FC2ブログ

小玉スイカ栽培の愚察(まとめ)

2015/02/19(木)
4日間に渡って季節外れの小玉スイカの栽培記録を報告してきましたが、
市民農園と第二菜園での栽培を比較しながら、今年の栽培プランについて
まとめてみました。


<定植時期>

市民農園と第二菜園での大きな違いは苗の定植時期でした。

市民農園・・・4月28日(赤てまり2株、HCで購入)

第二菜園・・・6月1日(紅こだま4株、JAで購入)

収穫量から言えば第二菜園の方が圧倒的に多かった。
結実が多かった時期は、気温が上がって来た梅雨明け間近だったことから、
定植時期は5月末~6月上旬の方が良いみたいです。

わざわざ早く植えて、寒さ避けの行燈仕立てをするまでもないかなと思い
ました。

梅雨明けに雌花が出てきて次々に結実させた方が、収穫量が増えるという
ことが第二菜園の栽培で分かりました。

5月に収穫のエンドウやそら豆を撤収した後でも十分間に合います。

但しその頃に苗が売ってないことも考えられる・・・、
HCの販売は早いですから注意しましょう。
私はJAで購入しましたが、ここが確実のようです。


<人工授粉は必要か>

スイカ栽培で思ったことは、受粉の適期があると言うこと・・・、
梅雨の時期に人工授粉しても雨で流されて失敗することが多いようです。

授粉はそれほど心配いりません、虫たちが勝手にやってくれます。
最初の親ヅルの摘心だけやって、あとは放任でも育ちます。
人工授粉はしないよりした方が良いか・・・???
したのがダメで、しないのが勝手に結実したという皮肉な結果もありま
した。
マァ~ 私は楽しみの一つでもありますから。。。(笑)
140617_080550_convert_20150219131915.jpg


<結論>

以下は市民農園と第二菜園の栽培を比較しながら判断した結果です。


・定植時期は5月末~6月初が適期(関東の場合)

・梅雨で天候不順の場合は人工授粉してもなかなか結実しない。

・梅雨明け間近で気温も30℃近くまで上がってくると、人工授粉しなくて
 も次々に結実する。

・スイカ栽培は天候に大きく左右される、天候不順だと不作になる。


サァ~ 今年もがんばるぞ!!!
140813_094902_convert_20150219131926.jpg

<追記>

家庭菜園を始めた4年前にはスイカを空中栽培して、みごとに失敗しました。
原因は台風なのですが、けっこう手間がかかって収穫ゼロだったために、
もう二度と作らないと決めてたはずなのですが・・・。

やはりスイカの魅力には負けてしまい、今度は地這栽培でやってみましたら
それが見事に当たりました!!!(笑)

ミニ菜園でもできるのだと自信を持ったわけです。
同じようにスイカに興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。
成功を祈ってます!


長いことスイカ話にお付き合いいただきありがとうございました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます