FC2ブログ

玉ねぎとニンジン畑の草取り(援農ボランティア)

2018/11/22(木)
昨夜の天気予報では雨マークがあったのですが、曇り空で午後に雨がぱらつくとの予報に
変わってました。
予定通り援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1

昨夜、群馬の赤城山からウドの株根を運んできたらしく、畑の一画に積み上げてありました。

2m幅の2列の穴が掘られてあって、そこに株根を一輪車で運ぶ作業から始まりました。
ご主人が端から株根を逆さまにして一つづつ並べていってます。
最後には土を被せておくのですが、この作業は根株を運んでくるたびに行ってるようです。

赤城山からは5回ほど運び、その後は茨城からへとシフトしていきます。
ウド栽培の期間中、少しづつ掘り出してムロへ定植していくのです。

この後は、玉ねぎ畑の草取りでした。
2週間前に溶けてなくなった欠落カ所へ、予備苗を追加植えした畑です。

草はそれほど生えてませんでしたが、肝心の玉ねぎが・・・、
やはり予備苗が足らなくて欠落カ所があちこちとありました。
来年の収穫はいつもの半分以下になりそうだと話してました。

草取りの方は先輩ボランティアと二人でやっても、バケツ2杯の量しかありませんでした。

休憩はさんで次は人参畑の草取りです。
50センチもあろうかと思う人参の葉っぱをかき分けて、畝間に生えた草を取ります。
なんとジャガイモの茎があちこちに伸びてました。

前はジャガイモ畑だったのが分かりますね(笑)
引き抜くと小さな芋が付いてます。
これも草と同類で廃棄処分となります。



<休憩時の話題>

ご主人の話では、もう3回ほど霜が降りてるとの話しでした。
農家さんは畑へ出るのが早いので、解ける前に霜が降りた畑が見れるのですね。

明日は勤労感謝で祭日、むかしはこの日に品評会をやったそうです。
そして昔ばなしになって、ご主人の家ではむかし豚を飼っていたとの話になり・・・、
当時は豚の品評会もあって、歩く姿を見せる、美人豚?のコンテストなんかもあったそうです(笑)
聞いてると、のどかな村祭りのようでした。

その豚が逃げたことがあったそうです。
近所の人が捕まえてくれて、豚汁にならずに済んだこともあったとか。。。
今では豚を飼ってる農家さんはいないが、当時は15軒くらいあったそうです。

今は宅地化されて都心のベットタウンとなってますが、むかしはのどかな農村だったのでしょうね。


<お土産>

IMG_20181122_131151_convert_20181122153955.jpg

ホウレン草の生長がはやいようです。
この調子だと、葉物野菜は年内で収穫が終わってしまうようですよ。

ナスがまだ採れてます!
また持ちかえしたようで、ビックリするくらい長期間の収穫ですね。
私の畑のナスはとっくに終わってます・・・(笑)


なんと、バッタまでも付いてきたようです!
IMG_20181122_131327_convert_20181122154006.jpg
捕まえて、外へ逃がしてやりました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます