FC2ブログ

スケベ虫被害に遭った!

2020/08/13(木)
昨日の午後は8/1の梅雨明け後、初の雨でした!
それもゲリラ豪雨で、雷を伴いあちこちに降らせたようですが、当地では少なかったようです。
隣の埼玉県では道路が冠水したところもあったようですね。

昨日の夕方に援農農家さんのご主人から電話が入り、「明日も気温が高いようなので、
休みにしてください」とのことでした。

ブログのネタ切れです!



きょうは「スケベ虫」の話です。
下ネタばなしではありません(笑)


正式には「ヌカカ」という虫です。
小さな虫で、知らないうちに衣服に潜り込んで刺されるから、「スケベ虫」なんだそうです。

そのスケベ虫は、ハエの仲間なんだそうで、体長は1~1.5ミリしかなく、
網戸を通り抜けてしまうくらい小さな虫なので、知らぬ間に刺されてしまうようです。

2か月前のことなのですが、私もこの虫ではないかと思われる被害に遭いました。
今年は大量発生してるようです!

畑で作業した翌朝、両手ともパンパンに真っ赤に腫れていたのには驚きました!
IMG_20200615_062513_convert_20200813092843.jpg
刺されたのは中指と薬指の2カ所です。
右手にも中指1カ所ですが、両手の写真は撮れません(笑)


猛烈な痒みで寝ているときに、無意識にかきむしってしまったのですね。
刺されたのも気づきませんでしたので、何の虫なのかは分かりません。
蚊ならばムヒS軟膏を塗れば、痒みも収まってくれるのですが、とにかく痒くて痒くて。。。

我慢できず皮膚科を受診しました。
炎症や痒みを抑えてくれる薬を処方してもらい、どうにか痒みは治まりましたが・・・、

またここにきて痒みが再発!!!

ネットで調べると、このスケベ虫のことが書いてあるのを見つけました。

今年、鳥取県や鹿児島県で大量に発生しているスケベ虫だそうで、
全国に生息していて、東京にもいるそうです。

朝や夕方に活動的になるそうです。早朝から畑仕事する方は要注意ですね。
蚊取り線香では効き目があるのか分かりません。。。

完治まで1週間以上~1か月ともいわれ、蚊に刺されたときよりも
かゆみが強烈で、長く続くのだそうです。

去年はブヨに刺され、今年はスケベ虫です!
よっぽど私の血(O型)がおいしいのかな~
蚊に刺されやすい血液型ランキング  O型>B型>AB型>A型

虫の多い季節、皆様も お気を付けください!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

枝豆移植の2日後は本葉2枚出揃う!

2020/08/12(水)
きょうも全国的に30℃超えの酷暑です。
都内では熱中症で搬送される人が増えてきて、昨日は217人の搬送があったそうです。
約6割は70歳以上の高齢者だったそうです。

症状だけではコロナとの区別がつかず、受け入れ先の病院でも肺のCT検査を行うなど
大変なようです。
室内では我慢せずにエアコンをつけましょう!


今朝6時の気温が29℃、きょうも暑くなる!!!
移植した畑の枝豆が気になり、ご飯も食べず畑へ直行しました。

移植した10株は・・・、
IMG_20200812_063925_convert_20200812100609.jpg
危なっかしい株もありましたが、なんとか無事なようで、本葉が開きかけてました。


移植せずに残った株は・・・、
IMG_20200812_063853_convert_20200812100559.jpg
本葉2枚が完全に開いてました。
やはり移植しなかった苗は元気がいいですね~

8株だったのが1株増えてました!
あとから発芽したのでしょうね。
よく見ると、種が地上に押し上げられているのが何個かあります。


近づいて見ると・・・、
IMG_20200812_064053_convert_20200812100618.jpg
双葉の上に、しっかりと本葉2枚が光合成を始めたようです!
これは期待出来るかな~


モロッコインゲン
IMG_20200807_063410_convert_20200812100547.jpg
もうじき終わりそうなんですが、最後の力振り絞ってまだ生ってきてます。


水やりを済ませて7時には戻りました。
汗びっしょりです!

気温は32℃にもなってました。
熱中症、気を付けましょう!!!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

夏場の水やりと追肥で汗だぐ!!!

2020/08/11(火)
連日、猛暑日が続きます。
炎天下での農作業は、日陰で休憩するとか飲み水を持参するなどの対策が必要ですね。


毎日の猛暑で堪えますが、雨が全く降らなくなったので水やりが欠かせません!

特に里芋ですね。
IMG_20200810_082141_convert_20200811124829.jpg
大きめのペットボトルで水を運んで、畝に流し込みます!

夏場は、子芋、孫芋をどんどん増やしていく時期なので、この時期に水不足だと、
芋が小さかったり、収量も増えません。
常に土が湿気ている状態がいいらしいので、やりすぎということはないようです。
せっせと暑い中、水やりに頑張りましょう!

追肥も大事だから、忘れずにね!


ジャンボシシトウ
IMG_20200810_085925_convert_20200811124844.jpg
この暑さのためか、収量が落ちてきました。

辛いシシトウがたまにあるのは、環境の変化だそうで、梅雨明けで雨が降らなくなるのも
一因だそうです。これもせっせと水やりです!


我ながら、良いアングルです。。。
IMG_20200810_090024_convert_20200811124902.jpg


隣に植えたピーマン
IMG_20200810_090059_convert_20200811124913.jpg
たくさんの実をつけてます。
シシトウ、ピーマンともにたくさん収穫できてますので、追肥を畝片に撒きました。


問題は、オクラです!
IMG_20200810_090237_convert_20200811124926.jpg
このように葉っぱが細くなるのは肥料不足のようです。
オクラは元肥は少な目に、追肥で調整していくのでしたね。

早速、肥料を撒いて、たっぷり水やりしました。


真夏の畑の管理は大変です。
熱中症に注意して、天気と相談しながらほどほどにね・・・。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

秋どり枝豆苗の移植

2020/08/10(月)
きょうも猛暑日になる予報でしたので、朝の6時から畑へ出かけて、なんと朝飯も食べず
10時まで頑張ってきました。


枝豆を播種してから6日目
IMG_20200810_065042_convert_20200810120653.jpg
見事に発芽しました!
本葉が出ていないのもありましたが、ほとんどが出始めてました。

本葉が1~2枚ほど出てきた頃が定植のタイミングです。
ばら蒔きして育苗したので、このままでは密集しすぎです(笑)
少し早いような気がしますが、移植することにしました。


移植先は・・・、
IMG_20200810_070807_convert_20200810120705.jpg
隣に新たな畝を起こしました!


密集してるところから移植苗を掘り起こしました。
IMG_20200810_071118_convert_20200810120717.jpg
残った苗は、この場所で育てます。


播種してから6日間で、これだけ根が伸びてます!
IMG_20200810_071250_convert_20200810120729.jpg
根を傷めないように慎重に取り出しました。


新たな畝に10株移植です。
IMG_20200810_073811_convert_20200810120800.jpg
早く根付いてくれるようにと、たっぷり水をあげました。


全部で18株になります。
IMG_20200810_073737_convert_20200810120741.jpg
元の場所(下側)に残った苗は8株になりました。
まだ発芽してくるのもあるかもしれませんが、ここで育てようと思います。

ところで、ここの畝の前作も枝豆でした。
連作が心配だったので調べてみました。
『枝豆は連作に強い作物です。連作障害はありません!』
心強い情報だったので、安心して秋どり枝豆にチャレンジしてみます♪

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

おのればえ(自生)野菜の紹介(群馬の相棒)

2020/08/09(日)
お盆休みに入りましたが、新幹線も高速道路も例年の50%の混み具合だそうで、
やはり帰省を自粛した人が多いみたいですね。

帰省について「温かい心で受け入れて」と県民にお願いした青森県知事の地元で、
青森市の実家に帰省した東京在住の男性(60代)のところに、「なんでこの時期に帰省す
るのか・・・・さっさっと帰ってください!!」などと中傷するビラが家の玄関先に置かれて
いたとのニュースがありました。
コロナのおかげで嫌な世の中になりましたね。。。


さて、今年は帰省しないと言う群馬の相棒から、おのればえの野菜を紹介した「菜園だより」
が送られてきました。
「おのればえ」とは・・・ 種を蒔いた覚えがないのに、勝手に生えて来たことを言います 

おのればえで代表的なものに「紫蘇」がありますね。
毎年、どこかに生えてきます。

※相棒のコメント→畑のジッチのコメント


この太いツルは、なんでしょうか?
KIMG4590_convert_20200809092251.jpg

→蛇かと思ったよ!(笑)

そう、自生のカボチャで、7メートル以上伸びています。
KIMG4591_convert_20200809092301.jpg

→カボチャの勢いは目にみはるものがありますね。
  うちの畑では空中栽培にしなきゃ無理です。


こんなのが収穫できるんです。
KIMG4589_convert_20200809092241.jpg

→植物の生命力ってすごい!


これは、そろそろ収穫を終えるインゲン豆です。
KIMG4584_convert_20200809092150.jpg
7月の長雨の影響で、種莢を開くと豆から芽が出ていました。
手前にその豆を蒔いたら、蔓が伸びて来ました。

→隣で引き続き栽培ができるということですね!
  種莢の中の豆が発芽してたとはビックリ!!!


こぼれ種のオカヒジキ
KIMG4588_convert_20200809092232.jpg
昨年の、こぼれ種から生長し、十分な収穫を終えたオカヒジキです。
また、花目を付け種を落とそうとしています。放置して見ます。

→勝手に生えてきて、収穫まで出来て、また来年もおのればえとは重宝な野菜ですね。


黄色いミニトマト
KIMG4587_convert_20200809092221.jpg
毎年この場所に伸びて来ます。 転倒防止だけして芽欠きはしません。
霜が降りる頃、美味しく食べれます。

→トマトまでおのればえですか! 植え付け不要なトマトなんですね。


春菊のおのればえ
KIMG4586_convert_20200809092212.jpg
花を咲かせ、枯れて倒れた春菊ですが、その後から新芽が伸びて来ました。

→収穫後に片づけずに放っておくと、また新芽が出てくるのですか。。。
  相棒は種取名人なので。そんな実験?ができるのですね。


ルッコラのおのればえ
KIMG4585_convert_20200809092202.jpg
春菊と同じように、新芽が伸びて来たルッコラです。 この種は、採取しています。

→栽培時期が違うのかな・・・。
  私の畑で、絹さやエンドウの残渣から新芽が出てきてますが、秋採りのエンドウ豆
  なんてないですよね(笑)


今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

オクラ栽培が失敗したのは、植え付け時期が早過ぎたようだ!

2020/08/08(土)
昨日の都心では最高気温が35.4度まで上がり、今年初の猛暑日となりました。
暦の上では秋に入っても、本格的な暑さの本番はこれからです。
きょうは曇り空、気温も30℃超えで湿度が高いので、熱中症には要注意ですね。


今年のオクラ栽培も失敗に終わりそうだと、8/3の記事で報告しましたが、
何が原因なのか気になるので、いろいろと調べてみました。

群馬の相棒もオクラ栽培をしているので、他の野菜と比べて特に注意してることなどが
あれば教えてほしいと問合せしたところ、以下の回答が返ってきました。

<群馬の相棒のオクラ栽培>

自宅裏のオクラ
KIMG4574_convert_20200808103552.jpg
4月末に購入苗を定植しました。元肥は「ぼかし肥料」と苦土石灰でした。
6月中旬から収穫しています。追肥は液肥(手作り)を、希釈して、2週間間隔で与えています。
背丈は約1メートルで、まだ収穫は続きます。

→上手く育ってますね、 やはり追肥が大事なようですね。

遠くの畑のオクラ
KIMG4575_convert_20200808103604.jpg
こちらはポット植え苗を5月に定植しました。
この時、株を分割して根をいじったせいか、2割程度枯れてしまいました。
7月から収穫しています。ただ、見たとおり葉っぱが虫食い(何の虫?か不明)状態で、
生長が遅れており、背丈は50センチ位でしょうか。 肥料は自宅裏のオクラと同じです。
虫食いの葉をカットし新葉での生長を待ちます。(オーガニック栽培のため)

→背丈が低いのは定植の際に根を痛めたようですね。
  私のオクラも下葉が枯れてしまうのは、間引きしたときに痛めたのかもしれません。

特にオクラ特有の栽培方法はないようですね。
何度やっても失敗なんで、他の野菜と大きな違いがあるのではと思いました。


そこで、オクラ栽培についてネットで調べまくりました。

オクラ栽培

よく「畑に植えたけれど、一向に伸びず枯れたりする」という声が聞かれるのは、
早く植え過ぎたり、苗が低温にあうことで起こる場合が多いのだそうです。

これだ!!!
  早く播種(5/3)したのが原因のようだ。 発芽(5/10)してからの5月は15℃前後の
  寒い日があった。

  オクラは寒さに弱いようで、低温が続くとうまく育たなくなるようです。
  植え付けや種まきは気温が上がってから行う必要がありますね。

  育苗する場合は4月中旬頃
  直播きする場合は5月中旬〜6月中旬頃が種まき時期です。
  次回の直播は、5/下~6/上の暖かくなってからやってみます!


●オクラは肥料食い
オクラは多くの肥料を必要とする野菜ですので、切らさずたっぷり与えることも大切です。
良い実を収穫するために、こまめに与えるようにしましょう。
但し、元肥は少な目にして、追肥をこまめに2週間に1回程度だそうです。
相棒の追肥はバッチリ正解ですね!

<オクラ栽培のポイント>

・気温が上がってから植え付けや種まきを行うこと
・連作は避けること
・寒さに弱く10度以下で畑に植えると低温障害を起こすため、早まきは避ける
・土壌pHは6.0~6.5にしておくこと
・収穫後の下葉かきを忘れないようにする

次回は失敗しないように再チャレンジしてみよう!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

枝豆は発芽直前、水やりたっぷり!

2020/08/07(金)
東京都や千葉県、茨城県に、初めて「熱中症警戒アラート」が発表されました。
きょうは東京で初の猛暑日になるとかで、熱中症対策が必要です。


というわけで、朝6時前に畑へ行ってきました。
IMG_20200807_063420_convert_20200807100710.jpg
気温はすでに27℃と高かったです!


3日前に播種した枝豆は・・・、
IMG_20200807_061358_convert_20200807100637.jpg
土を割って出てこようとしてました!
土の表面はうっすらと湿ってましたが、きょうの猛暑で乾燥するでしょう。

これは秋どりの枝豆を作ってみようと、余った種をばら蒔いた畝です。

鳥が突いた形跡はありませんでした。


朝早く来たのは、水やりが目的です。
IMG_20200807_061714_convert_20200807100658.jpg
たっぷりとかけてあげました!

明日にでも地上に顔出すのではないかと思います。


帰りがけに、ミニトマトを房どりしてみました。
IMG_20200807_063947_convert_20200807100727.jpg

早朝は気持ちがいいですね~
1時間ばかりいて、暑くなる前に帰ってきました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ネギ畑の草取りは暑かった!(援農ボランティア)

2020/08/06(木)
昨日は猛暑日だったところがたくさんあったようです。
東京は34℃止まりでしたが、猛烈に暑かったです。
きょうは援農ボランティアの日、また暑くなりそうですが、覚悟して農家さんへ向かいました。

_convert_20200305154423_20200730144426ddf_2020080614285540e.jpg

きょうも草取りでした。
ネギ畑の畝間に生えた草を取り除く作業です。

農家さんの畝間の幅は1m位あって広いです!
30mほどある畝間の草を取りながら進んでいきます。
農家さんの畑は広くて、日差しを遮るものはありません。
汗が滴り落ちてくるのです。
作業をやりながら、真夏を感じました。

休憩はさみ、まだ4列残ってるので、終わるかな。。。

ご主人が来て、「暑いので! ここが終わったら、引き上げてください」

この暑さなので、早く引き上げても良いとのこと・・・、
ただし終わればのことです。

なぜかスピードアップ!
手抜きしたわけではありません(笑)
この暑さから逃げたかったのです。

結局30分前に終わり、お土産を頂いて帰りました。

猛暑の中の作業はきついですね!
途中に水の補給はありましたが、今年初の炎天下の作業でした。


<休憩時の話題>

4日昼、大阪府の吉村知事がテレビで「うがい薬」が新型コロナ対策で効果があったとの
会見をやった直後から、飛ぶように売れてもう店頭にはないみたいです。
おかみさんが昨日行った時には品切れだったそうです。

テレビの威力ってすごいですねと感心です!
専門家は慌てて、「効果が認められていない中、自己判断で使うのは慎んでほしい」と
訴えているようです。

医薬品の転売は法律で禁止になってるにも関わらず、ネットでは通常価格の2倍以上で
販売するつわものもいたようです。

出口が見えないコロナ禍、このまま長引けば倒産する会社もたくさん出てくるでしょう。。。
農家さんの敵は悪天候、遅い梅雨明けでやっと一安心のようです。


<お土産>

IMG_20200806_131053_convert_20200806142545.jpg

前回頂いたかぼちゃが、ものすごく甘かったので、次の料理が楽しみです。
枝豆が入ってました。 今晩も家のみで一杯!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ダメもとでナスの切り戻しをやってみました!

2020/08/05(水)
きょうは全国的に30℃を超える厳しい暑さのようです。
猛暑日となる地点が数多くありますので、熱中症は厳重警戒ですね。

朝ドラ見てから畑へ行ってきました。
朝から暑かったです!


高温を好むナスでも夏真っ盛りにもなると、疲れがでるようで生育が落ちます。

そこで、これもダメもとで切り戻しをやってみることにしました。

before
IMG_20200804_085427_convert_20200805095709.jpg
葉っぱが少なく、6株中で1個しか実をつけてませんでした。
かなりのお疲れです。

after
IMG_20200804_090038_convert_20200805095720.jpg
一枝に葉っぱを1~2枚残してカットしてあげればいいのでしたよね。
もともと弱っていた株ですから、変わり映えしないかな。。。


それでも、これだけカットしました!
IMG_20200804_090059_convert_20200805095731.jpg
秋ナスを頂きたい1ヶ月前に、この作業を行います。
7月下旬~8上旬頃に行うのが一般的です


株の勢いがなくなってからやっても期待できないかな・・・。
IMG_20200804_090115_convert_20200805095741.jpg

IMG_20200804_090118_convert_20200805095752.jpg
いつも失敗ばかりなんで、期待せずに復活を待ってます!


アッ! 根切りするの忘れた!!!
あまりの暑さに逃げて帰ってきました(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

枝豆の秋収穫をダメもとでやってみます!

2020/08/04(火)
お盆が近づき、帰省の計画をしている方も多いのではないでしょうか。

昨日の会見で菅官房長官は、8月のお盆の帰省に関して、「国として、県をまたぐ移動を
一律に控えてくださいと言っているわけではない」と述べました。

また、西村大臣の昨日の会見では、お爺ちゃんやお婆ちゃんに重症化リスクがあるので、
注意してもらわないといけないと表明しました。

小池都知事は都民に県をまたぐ移動は自粛してくださいと言ってるし。。。

言ってることがちぐはぐで、いったいどっちなんだと言いたくなりますね。
帰省先で今回は来て欲しくないとの気持ちならば、帰らない方がいいでしょうね。


私は帰省せずに、畑仕事に精を出します!

枝豆の収穫が終わり、なんか物足りなくなってきました。

たしか種がたくさん残っている・・・。
IMG_20200804_091633_convert_20200804112031.jpg
追加まきしようと2袋も買っていました。
発芽不良で急遽、援農農家さんから苗を分けて頂いたので、たくさん余ってます。


それを播種して、育苗してみようと思いつきました!
IMG_20200804_092728_convert_20200804112043.jpg
畑の空いてるところにばら蒔きしました。


覆土して足で圧着
IMG_20200804_093028_convert_20200804112054.jpg
たっぷり水を撒きました。

発芽適温は十分ですが、種袋の播種時期は過ぎてました(笑)
また発芽不良とならないか心配ですが、ダメもとなので。。。


鳥対策で・・・、
IMG_20200804_093701_convert_20200804112109.jpg
べた掛け用の不織布を掛けるのが面倒なので、曲がる支柱で手抜きです。

横から見ると・・・、
IMG_20200804_094942_convert_20200804112120.jpg
中に入っていかないでしょうか・・・???


秋採りの枝豆は珍しいですよね。
援農農家さんでやっていたので真似してみました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

オクラは今年も失敗に終わりそうだ!

2020/08/03(月)
きょうも朝から暑くて、畑に行く気分にはなりません。
どうせ2日前に収穫してきたので、今行っても何もありませんが・・・。


東京都は、新型コロナで6月末までに亡くなった325人の分析結果を公表しました。
亡くなった人の平均年齢は79.3歳、大半が糖尿病、高血圧、腎疾患などの基礎疾患を持っ
ていたそうです。
これを聞いたら、3蜜は絶対に避けなければいけないと、肝に銘じました!


畑のオクラは今年も失敗に終わりそうです!
IMG_20200801_142527_convert_20200803095120.jpg
いつもこんな感じで、成功したためしがありません。
何が原因なのか・・・???

黄色の花を見て、1~2本の実を採って終わりになってしまいます(笑)


4株植えた畝
IMG_20200801_142541_convert_20200803095137.jpg
1株は全く生長してません!
2本仕立てで、株間は30センチ取ってます。
日当たりも良いです、とは言っても今年は日照不足でしたが。

元肥は鶏糞を全面施肥しただけで、追肥は最近1回だけやりました。


移植した株も葉っぱが枯れてきました。
IMG_20200801_143451_convert_20200803095158.jpg
間引いた苗をここに移植して、うまく根付いたと喜んでいたのですが。。。
ひとつも結実しませんでした。


ひとつ気になることがあります。

他の区画のオクラ栽培を見てみると・・・、
IMG_20200801_144340_convert_20200803095210.jpg
密植して植えてあり、草丈が長いです!
このオクラは私のより遅く植え付けたはずなんですが。
他の区画を見ても、密植してるところが多いですね。
密植がいいのでしょうかね。。。


うちのは、全然草丈が短い!!!
IMG_20200801_144417_convert_20200803095222.jpg
この差はいったい何なんでしょうか・・・。


それと、下葉が枯れてしまいます。
IMG_20200801_142601_convert_20200803095148.jpg
いつもこんな感じで終わってしまいます。
血糖値下げるためにオクラを作りたいのですが、原因分からないと次回は諦めかな。。。
いつもこんな感じのオクラ栽培です。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

中玉トマトの収穫がまだ続いてます!

2020/08/02(日)
梅雨明けとともに夏空が帰ってきました!
IMG_20200802_100430_convert_20200802101608.jpg
気温が高くても、じめじめした天気よりいいですね~♪


昨日、待ってましたと畑へ行ってきました。

今は「黄金のトマト」が一番元気なようです
IMG_20200801_143208_convert_20200802101514.jpg
5種類のミニ/中玉トマトを植えたのですが、一番美味しかった「シュガープラム」は
終わってしまいました。


その黄金のトマトに・・・、
IMG_20200801_142729_convert_20200802101501.jpg
えたいの知れない虫が集ってました!

コガネムシかカナブンか・・・???
ひび割れた実に頭を突っ込んで、すごい食欲です!


挿し木したトマトの木に、ミニトマトが黄色く色づいてました。
IMG_20200801_143431_convert_20200802101526.jpg
これは「フルーツイエローEX」か・・・、
どれを挿し木したのか忘れてました。


挿し木したトマトは放任状態
IMG_20200801_143641_convert_20200802101536.jpg
草丈も伸びて、たくさんの実を付けてます。
トマトの強さにあらためて感心しました!


ニラは採ってもとっても・・・、
IMG_20200801_144454_convert_20200802101548.jpg
あっという間に生えてくるので重宝します。


収穫野菜
IMG_20200801_162718_convert_20200802101558.jpg
中玉トマトは日照不足で小さめですね。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

今日から8月スタート、朝から久しぶりの日差し!

2020/08/01(土)
今日から8月スタート!
朝からいきなり強い日差しで、日中は30℃超えの真夏日です。
昨日までは長雨の日照不足だったので、いきなりは堪えますね。


西日本中心に猛烈な暑さ 熱中症厳重警戒だそうです!!!
マスクを着用していると心拍数や呼吸数が上がり、体感温度の上昇で、身体への負担が
大きいようです。そのため、例年よりも熱中症のリスクが高くなるとみられてます。
屋外では、人との距離を十分に取って、マスクを外すようにしてくださいとのことです。

1951年の統計開始以来、初めて台風が発生しない7月になったそうです。
その代わり台風に匹敵するくらい、あちこちで豪雨がすごかったですね。


さて、東京都の感染者は前日から96人増の463人で、軽く400人を超えてしまったそうで、
これにはビックリしました!
約7割が20~30歳代の若年層のようです。


新型コロナの影響で、小中学校の修学旅行を中止にする学校が出てきました。
修学旅行は子供たちの一大イベント、何といっても大事な思い出作りですから可哀想ですね。
今年は大きなイベントが軒並み中止となり、市の秋祭りも中止となりました。

WHOが「百年に一度の公衆衛生危機」だと・・・、
それを今、我々が体験しているわけで、戦争体験のない平和ボケに襲ってきた人生最大の
危機なのかも。。。

ワクチンの開発が急務で、世界各地で開発競争の最中、世界で70を超えるワクチンの
開発プログラムが進んでいるそうです。
日本の開発の予算規模は米中に大きく劣るようで、海外に頼ってるのが実情のようです。

加藤厚生労働相が以下の内容を発表しました。
「米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスのワクチンが成功した場合、
来年6月末までに6000万人分の供給を受けるこを、同社と基本合意した」
海外のワクチンを使うなら、先ず自国の摂取が優先されるでしょうから、来年夏の
オリンピックまでには難しそうですね。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます