FC2ブログ

保存里芋の取り出し(援農ボランティア)

2016/03/31(木)
今日は朝からいい天気で絶好の花見日和でした。
足踏みしていた桜もやっと満開のようです。

先週は雨で中止となった援農ボランティアへ2週間ぶりに行って
きました。
農家の畑

12/2に土の中に埋めた里芋を掘り出す作業でした。

1メートルくらいの穴に3段重ねで沢山の根株が埋められてます。
上の土をどかしてからご主人が穴の根株を掘り出します。
上でボランティア二人が根株をバラして、土を落としてからリヤ
カーに積んでいきます。

いっぱいになったらハウスまで運んで・・・。
5往復くらいしたでしょうか、大量の里芋が掘り出されました。

親芋は角のような大きな芽を出してました。
ご主人曰く、「あまり大きな芽が出たのは種芋にできない・・・」
素人考えだと、芽が出た種芋の方が良さそうに見えるのですが、
小さな芽の方が良いみたいです。

ハウスに運んだ里芋の品種は8種類もありました。
この中から種芋として使えるのを選別するのだそうです。
だいたい使えるのは半分以下になるそうです。

里芋の植付けは毎年ボランティアの作業ですが、たしかに立派な
種芋でした。

掘り出した穴を埋める作業もしました。
スコップで土を埋めていくのですが、これも結構な力作業なので
ヒィーヒィー言いながら休み休みでした(笑)

里芋と一緒に埋めていた生姜
IMG_1592_convert_20160331145154.jpg
畑に植えてみるといいよといただきました。
また楽しみがひとつ増えました。


<休憩時の話題>

里芋の種芋はどんなのが良いのか聞いてみました。
「芽が少し出た子芋、孫芋なら一番いいよ、親芋でもできるけど
収穫が少ないので種芋としては使わない・・・」
それとサイズは関係ないそうです。

そこで、秋にもらった里芋を食べないで残してあるのだけど、市民
農園で植えてみようと思ってると話したら・・・、
どうやって保存してたのと聞かれたので、
「新聞紙に包んで暖房のない部屋に置いていた・・・」
それなら大丈夫そうなので、植えてみると良いよとのお墨付きをい
ただいた(笑)


<お土産>

IMG_1591_convert_20160331145145.jpg
ネギとのらぼう菜でした。

のらぼう菜の比較
IMG_1594_convert_20160331145205.jpg
右が私の畑で採れたのらぼう菜です
明らかに太いでしょう!

品種が違うので、それはそれでいいのだそうです(笑)


<追記>

帰り道の公園で桜が満開でした
160331_121155_convert_20160331145134.jpg
ポカポカ陽気のなか、家族連れが桜の木の下で弁当を食べてました。
私もお腹が空いた・・・、帰ろうとするか(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます