有機質肥料の鶏糞について

2017/03/27(月)
昨日からの雨がまだ残ってます。
千葉の成田の方では雪が降ってるそうで、とにかく寒い冬に逆戻りです。

桜の開花が足ふみしてますが、明日から天気が回復して気温も上がり今週末はお花見が
できそうです。

昨日の大相撲千秋楽は久し振りに感動しました。
負傷してる稀勢の里が、2連勝もして逆転優勝するとは誰しも思ってなかったのに・・・、
スゴイ!!!のひとことです。


さて、今日は肥料について学習することにしました。

無農薬栽培には有機質肥料が欠かせません。
私が主に使ってるのは発酵鶏糞です。
家畜ふんはその他に牛糞、馬糞、豚糞などが使われてます。
肥料成分が多い順に、鶏糞→豚糞→牛糞→馬糞のようで、特に鶏糞には養分が多いと
されてます。

家畜糞を使うときに注意したいのは、発酵が済んでる完熟したものを使うことです。
単に乾燥しただけの糞を使うと、土中で増殖しやすい微生物に独占され、急激に分解が
進みアンモニアガスを発生するのだそうです。
その結果、作物に障害が出たりして悪影響を及ぼします。

鶏糞を使う時は完熟したものを使うことですね。
完熟したものは悪臭はありません。
臭いを嗅いでみることです(笑)

養分に富んでいてバランスも良いみたいです
窒素     3.0
リン酸    4.5
カリウム   2.5
カルシウム  4.2~9.0
マグネシウム 1.1~1.8

窒素分は比較的効きが早いので野菜は大きく育つのですが、施し過ぎると病虫害に
あいやすくなるのだそうです。

アブラムシが大発生したことがあります。
肥料は多ければ良いというものではなく、加減して与えましょう。

窒素分の多い畑にすると、アブラムシが寄って集って悲惨な目に遭います。
私は身を持って体験しました。

大根のアブラムシ被害
151103_102434_convert_20170327102233.jpg
もう二度と見たくありませんね(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

次に撤収するのはどれかな・・・。

2016/08/28(日)
昨日は雨が降ったり止んだりでしたが、今日も同じような天気です。
日差しがなく気温も25℃にもいかないヒンヤリした一日でした。
夏ではないようです。

そんな中、畑では夏野菜が次々に撤収にかかってます。

先日の台風で傾いたモロッコ
160821_091132_convert_20160828140358.jpg
葉がいっぱい繁ってるのですが、なかなか莢が大きくなってくれません。

ブロ友から夏は無理だよとの助言がありました。
インゲンは暑さに弱いのですね。

播種の時期を間違えたようです(笑)

今度のUターン台風が過ぎ去ったら撤収にかかりたいと思います。


キュウリの赤ちゃん
160821_091314_convert_20160828140405.jpg
これを見て、撤収に踏み込めないのです。
でも、4日経っても大きくなりません(笑)

これも撤収ですね。


トマトの株間に植えたバジル
160816_085529_convert_20160828140350.jpg
収穫してないので伸び放題です。

これはトマトが終わるまでそのままにします。
うちはバジルを食べる習慣がないのです(笑)


落花生なんですが・・・、
160821_091632_convert_20160828140412.jpg
これは撤収の対象でなく、これからの野菜です。
タネ袋には地域限定 落花生としか書いてないのです。
生産地は千葉県ではなく、お隣の茨城県でした。

蔓が広がらない立ち性品種のようです。
初めから分かっていたら株間をもっと狭く取れば良かったかな。
上に伸びていくので支柱を立てました。


さて市民農園も、そろそろ秋に向かいます。

もう諦めた方もいるようです。
160821_094859_convert_20160828140428.jpg
区画内は草ボウボウです。

全くの初心者がやり始めて、上手くいかなかったのでしょうか、
もう投げやりです(笑)


一番困るのは
160821_094842_convert_20160828140421.jpg
共有通路の草取りをしない方です。
自分の区画と隣接したところは草取りするのがルールなのですが、
完全に忘れてますね(笑)

野菜づくりの難しさを知って、途中で投げ出す人がちらほら見かける
ようになってきました。

あと半年、ガンバってね!(笑)


<追記>

昨夜行ってきた「高円寺阿波踊り」
IMG_2074_convert_20160828140435.jpg
あいにくの天気で、雨の中でしたが、ヤットサ~の掛け声が夏の終わりを
告げてました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

たまにゃ自分の畑も草取り

2016/08/13(土)
薄曇りの天気、きょうも猛暑は一休みのようです。


市民農園も区画によってきれいにしているところ、草がボウボウなところが目立つ
ようになってきました。

今の時期、農家さんのボランティア作業ではほとんどが草取りなのです。
たまにゃ自分の畑もやらなきゃ~と、頑張ってきました。


私の区画とお隣との境界
160812_090603_1_convert_20160813133219.jpg
どうしても区画の端っこに草が目立ちます。
それにしても生やし過ぎですね。


草を引き抜く
160812_091056_2_convert_20160813133228.jpg
雑草でないものも引き抜いたようです。
確かここにネギニラを植えていた。。。(笑)


共有通路も草取り
160812_093229_3_convert_20160813133236.jpg
ネギのところに先ほどのネギニラを移植してあげました。


区画内では・・・、
160812_090543_4_convert_20160813133211.jpg
ニンジンとスイカの畝間にも草が生えてました。

ニンジン畝には生えてません、日頃の手入れが行き届いてますよ。
ニンジンの葉っぱの小さなうちは草と区別がつきづらいですから・・・(笑)

きれいに抜きました
160812_095437_5_convert_20160813133300.jpg
やはり通路がきれいだと、スッキリしますね。


今度は反対側の共有通路との境界
160812_090523_6_convert_20160813133201.jpg
こういうところに雑草の種が集まるようですね。

ここもきれいに!
160812_095415_7_convert_20160813133253.jpg
スッキリしました。

この幅広い共有通路には草がボウボウ
160812_095019_8_convert_20160813133246.jpg
私の区画に面したところはきれいにしました。
奥のボウボウな草はお隣の領域です(笑)
除草シートが敷かれてあるのに、草は生えてくるのですね。


きれいな畑によみがえりました
160812_095519=9_convert_20160813133307.jpg
畑がきれいだと、野菜づくりにも手抜きができなくなります(笑)

この畑のお世話をするのもあと5ヶ月半しか残っておりません。。。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます