FC2ブログ

堆肥運び(援農ボランティア)

2017/03/23(木)
風も止んで春らしい陽気になりました。
今日は援農ブランティア、そろそろあの堆肥運びがあるのかな・・・。
農家の畑

やはり、作業は重労働のひとつである堆肥運びでした。
80m離れた畑へ一輪車で運びます。

20mの畝へ堆肥を18カ所に分けて落としていきます。
1畝当たり6回運ぶことになり、全部で6畝分運んだので36往復もしたことになる
のだが・・・、
距離にして5,760mも歩いたとは驚き! 

力作業でもあるし、いい運動になりました。
明日は腕の筋肉痛になること間違いなしです(笑)

堆肥は2年前の落ち葉堆肥でした。
年末に落ち葉を積み上げたところから運んだので、こんな早く堆肥にはならないよねと
ボランティア同士で話をしてました。
やはりその前の年の堆肥が少し残っていたようです。

奥深く堆積された堆肥から湯気が出てきました。
温度も高いようで、中からカブトムシの幼虫も出てきました!!!
巨大な幼虫が次々に出現するのにはびっくりです。

中には孵化しかけたカブトムシも現われてたのには驚きでした。
バケツの中に捕獲しておきました。


<休憩時の話題>

おかみさん手作りのおはぎをご馳走になりました。
むかしは、田舎のお袋もお彼岸によく作ってました。
懐かしくいただきました。

捕獲したカブトムシの幼虫はどうするのか聞くと、「また堆肥の中に戻してやるよ・・・」
おかみさんが「夏になったら茶の間に飛んでくるんだから。。。」

近年はカブトムシが大量発生しているようで、昔のようなカブトムシ人気はなくなった
ようだと話されてました。

東京ウドの話になり・・・、
ウドにもいろいろな品種があるそうで、「東京ウド」はこの地区だけの品種だそうです。
芽株は群馬県赤城山の麓で依頼栽培しているのだそうですが、むかしイノシシの被害に
遭って委託農家さんが違う種を蒔いたらしく、固くて売り物にならなかったことも
あったそうです。


<お土産>

IMG_20170323_143511_convert_20170323154439.jpg

ホウレン草と長ネギでした。
掘ったばかりの新鮮な野菜です。

ほうれん草はハウスの中で栽培してました。
畑はほとんど収穫済みで、夏野菜に向けての準備期間のようです。

今日は疲れた!
ぐっすり眠れます・・・(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます