FC2ブログ

冬越し野菜(群馬の相棒)

2015/02/11(水)
今朝は氷点下の寒い朝でしたが、日中は12℃にもなって3月初旬の
陽気になるそうです。


この時期、秋に種蒔いて畑に定植した後は、じっと冬の寒さに当たっ
て春を待つ野菜がいます。
冬越し野菜のエンドウ豆とそら豆です。

その冬越し野菜のエンドウ豆とそら豆の状態を報告します。
今日も群馬の相棒の畑です。


エンドウ豆
018_23繧ィ繝ウ繝峨え雎・convert_20150211131157
去年に自家採種した種からここまで育ったとのことです。
ホントに種なんか買うことないね(笑)

エンドウ豆はマメ類の仲間では寒さに強くて、生育適温は15~20℃の
低温を好むそうです。

タネまきが早かったばかりに、株が大きくなって冬越しさせると、
寒さで傷みやすくなって春になる前に枯れてしまいます。

小さな株で冬を越させるように、タネまき時期に注意が必要です。
あせってはいけません!(笑)

寒さに強いとは言っても、防寒対策は不可欠ですね。
相棒はトンネル掛けてやってますが、霜対策にもなるでしょう。



そら豆
019_24縺昴i雎・convert_20150211131214
この種は私の市民農園で作っていたそら豆の種を拾って、譲ったもの
です。どうせ畑を返さなくてはならなかったもので・・・。

立派に育ってるようですね。
霜焼けが一部見られますが、この程度は許容範囲ですね(笑)


そら豆の種取りは簡単です。
収穫が遅れたというか、消費が付いていけなくて放っておいたら
鞘の中の豆が真っ黒になって出てくるのです。
それを取っておけばいいわけです、簡単でしょう(笑)


スーパの野菜売り場にはもう鹿児島産のそら豆が出てますね。
鹿児島県の中で最もそらまめを生産しているのは指宿だそうです。
関東は5月に入ってから収穫時期を迎えるので、九州の野菜は早い!
スーパには九州産でいっぱいです。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます