枝豆の定植と堆肥の切り返し(援農ボランティア)

2016/04/21(木)
今日の天気は曇りのち雨、朝起きたら雨は降ってませんでした。

前2週は雨で中止となったので、今日が3週間振りの援農ボランティアに
なります。
農家の畑
ご主人が育苗トレイで育った枝豆の苗に散水してました。
1トレイに300株くらい入ってます。
「今日は、これの3トレイ分の定植をお願いします」

枝豆の定植
ボランティア3人なので、ひとり300株植えることになります。
3週間振りの農作業、腰にきました!

植え終わったら、不織布をベタかけしました。

その畑の横を見ると、何日か前に植えた枝豆が大きくなってきてます。
ずらし栽培のようです。


続いて、のらぼう菜の撤去
ボランティアの一人がまだ食べられるのがあるじゃないと、ひとりで摘んでい
きます。 残った二人は「もう食べ切れないほど作ってるので、イイヤ~・・・」

1株づつ引き抜いていくのですが、大株なので簡単に抜けないのがあります。
その時にはと、根っこを掘り起こす専用の道具があるのですね。
始めて見ました。
普通はスコップでやるのですが、農家さんには色んな道具があります。


休憩はさんで次は堆肥の切り返し作業
今日はやることがいっぱいあるようです。
なんせ雨ばかりで、滞っていたようですね。

横5m、奥行き20m、高さ2mの落ち葉堆肥の最初の切り返しです。
今の場所から3m先へ移動します。
途中から私が上にあがって、足で踏み固めて平らにならしていきます。

急に風が吹いてきて、落ち葉が庭先に舞うようになり、
ご主人がやってきて、「風が強いのでもう上がってください!」

15分前に終了となりました。
久し振りだったもので、ほとほと疲れ切った・・・(笑)


<休憩時の話題>

トウモロコシの交雑
ボランティアの一人が自分の畑にポップコーンを植えようとしたら、
トウモロコシのそばに植えたらダメと言われたそうです。
50m離れていても風で飛んでくると言われ諦めたとのこと。。。
そう言えば去年のトウモロコシは固い実のところがあったとか。

トウモロコシを植える時には、違う品種を一緒に植えない、さらに受粉しやす
いように2条植えにするのが鉄則です。

でも市民農園だと、隣りの区画の人がそばに異品種のトウモロコシを植える
なんてことがよくあること・・・。
あまり気にしなかったですが、美味しくなかったらそのせいですね(笑)


<お土産>

IMG_1666_convert_20160421143224.jpg
ほうれん草が袋の中にいっぱい!

IMG_1665_convert_20160421143214.jpg
旬のタケノコをいただきました。
3年やってますがタケノコは初めてです。

どこに竹なんか植えてある・・・???

時々意外なものが出てくることがあります。
しっかり糠ももらってきましたよ(笑)

それと若奥さんから切り花もいただきました
IMG_1668_convert_20160421154628.jpg
生け方が雑

さらにご主人がJAからのお土産だと・・・、
IMG_1667_convert_20160421144019.jpg
作業手袋をボランティアに配ってるようです。
これも初めて、今日はたくさんのお土産がもらえました(笑)
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- agriotome - 2016年04月21日 23:01:20

こんばんは。

変わりなく援農ボランティアなさっているのですね。
変わらないというのは凄いことです。


堆肥の切り返し・・・しなくてはならないですね。
でも、台地までいけません。
全て見送りです。

遠くの畑で良かったのかもしれません。
近い畑だったら亀裂が入ってても行っていたかもしれません。
結構あきらめができない人なのです。

- らうっち - 2016年04月22日 07:02:36

畑のジッチさん おはようございまーす♪

久しぶりのボランティア、お疲れさま。
貸し農園のトウモロコシ栽培の話は、そのとおりだな~と・・・
借りてる方が相談して1品種に揃えられればいいけど、なかなか難しいですよね。
意見というのは、全員一致するほうが珍しい・・・

- 畑のジッチ - 2016年04月22日 15:21:39

agriotomeさん
援農ボランティアは農作業で健康づくりのためですね。
色々教わることも多いので、体が許すまで続けたいと思ってます。
堆肥の切り返しは4か月後にやったので、その頃は落ち着いている
のではないでしょうか。
とは言ってもまだ余震はあるでしょうから無理しないでくださいね。


らうっちさん
常日頃から体を動かしてないと農作業はきついですね。
トウモロコシを20m以上離して植えるとなったら、
市民農園の5区画分ですから、難しいですね。
周りが植えないことを祈るのみ(笑)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます