FC2ブログ

サトイモ畑の草取り(援農ボランティア)

2018/08/09(木)
5時に目が覚めると、風も雨も止んでました。
台風はどこへ行った・・・???

今日は援農ボランティアの日なのです。
完全に台風でお休みかと思っていたのに。。。

あわてて準備して自転車で向かいました。
援農ボランティア1


いつものキュウリの朝採りへ行くと、だれもいませんでした。
朝採り作業はもう終わりのようです。

母屋の方へ行くと、ご主人が「今日はサトイモ畑の草取りをお願いします」
ついに来たか!
この作業をやると、里芋の茎の汁が服についてとれなくなるのです。
よかった! 今日は紺色の上下服でした。白い服だったら目も当てられない・・・(笑)

もう一人のボランティアが来ない!
1人作業のようです。。。

1条植えの30m程の畝間(50センチ)に入り草取りします。
両方の畝から伸びた里芋の葉っぱが雨水を溜めて、上から頭や背中に向けて落としてくれます(笑)
トンネル状態になっているので、下にもぐらないと作業はできません。

苦戦していると、途中からご主人がやって来て、私の隣の畝間の草を取り始めました。
アラヨ!っと言う間に、私を抜いて行きます。
やはりプロは早い!!!
それも中腰のまま一気に進みます。
私と言ったら、立ち上がってはしゃがみ込んでなかなか前へ進みません・・・(笑)

休憩をはさんで、再びご主人との二人作業
鎌をどこかに落としたか、忘れたようです。
自分のやった畝間を探し回りましたが見つかりません。

鎌は小さな草を削ぎ落す時に使います。
手でやればいいかな。。。
あとから探そうと、作業を続けました。

ご主人が見つけてくれたようで「鎌、落ちてたよ!」
助かりました。

時間になって、かごの泥を畑へ捨てると、ご主人が「種が混ざってるので、畑に捨てたらダメ!」
そうだった・・・!
畑から草だけ取るのではなく、草からできた種も一緒に取り去るのでした。

午前中は曇って日差しはなかったので暑くはなかったです。
作業服は泥だらけ、頭から雨水を被ってつらい作業でした。


<休憩時の話題>

種なしスイカを出していただいた。
小さな白い種は少しあるが、全体で見ると種なしスイカでした。
甘いので、たくさん頂いた。
水分補給にはいいですね(笑)

北海道へ帰省したことを話すと・・・、
おかみさんはまだ行ったことがないそうで、
「いつ頃行くのが良いですか・・・」
「やはり7月頃が、気候もさわやかで、ラベンダーなどの花が綺麗、しかも美味しいものが
豊富です」
ご主人は行ったことがるみたいで、ぜひおかみさんもとお勧めしました。

草を廃棄場所に捨てに行くと、トマトがたくさん捨ててあったので聞くと・・・、
雨で割れたトマトだそうだ。
売りものにならないので、全部捨てるようです。
ア~ もったいない!


<お土産>

IMG_20180809_134633_convert_20180809150337.jpg

スイカ頂いたのですが、自転車で運ぶ途中に割れてしまった!
家内が食べやすいようにカットしたようです。

立派なナスでしょう!
ナス畑の品評会で「優秀賞」を取ったそうです。

缶ビールは、この時期になるといつもいただきます。
ありがたいですね。。。
今晩も一杯・・・(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます