FC2ブログ

堆肥運びと散らし作業(援農ボランティア)

2014/09/04(木)
今朝は曇り空で午前中は26℃くらいで、農作業にはもってこいの天気でした。
昨夜は遅くまで昔の会社仲間と飲んだもので、少々二日酔い気味です。
今日も草取りかなァーと思いながら、ボランティア農家へ向かいました。
収穫野菜

予想が外れ、農作業で一番重労働の「堆肥運び」でした(笑)
堆肥の場所から一輪車で60m程の距離を運び、これから耕す畑に堆肥を万遍
なく落としていきます。
ご主人から「重たいので、休みながらやってください!」

18回往復しましたので、120m×18回=2160m
一輪車を押して2km強歩いたことになります。
それも行きはずっしり重く、戻りは軽くてもしまいの方ではフラフラ状態。
二日酔いもどこかへ飛んで行ったようです(笑)

堆肥は先の雨降りで、かなり水分を含んでいたのでいつもの倍の重さに感じる
のでした。

以前は運ぶだけで済んだのですが、今回は畑全体に散らす作業がありました。
堆肥が固まって大きな団子状態になってるのを、鍬の頭で叩いて崩すのですが、
これまた力の要る作業。
全体に散らしても少ないところにはまた運んで来て、隅々まで堆肥を撒きます。

この作業を休憩はさんで3時間やりました。
いったいこの畑には何を植えるのか・・・???
ジャガイモかニンジンだったら丁度いい広さのようです。
これだけ広い畑だと、私の市民農園で悩んでるようなことは無いのだろうナァ~

12時の30分程前で終わり、道具を片付けているとご主人が来て、
「今日は重労働だったのでこれで終わりにしましょう」
草取りとでも言われたら・・・、
二日酔いがぶり返します(笑)


<休憩時の話題>

ボランティア仲間のひとりが先日、自分の畑に白菜の種を蒔いたと話したところ、
遅すぎるとのことでした。
農家で育ててる白菜は、現在トレー苗が大きくなってきています。
もう時期、定植かと思われます。
去年は余った苗を好きなだけ持って行っていいよと言われ、自分の畑に定植しま
した。 今年も余るかナァ~(笑)

昨日、市の健康診断に行ったことを話すと、なぜかがん保険の話に展開して、
この年になると、みなさん自分の健康にも注意しているようです。
私もがん保険に入っていて良かったと言う人を何人か知ってます。
3人に一人がガンで亡くなる時代です。
周りに迷惑かけないためにも、自分の体のことは自分で管理したいものです。


<お土産>

140904_143157_convert_20140904155739.jpg
だんだん夏野菜の収穫が少なくなってきているようです。
いただくナスはいつもLサイズです。
赤いピーマン・・・???
たぶん収穫遅れですね(笑)
でも美味しいのですよ!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます