FC2ブログ

タマネギ畝の欠落カ所に追加植え(援農ボランティア)

2018/11/08(木)
今日の午前中は晴れとのことで、援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1


ほぼ里芋の皮むきだと予想してたのですが、ご主人がタマネギ苗の育苗トレーを長い台車に
載せて水を撒いてました。

それを見てピンときました!
タマネギ畝の欠落カ所に追加植えだ・・・。
それにしても、いつもより苗が多いのだが。。。

畑へ行くと、確かに欠落している部分が多そうだ!
ここの農家さんは種を直播きして、欠落部分に追加植えしていくのですが、
追加植えの苗はハウスで育苗してます。

やり方を苗3本ばかり植え付けて見せてくれました。
それではお願いしますと・・・。

育苗トレーから苗をヘラで1本づつ取り出し、丸いトレーに移して、畝へ運びます。
畝の端から欠落カ所を探して、苗を植え付けていきます。

先輩ボランティアがなかなかやってきません!
黙々と一人でやってると、ご主人がやってきて、植え付け始めました。

どうやら先輩ボランティアはお休みのようです。

毎年、玉ねぎは2本植えしてるのですが、2本も植えると苗がなくなるとのことで、
今年は1本のところが圧倒的に多いです。

休憩をはさんで、続けましたが・・・、
畝が4つ半で時間となりましたが、まだ半分は残ってました。
「道具は片づけなくていいので、上がってください!」
午後からご主人が続きをやるようです。


<休憩時の話題>

タマネギ苗が解けてなくなったのはなぜか聞いてみました。
雨が降らない日が続いた時期があり、乾きすぎたからだと話してました。
それとネキリムシも発生したようです。

今年も天候に左右され、秋野菜の生育が遅かったようです。
ここにきて気温が高くなったので、何とか店頭に出せるようになったようです。

4日前の農業祭(品評会)では、たくさんの賞を取っていましたねと品評会の
話題になり、サツマイモの「優秀賞」は、イモ部門で選ばれたそうです。
野菜ごとではなく、葉物とか根菜、果樹、花などのように分かれているのだとか。。。


<お土産>

IMG_20181108_123737_convert_20181108142513.jpg

賞を取ったサツマイモが入ってました。
カブは作ってないので助かります。
大きなブロッコリー、私の畑のは蕾すら出てこない(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます