ナス畑のかたづけ(援農ボランティア)

2016/11/17(木)
日中は晴れて気温が高くても朝晩は冷え込みますね。
そんな天気が今日でした。

援農ボランティアなのできっちり冬服を着こんで農家さんへ向かいました。
農家の畑

今日の作業はちょっと離れたところにある畑だとのこと、
なんだろう・・・、 再び自転車で移動しました。

ナスの撤去作業でした。
今日のボランティアは2名

草丈が3mほどもある大きな株になってます。
合掌式の支柱に、2本仕立てになって誘引されてました。

先ずご主人が見本を見せてくれます。
大きな剪定バサミで、ぶっとい茎というか枝を2か所切断する要領を教えてくれます。
ポイントは2本に分かれたところでカット、さらにその上の中間あたりでカット。

このカット作業が思ったより重労働なのでした。
剪定バサミが重すぎる!(笑)
枝が太くなっているので簡単に切れない!
ご主人から、「ハサミのもち方は逆だわ、切るときは斜めに切って!」
そうそう、太い枝を切るときは斜めに切ると楽なのです、基本を忘れてます(笑)

カット作業ですでに汗ばんできました。
日差しが強く、気温も上がってきたようです。
上着を1枚脱いで続けました。

次は誘引クリップを回収しながらカットした枝を取り外して8株ほどにまとめて
いきます。

1本の支柱に6~7本のクリップが付いてました。
それを1本づつ回収していきます。

そのクリップはワンタッチで外れて便利な器具ですが、
太くなりすぎた茎の部分は外しずらくもありました。
それほど太くなるとは思ってなかったようです(笑)

休憩をはさんで、作業を続けました。
最初、株の根っこまで取るのかと思って引き抜いてみました。
そんな簡単には抜けません・・・、
エエ~ィと思いっ切り、すごい根の張り方で驚きました。
ご主人が「根っこは人の手では無理、機械で掘るからやらなくてもいいよ~」

最後の畝を半分ほど終わったところで、
若奥さんがやってきて「もう上がってください!」

アレ、もう時間。。。
時計を見ると12時半を回ってました。

今日の作業は時間も忘れるほど集中してやったようです(笑)


<休憩時の話題>

先週やった里芋畑を見ると保存は全部終わったようで、種芋は土の中に埋められて
ました。

かなりの数を埋めましたが、全部種芋にするのですかと聞いたら・・・、
「種芋にできるのは1/3くらいで、残りは売り物にするよ・・・」
里芋の種芋(ブランド)はなかなか手に入りずらいそうです。
ここの農家さんでは、8種類もの里芋を絶やすことなく作り続けているそうです。

先輩ボランティアが、先日他の農家さんで里芋の穴埋めを見たとのことで、
大きなネットに放りこんで、そのまま土を被せていたそうだ。
ご主人曰く「農家でも色々やり方が違うからね、うちは昔からこういうやり方・・・」
さらに先輩ボランティア曰く「その農家さんの里芋は素人から見てもあまり良く
ない・・・」

やはり、管理が丁寧な農家さんは、出来る野菜も立派です。
だから品評会でたくさんの賞を取るのだと大いに納得した時間でした。


<お土産>

IMG_2223_convert_20161117151225.jpg

キャベツが入ってました。
今、野菜が高いから助かります。

私の畑の野菜はまだ収穫モードに入ってません(笑)
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- agriotome - 2016年11月17日 20:55:01

こんばんは。

茄子の撤去作業お疲れ様でした。
剪定バサミも使い方があるのですね。
多分普通のものでなくプロ仕様のものなんでしょうね。
長く続けたら腱鞘炎にな理想ですね。
おきおつけ下さいね。

今日、ほうれん草のタネ蒔きました。
熊本明日雨みたいです。
全てグッドタイミングです。。

- はなこ - 2016年11月18日 09:17:04

おはようございます。

ボランティアお疲れ様でした。
確かに茄子の軸は本当に太く私も剪定ばさみで切り、鍬でおこします。
抜けるどころじゃないですもんねぇ。

手間をかけて育てるとそれにお野菜もこたえてくれるんでしょう。
でも素人だとお野菜も試練を与えるみたいです(^^ゞ
お互いに頑張りましょう!


- 畑のジッチ - 2016年11月18日 14:44:50

agriotomeさん
昨日の剪定バサミが重すぎて、今日は両腕の筋肉痛です。
腱鞘炎にも気を付けないと。。。
ほうれん草の種蒔きしましたか、
そして今日は雨ですか、発芽早まりますよ。


はなこさん
私の畑の茄子は、簡単に抜けたのですが、
さすが農家さんの茄子は、そう簡単には抜けませんでした(笑)
はなこさんのところもすごいのですね。
>>手間をかけて育てるとそれにお野菜もこたえてくれるんでしょう。
野菜は正直ですね。


トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます