FC2ブログ

今年最後の援農ボランティア

2016/12/22(木)
朝から曇り空、天気予報では夕方から雨になるだろうとのこと・・・、
たぶん今日が今年最後になる援農ボランティアだろうと、農家さんへ向かいました。
農家の畑

1週間前に6mほど積み上げた落ち葉堆肥が、今は半分の3mほどに沈んでました。
あれから2回運んでさらに積んだそうです。

今日の作業はムロ栽培のウドの根株を掘り出すことからでした。
今夜からまとまった雨になるとのことで、その前に掘り出しておくようでした。

茨城から運んできた根株は畑に埋められてます。
ムロが空いたら次々に掘り出して、次の栽培へとムロの中へ植え付けていきます。

3人のボランティアが一人100株掘り出すとのことでスタート。
数を数えながら。多くても少なくてもダメです。
何度も数え直しながら・・・(笑)

これもけっこう肉体労働です。
土の中に埋もれてる大きな根株を引っぱり出さなくてはいけません。
泥だらけになりながら1時間もかからずに終わりました。

次はいつもの里芋の皮むきでした。
里芋は正月のおせち料理にも使うので、年末にかけての人気商品です。

休憩はさんで、黙々と作業してると雨がポツリポツリと・・・。
天気予報では夕方からのはずが、昼前から降ってきました。
終わりに近づいたら、ご主人が来て「先ほど掘り出したウドの根株を運ぶから」と
先ほどの畑へ戻って、軽トラの荷台へ放り投げるようにと。。。

雨が降ってきたので急遽運ぶことになったようです。
雨は本降りになってきました。

少し早めに上がることになり、
例年のことですが、年末に初出荷するウドを北海道の妹のところへ送ってもらう
手続きをして、今年最後の仕事は終わりになりました。


<休憩時の話題>

お茶うけにカボチャが出ました。
見ると、ジャガイモくらいな赤い形をしてたのでおはぎかなと思いました(笑)
聞くと、「鳴門金時」だそうで、たしか先月にもいただいたような・・・。
口に入れると甘くとろけるほどの柔らかいカボチャです。

カボチャの話が続き・・・、
今は紅あづまが主流だが、むかしは色んなカボチャを作っていたそうで、
カンロク(関六)とかカンパチ(関八)などというサツマがあったそうです。

それではカンナナ(環七)というのもあったのですか・・・???
関東の人ならご存知かと思いますが、環七とは環状七号線のことです。
六と八があるから七もあったのではとのご主人の回答でした(笑)

子どもの頃、サツマイモを粉状にして団子にして食べたものだとのこと、
私の北海道ではサツマイモが採れなかったので、ジャガイモを団子にして食べたものです。

戦後の食糧難の時は、サツマイモはでかけりゃいい時代だったが、今はでかけりゃいい
というもんでもないようです。


<お土産>

IMG_2282_convert_20161222150257.jpg
キャベツが小さいのではなく、人参が特大なのですよ。
この人参にはかなわない、どうしてこんな人参が出来るのだろう・・・(笑)

その他に、アサヒスーパドライロング缶を半ダースいただき、今年一年ご苦労さまでした
で仕事納めになりました。

2月末頃まで冬休みに入ります。
また体が鈍ってしまう、ジムに通わなくては・・・(笑)

今晩はいただいたビールで一人乾杯!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます