fc2ブログ

トウ立ちについて調べてみました

2016/02/29(月)
今日は雨の予報だったのですが、日が差して気温も高くなり、
やっと春らしくなってきたと思っていたら、午後になり天気が崩れて
きました。


春になると、畑ではトウ立ちして来る野菜を見かけます。

青梗菜のトウ立ち
160224_111731_convert_20160229133227.jpg
これは私の畑です


もう花が咲いてきてます
160224_111844_convert_20160229133239.jpg
トウ立ちの茎も食べられる野菜もありますが、花が咲いてくると
固い茎になってしまいます。


ホウレンソウなどの葉菜類では、トウ立ちすると葉が硬くなったり、
大根などの根菜類はスが入って硬くなったりします。
いづれも食味が悪くなってしまいます。

野菜にとっては子孫(種)を残すためになくてはならない生育段階
なのですね。
菜園家にとってはトウ立ちする前に収穫して、美味しい野菜をいた
だくわけです。


アブラナ科の野菜は、一定期間低温にあうとトウ立ちが始まります。
その期間や温度は品目によってまちまちだそうですが、秋から冬に
かけての低温でトウ立ちのスイッチが入るのは、どの野菜も同じだ
そうです。

トウ立ち前に収穫しましょう!(笑)

しかし、その中でもトウ立ちした花茎を食べる野菜もあります。
私の畑では「紅菜苔」「のらぼう菜」「かき菜」がそうです。
代表的な野菜がナバナですね。

これらはしっかりトウ立ちさせましょう!
私ののらぼう菜とかき菜はトウ立ちの気配が見えません(笑)


それではトウ立ちさせない野菜においては、
どうしたら防げるのか・・・。

●ダイコン、カブ、ハクサイ
種が水を吸って発芽体制に入った時に、低温を感じるとスイッチが
入る。

播種の時点から低温に当てないようにすることが必要。
そのためには、マルチや防寒用トンネルがあればベスト
種はトウ立ちの遅い品種を蒔きましょう!

去年の秋に大根が見事にアブラーにやられ、遅い時期に再度種蒔きを
したとボランティア農家さんに話したところ、「トウ立ちの危険があるね」
と言われたのはこのことでした。

●春キャベツ
苗が一定の大きさになった時点で、低温を感じるとスイッチが入る。

あまり大きくない苗で冬を越すことが必要。
そのためには、トウ立ちの遅い品種を選び、その品種にあった苗に
仕上げて定植します


いづれはトウ立ちするのですが、いかに遅くするかですね。
特に注意することは、ホウレンソウやレタスなどは高温・長日条件
で花芽をつけるそうです。
夜間、外灯などで光が当たる場所で栽培すると、日が長くなったと
勘違いしてトウ立ちが早まります。

庭とかベランダ栽培で、夜には部屋の明かりが漏れないように遮光カ
ーテンで対策するのも必要です。

そう言えば私の区画はすぐ隣が民家なのです。
漏れてるのかもしれません(笑)


アブラナ科野菜は2月下旬頃からトウ立ちはじまります。
今年は早いようですが。

まだ収穫がお済でない方は、トウ立ち前に収穫してください。
私の畑は残ってません・・・、というか失敗しました(笑)
関連記事

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- agriotome - 2016年02月29日 23:59:17

こんばんは。

今日の記事とても勉強になります。
苺も氷点下の気温に出会うと冬眠に1ヶ月入ります。
2月の寒波で苺は冬眠に入ったようです。
私はナバナを育てていますので、先日の寒さでトウ立ちのスイッチが入っているでしょうね。

今年は大根を無駄なく食べています。
2月に入ると大根にすが入ります。職場の先輩がいうには、大根の芽を止めてやったらすが入らないと・・・・
ですから、今年は2月になったら大根の芽を止めています。いつまでも美味しくいいですよ。。

- 畑のジッチ - 2016年03月01日 13:44:53

agriotomeさん
苺は冬眠に入るのですか。
冬の露地苺、なんか枯れたようで元気がないのは
そのせいですか。
agriotomeさんのなばなはもうじきトウ立ちですね。
大根の芽を止めるのは、土の中に保存するときに
よくやりますね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で11年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
運動不足の解消のため、バードゴルフを始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (134)
市民農園 (107)
第二菜園 (212)
援農ボランティア (298)
プロのお告げ (10)
畑づくり (79)
畑の被害 (17)
野菜のタネ (10)
野菜の花 (2)
病害虫 (41)
野菜の管理 (19)
スイカ (47)
ジャガイモ (113)
トマト (116)
キュウリ (45)
ナス (58)
トウモロコシ (59)
ピーマン (24)
シシトウ (15)
パブリカ (3)
インゲン (49)
ダイコン (123)
ハクサイ (37)
コマツナ (11)
ブロッコリー (95)
ゴーヤ (1)
ネギ (75)
レタス (7)
メロン (27)
ソラマメ (43)
タマネギ (61)
ノラボウ菜 (63)
オクラ (20)
エダマメ (74)
ホウレン草 (40)
カブ (40)
野沢菜 (4)
キャベツ (4)
エンドウ豆 (91)
落花生 (83)
トウガラシ (1)
チンゲン菜 (3)
エシャレット (4)
宇宙芋 (8)
ラデッシュ (1)
カラシ菜 (3)
紅菜苔 (4)
ミズナ (1)
芽キャベツ (27)
かき菜 (7)
料理 (8)
漬物 (4)
群馬の相棒 (341)
旅行 (21)
茨城の相棒 (165)
ハイキング 登山 (10)
趣味のカメラ撮影 (63)
仲間との交流 (65)
サトイモ (74)
ショウガ (2)
ニンジン (13)
延命草 (1)
畑の管理 (9)
サンチュ (1)
カリフラワー (31)
アスパラ菜 (2)
雑話 (267)
カボチャ (23)
モロヘイヤ (8)
バジル (3)
ヤーコン (7)
ニラ (7)
ツタンカーメン (2)
ツタンカーメン豆 (4)
春菊 (19)
運動スポーツ (66)
ズッキーニ (14)
甘長唐辛子 (3)
お馬のはなし (42)
オカワカメ (1)
紫蘇 (2)
スポーツ観戦 (7)
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます