かき菜とのらぼう菜のとう立はまだ先

2016/01/17(日)
今日は気温も上がらず、寒い一日でした。
今夜遅くから明日の午前中にかけ、都心でも10センチの降雪が予想
されるとのことです。
寒さと道路のスリップには十分注意しましょう。


かき菜4株とのらぼう菜6株を栽培中ですが、両者ともとうが立って
きたら主枝を摘心するのですが、まだかまだかと待ってるのですが(笑)

かき菜
160113_151323_convert_20160117134528.jpg
草丈は1mにもなろうかというほど大株です。
大きな葉っぱが四方八方に伸びてます。


かき菜の生長点
160113_151716_convert_20160117134556.jpg
ここからとうが立ってくるのですが、その気配はありません(笑)
いくら暖冬とはいえ、今が一番寒い時期ですから、それは無理というもの・・・。

早めに播種したせいか生育が予想以上にいいようなので、
4株のうち2株を摘心をしてみようかと思います。
脇芽が出てきて収穫が早まればもうけものです(笑)


のらぼう菜
160113_151550_convert_20160117134539.jpg
6株が狭い畝でぎゅうぎゅうにおしくらまんじゅう。
かき菜の半分くらいの株ですね。


のらぼう菜の生長点
160113_151601_convert_20160117134547.jpg
これも気配なしです。

まだとう立ちする前の新しい葉茎も美味しいのですよ。
前回栽培した時には待ちきれづ摘み食いしてました(笑)

霜に当たると甘味が増して、他の葉物類によくある苦味やクセがなく、
ゴマ和えや、おひたしが最高の菜っ葉なのです。

のらぼう菜の種はどこでも売ってるわけではないようです。
貴重な種なので自家採取してみたいと思います。

自分の花粉で受粉するそうなので、1株だけでも十分だそうです。
自然交雑しない野菜だそうで、おかしな二世が誕生なんてなことは
ないようです。

食べ飽きたら放置しておいて菜の花を咲かせましょう・・・(笑)
関連記事

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

この記事へのコメント

- らうっち - 2016年01月17日 15:57:42

畑のジッチさん こんにちはー♪

トウ立ちが始まったら主軸を摘芯
頭の隅にもなかったです。
ありがとうございます♪
どんな感じでトウ立ちしてくるのか、どれぐらい採れるのかも判らないので、ちゃんと収穫できるのか心配ではあります(^^;)

- agriotome - 2016年01月18日 00:37:58

こんばんは。

のらぼう菜、こちらでは聞いたことがありませんが、ナバナの一種ですか?
食べてよし眺めてよし、自家採取の種が取れればいうことなしですね。。

- 畑のジッチ - 2016年01月18日 15:07:13

らうっちさん
のらぼう菜の栽培は3回目なので、ご指導しますよ(笑)
とは言っても2回目はトウ立が遅れて、3/初には強制的に
摘芯しました。
3~4月が収穫時期になります。


agriotomeさん
のらぼう菜はまだ東京、埼玉、山梨の一部でしか栽培されて
いない伝統野菜です。
蕾が出始めの花茎を摘んで食べるので、ナバナと同類ですね。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます