FC2ブログ

春夏野菜の選択(第二菜園)

2014/02/18(火)
2週間前に逆さ富士を撮りに行ってきた河口湖町で、今回の大雪によりホテルの宿泊客・従業員
100名以上が、ライフラインがストップして孤立するという痛ましいニュースがありました。
あちこちで車が立ち往生して、大雪の後遺症が発生してます。
野菜農家でも収穫ができず、大打撃を被っているとのことです。


グループ菜園(第二菜園)の春夏野菜の栽培プランを検討する時期になりました。
昨年の結果を踏まえて、何を作るかメンバーから希望を出してもらい決めたいと思います。

そこで、以下の表を作りました。(クリックすると大きくなります)
野菜候補

各自のベスト8を出してもらい、人気のある野菜から畑へ展開していきます。
一つ問題が出てきました。

冬越しの春野菜が多いため、畑の1/3は殆どが6月以降の植え付けになってしまうことです。
5月植え付けが多い夏野菜としては悩みどころです(笑)

昨年は前のグループが何を栽培していたかなんて分からない状態からでしたので、好きなように
プランを練れましたが、今年はそうもいきません(笑)
そうです、連作障害を考えてレイアウトを決めなくてはいけません。

60㎡しかない畑なので、何でもかんでも植えるわけにはいきません。
グループ菜園を経験して思うのは・・・、

・収穫量が望める野菜を作る(収穫の喜びが一番!)
  → たくさんのお土産(お土産が無ければ、栽培意欲も減りますよね)

・難易度の高い野菜は避ける(達成感を味わう!)
  → 苦労した割に収穫なし(結果が伴わないのでは、やる気が削がれる)

・珍しい品種には手を出さない(目新しい物より、先ずは堅実な物から)
  → 生育が遅かったり、期待外れが多い(管理がよく分からないと、放任になってしまう)


市との契約で、今年の12月末には畑を返さなくてはいけません。
最後に、「収穫の喜びを味わえる野菜」を作ってみませんか!


先ずは野菜の選択から開始します。

<一言>
主担当にされるからと、超簡単な野菜にしようなんて思わないでくださいよ(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます