FC2ブログ

援農ボランティアの4回目

2013/04/26(金)
昨日行ったボランティアの報告です。

露地栽培用トマトの定植を行いました。 
トマト

大き目のポットに植えられたトマトの苗が、保温用のビニールで囲まれた
中に大量にありました。
そこから1個ずつ取り出して、大きいポリバケツの中へ入れてたっぷり水
を浸み込ませる前作業があり、空気の泡が出なくなるまでなので、
1分間ほどもかかり、50本ばかりやってると完全に腰に来ました(笑)
畑へ定植した後は水まきしない(遠くてできない)ので、このような方法を
取るようです。 これにはたっぷり2時間もかかりました。 

この後、自転車に乗って少し離れた畑へ行って植え込み作業となり、
畑の約3畝に200本近い苗を植えつけました。
農家では包丁でマルチの穴あけをやるのです、市民農園でやると多分通報
されてしまいますよね(笑)
苗はもうすでに50cm程大きくなっっており、従って根っこも大きいので
大きな穴を手で掘らなければならず大変でした
接ぎ木苗なので、上手くつながってないのもあり、下手に持つとつなぎ目で
折れてしまうので注意が必要です。1本やってしまった(笑)
その後に不織布でトンネルをかけて終わり。 
苗はまだ沢山残っていましたが、今日はここまで(ヤァ~疲れた)

メロン栽培の畝を見せてもらいました。
まだ定植していませんが、メロンは左右に蔓を伸ばすそうで広いスペースを
取っていました。
私の市民農園では手前にしか伸ばさないですが、狭いのでしょうがないですよね(笑)
休憩時に接ぎ木の台木はなにかと聞いたら、トマトはトマトの原木だそうで、
キュウリは同じウリ科のカボチャで、ナスはまた違うそう、同じ科の野菜を
使うそうです。
全部カボチャかと思っていました、勉強になりました。



今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます