらの判断は長年の経験からなのでしょう。

ご主人の話だと、前回やった枝豆のところが、ハトにほじくり返されたとのこと・・・、
やっぱりハトは豆が大好きのようです(笑)
苗が大きくなれば大丈夫なんだけど、まだ植えたばかりでは危ないとのことです。
私の市民農園ではしっかりトンネルしてるので大丈夫ですね。

今日のボランテァは二人、長さ30mくらいの畝に3条で植え付けていきます。
仕事の早い人と一緒だったもので、のんびりやってられません。

私の倍近い速さで次々に植えていきます。
私はというと、腰にきて何度も背伸びしてました(笑)

聞くところによると腰の痛みは無いそうで、羨ましいかぎりです。
若い時、どんな鍛え方したのでしょうか・・・。

休憩はさんで、今度は遠くの畑で枝豆を植えるとのことで自転車で移動です。
今日植えただけで、7畝は植え付けたでしょう。

ご主人は新たな畝にマルチを敷くと言って、水撒きした後に手でマルチを敷いてました。
その早業に見惚れてました(笑)


<休憩時の話題>

ボランティアの方が自分の菜園でそばを栽培する話しをされたので、
「ソバ打ちの得意な方がおられるのですか」と聞くと、「収穫して持って行くだけ、
あとは名人がいるので、旨い蕎麦を食べたいだけ・・・。

ご主人が、「この地区には昔からそばを栽培している農家はないね、うどんが
主流なんでそばの製粉やってるところはないよ・・・」
石臼で自分でやってみるそうです。
むかしはなにか行事があると農家さんではうどん作ったそうです。

そのうどんなのですが、この辺でうどんの美味しいところはどこという話になり、
東村山あたりがうどん屋が多くて美味しいよとのこと。

東村山から今度は志村けんの話しになり、
まだ生家があるそうで、お兄さんが後を継いでるようです。

というように、とりとめのない話で終わりました。


<お土産>

IMG_20170501_135238_convert_20170501152913.jpg

採りたてのカブがたくさん、絹サヤも袋に詰めてもらいました。

またでっかな里芋が・・・、前回いただいた里芋はミニ菜園で土の中です。
もうそろそろ出てくるかな・・・(笑)

天気予報通り、12時過ぎから雨がポツリポツリと・・・。
雨に濡られずに帰ってこれました。
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- agriotome - 2017年05月02日 08:10:53

おはようございます。

農家の方は、何か疲れないコツを知っていらっしゃるのでしょうか?
中腰は、体にこたえますね〜。
私は、出来るだけしゃがまないようにしていますが......
これが出来るのは草取りだけです。
そういえば、亡くなった父が立ったままで移植できる道具をつかっていました。(使ってみようかなぁ)
ジッチさん、身体、労ってくださいね〜。。


農家さんは、この時期も絶やさず色々出来ていますね。

- 畑のジッチ - 2017年05月02日 13:17:54

agriotomeさん
そう言えば農家のご主人は立ったまま草取りしてました。
長時間なのでどうしてもしゃがんでしまいます。
立ったままで移植できる道具なんてあるのですか、
使うことがあれば、是非見せてください。
忙しい農家さんですが、3~5日は休むようですよ。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます