FC2ブログ

キュウリの朝採り作業が始まった(援農ボランティア)

2017/06/08(木)
朝は怪しい天気でしたが、ボランティア農家さんへ向かいました。
農家の畑

離れた畑でご主人はすでに作業にかかってました。
キュウリの収穫時期になると、朝一番で朝採りキュウリの収穫作業が始まります。

またこの時期がやってきました。
しばらくはこの作業が毎回続きます。

近所の人が畑へ入ってきます。
「キュウリの販売はまだですか・・・」
時間になったらそこで販売するので待ってもらうようお願いしました。
朝の直売が始まったようです。

何年もやってることなのですが、ご主人からキュウリを持つときはヘタの方を持つようにと
指示されました。

なぜかって・・・、
キュウリのトゲは新鮮度をはかる大事なバロメータなのです。
これで商品価値が決まるので、絶対にトゲをつぶしたりしてはいけないのです。
家庭菜園ではそれほど気にはしないので、ついつい持ってしまいますね(笑)

収穫はまだ始まったばかりなので、コンテナ4箱分にしかなりませんでした。
いつも感心するのですが、花の数の多さに驚きます。

収穫が終わってからは、誘引作業でした。
株は大きくなって支柱の上まで伸びていて、背の低い私には届きません。
農家の支柱は特別長いのです(笑)

ビールケースの箱に乗ってやってと、箱を用意してもらいました。
これは楽ちん! 

湿らしたワラを使って、キュウリの最上位を1本づつ縛っていきます。
その縛る位置が、最先端の茎なのです。
あまり下で縛ると、また直ぐに誘引しなくてはいけなくなるからだそうです。
生長点近くを縛るって気を使いますね(笑)


休憩はさんで、今度は枝豆畑の草取りでした。
なんと、莢がはっきり膨らんでる!
もうじき収穫むかえるようです。

私の畑の枝豆はやっと小さな莢が出現してきたばかり、
農家さんは早いですね。
いち早く出荷したら値段もそれなりに高く売れますものね。

途中で雨がパラパラと降ってきましたが、すぐに止んだので作業には影響しませんでした。


<休憩時の話題>

私の畑でカボチャの雌花が咲いても雄花が咲かないと話したところ、
株元に近いところに咲くはずなんだけどね・・・とのこと。

アッ! 株元から10節目まで全部脇芽を欠いてしまっった。
「多分それが原因だね」
帰ってからもう一度タネ袋を確認すると、子づるの脇芽を欠く意味のようでした。
花芽も欠いてしまったようです(笑)
どうなることか。。。

キュウリがカラスに食べられたと話したら、ナスも食べるよとのこと。
ナスはやられた経験がなかったのでこれもオドロキ
カラスは何でも食べるんだ!


<お土産>

IMG_20170608_125029_convert_20170608150558.jpg
トマトが入ってました。
ハウスをのぞいたら赤いトマトが見えました。

キュウリは私の畑でも採れてるのでキュウちゃん漬けですね。

大根も入ってます、先日私の畑で初収穫の大根と同じくらいのサイズでした。
これからダイコン責めにあいそう・・・(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます