FC2ブログ

ナス畑とワケネギ畑の草取り(援農ボランティア)

2019/09/05(木)
きょうは援農ボランティアの日です。
天気は曇り空で気温が低目なので、張り切って農家さんへ向かいました!

援農ボランティア2


きょうも草取りです。
この時期は草取りばかりです。
今週も先輩ボランティアはお休み、体調が悪くなければいいのですが。。。

先ずは遠くの畑にあるナス畑の草取りから。。。
3メートル近く伸びた2本仕立てのナスは、見事にナスの実をいっぱいぶら下げてました。
ご主人が収穫作業中、ナスのトンネルをくぐってきょうの作業を聞きました。

「ここのナス畑の草取りをお願いします」
畝間にはワラを敷いてあるので、それほどたくさんの草は生えてません。

「そこにある蚊取り線香を腰にぶら下げてやるといいよ~ 蚊が多いから・・・」
ナス畑は水撒きしているのでワラが湿気ってるし、伸びたナスの枝でトンネル状なため
日陰となり、蚊の住みかとしては絶好な場所のようです。

畝間は1メートルほどあり、中ほどにトゲのある大きな葉っぱがあちこちに飛び出してました。
これは何だ、 いつも見かける草ではないぞ!
葉っぱの形が台木(接木)から伸びてる葉っぱと同じだ!

後から聞いた話では、その台木から伸びた根っこが畝間の方に伸びてきて通路に顔を出す
のだそうです。
台木の野菜を聞いたら、聞いたことのない横文字の西洋の野菜のようです。
この元気な野菜で、病気から守っているようですね。
取った草は肥料袋にいっぱいになりました。 


休憩はさんで、次は母屋の方へ戻ってネギ畑の草取りでした。
広い畝間には除草剤を撒いたようで、「枯れてる草はそのままにして、生きてる草だけ取って
ください!」

よく見るとネギのようだがチョット違う、1ヶ所に何本も生えてました。
畝間が広いので草取りも楽ではないです。

昼近くになると、天気は曇りでも湿度が高いようで汗ばんできました。
そこにご主人がやって来て、「上がってください!」
畑の半分しかできませんでした。


<休憩時の話題>

ナスのジャムを挟んだサンドイッチを出していただきました。
どこにも見かけない自家製ナスのジャムなんですが、美味しかったです。

ネギ畑のネギの品種は何かと聞いてみました。
「ワケネギ」と言うのだそうです。 
初めて聞く品種でした。

分けつしながら成長する葉ネギで、1本植えたら10本以上のネギに増えるそうです。
今は多くて6本くらいの生長でした。

遠くの畑に白菜が植えられていたので、「白菜は直播きですか」と聞いてみると、
今は苗を作ってから定植だが、むかしは白菜も直播きしていたそうです。
一升瓶で植え穴をつくり10粒は種蒔いたそうです。
むかしから種は買っていたそうで、自家採種はやってないみたいですね。
野菜が化けると売り物にならないですから・・・。


<お土産>

IMG_20190905_141800_convert_20190905153147.jpg

ナスがたくさん!

またまたモロヘイヤをいただきました。
市民農園でももらっているし・・・、 これで夏の疲れを取りましょう!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます