FC2ブログ

スナップエンドウとスナックエンドウの違い?

2021/02/22(月)
きょうも昨日より気温が上がって22℃にもなるそうです。
春本番を待たずして初夏の陽気のようですね。
しかし週の半ばには、平年並みの気温(10℃)に戻るようです。


この野菜は何と呼びますか?
IMG_20210218_175626_convert_20210222102210.jpg
スナップエンドウと呼んだり、スナックエンドウだったりしてややこしいですよね。
どちらが正しいのか、暇に任せて調べてみました(笑)

結論から言いますと、どちらも同じ品種であり、正式名称は「スナップエンドウ」でした。

どうして二つの名前が出てきたのか調べると、おもしろいことが分かりました!


スナップエンドウは1970年代にアメリカよりやって来た品種だそうです。
日本では一部の販売会社が「スナックエンドウ」の名前で販売したようです。

スナックエンドウと呼んだ方が、お菓子感覚で食べられることから付けられたと言われてます。
また、「スナップ」よりも「スナック」の方が日本人に馴染みやすいという説のようですね。

実際、サカタのタネでは現在も「スナックエンドウ」の名前で種が売られてます
13000005_01_convert_20210222102703.jpg

*サカタのタネオンラインショップより


スナップエンドウの種を買いに行って、スナックエンドウとは?・・・疑問に思った方もおられる
のではないでしょうか。。。

アメリカから来たえんどう豆は「スナップ」、日本に来てから「スナック」では混乱を招きかね
ないということで、後に「正式名称はスナップエンドウ」と定義されることになったようですね。


むかしの歌でパープル・シャドウズの「小さなスナック」っていう曲がありましたね。
私の世代ではスナックと言えば、この歌のスナックを連想しますね(笑)


<まとめ>

①スナップエンドウ、スナックエンドウのどちらで呼んでも問題ない

②正式名称はスナップエンドウである

③スナックエンドウは、スナップエンドウの方言のようなもの

さてあなたの地域ではどちらの名前で呼んでますか?
冒頭の写真は、スーパで買ったものですが、スナップエンドウでした。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

栽培野菜の第2位: ツタンカーメン♪ (畑のジッチ)

2021/02/03(水)
***去年栽培した野菜の中でベスト3を選ぶとしたら何か***

本来ならば、きょうは茨城の相棒の番なのですが、スマホで撮った写真を消してしまった
とのことで、残念ながら今回の企画はパスすることになりました。

きょうは畑のジッチの第2位を発表します。

第2位は初めて栽培した「ツタンカーメン」です。

菜園仲間から貴重なツタンカーメンの種を頂いたので、2年前の11/9に直播しました。
エンドウ豆と同じような栽培でいいとのことで、絹さやと同じ時期に蒔きました。


無事に越冬して、翌年3月にきれいな花を咲かせました!
IMG_20200501_104831_convert_20210203085353.jpg
紅花絹さやと間違えるほど殆ど同じです。
どんな豆ができるのか・・・、ピンクの花は期待に大きくふくらみました!

3月下旬になって、花も満開で小さな莢も誕生しました。
IMG_20200406_100116_convert_20200407101410_202102030858442e1.jpg
赤紫色の莢にビックリ!!!


4月下旬になって、待ちに待った初収穫を迎えました。
IMG_20200421_094740_convert_20210203085333.jpg
豆を頂くので、莢が膨らむのを待ちました。
絹さやも一緒に栽培してましたが、絹さやは膨らむ前に収穫、ツタンカーメンは膨ら
んでからです(笑)


莢から豆を取り出して・・・、
IMG_20200501_193218_convert_20210203085442.jpg
ツタンカーメンの莢は食べれられません(笑)
豆だけ取り出して頂くのです。


豆ごはんにして頂きます!
IMG_20200503_062620_convert_20210203085455.jpg
赤飯みたいでしょ。。。

1本の莢を炊飯器に一緒に入れて炊くと、薄っすら赤いご飯になるよと言われたので
やってみました。

みごとに赤い豆ごはんができました!

不思議なエジプトのエンドウ豆でした。


予告:種を群馬の相棒に上げましたので、今年は相棒の畑で立派に育つことでしょう!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

絹さやエンドウの撤収

2020/05/24(日)
久しぶりに朝から日差しが差し込むいい天気でした。

絹さやエンドウの撤収をやらないと、次の野菜が植えられない!
朝早くから畑へ出かけました。


絹さやはいっぱい頂くことができました。
IMG_20200522_102604_convert_20200524133246.jpg
大豊作でした!


もう終わりですね。
IMG_20200522_102532_convert_20200524133236.jpg

IMG_20200522_102502_convert_20200524133224.jpg
パンパンに膨らんだ莢


うどんこ病が出てきました!
IMG_20200522_102638_convert_20200524133255.jpg
完全にThe END


最後の収穫
IMG_20200522_102712_convert_20200524133305.jpg
楽しませてくれて、ありがとさん!!!


サァー 撤去ですョ~
IMG_20200524_092615_convert_20200524133315.jpg
ネット張りは難しいですが、片づけは簡単です(笑)


スコップで耕運して・・・、
IMG_20200524_104325_convert_20200524133326.jpg
堆肥を入れようとするが、見当たらない、切らしたようです。
買ってこなくては。。。

ここには里芋と落花生を植える予定です。
農園の他の区画では里芋の植付は終わって、芽が出てきてます。

農家さんから「5月末までに植えればいいですよ・・・」と聞いてました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

一週間ぶりに畑へ行くと、ツタンカーメンが枯れていた!!!

2020/05/22(金)
雨降りが多かったもので、やっと1週間ぶりに畑へ行ってきました。
雨が止んでも、曇り空で日差しがなく、明日もまた雨予報です。


ななな何と~、ツタンカーメンが枯れてました!
IMG_20200522_085020_convert_20200522115801.jpg

パンパンになった莢がたくさん採れると期待して行ったのですが・・・。
IMG_20200522_085048_convert_20200522115812.jpg

IMG_20200522_085124_convert_20200522115822.jpg

たしかにパンパンになってましたが、カビが発生してました。
ウドンコ病かな。。。


このカビは人体に影響ないそうなので、最後の収穫です。
IMG_20200522_100000_convert_20200522115853.jpg
豆ご飯がたくさん食べられるぞ!
最近、コロナ太りになってきた感じです(笑)


サァー、撤去
IMG_20200522_093202_convert_20200522115833.jpg
本当は、絹さやの方の撤去が先かと思ってましたが、とんだ番狂わせななりました。


撤収跡は・・・、
IMG_20200522_095853_convert_20200522115842.jpg
手前のメロンの蔓を伸ばしていきます。
メロンの本葉も大きくなってきて、そろそろ摘芯してあげなくてはいけませんね。

きょうはホントに久し振りの畑作業でした。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ツタンカーメンの豆ご飯を満腹食べてます!

2020/05/20(水)
きょうも朝方まで小雨が降ってました。
最近は雨の日が多くて、畑の作業が捗りません!
気温も低く、梅雨入りしたような天気が続いております。


一週間前の話になりますが・・・、

ツタンカーメンの収穫が続いてます。
IMG_20200510_110325_convert_20200520120614.jpg
赤い莢がたくさん!
緑色に変色してきて、中の豆が膨らんで来たら収穫です。


たくさん採って帰りました。
IMG_20200510_122744_convert_20200520120625.jpg
豆を取り出して、3回目の豆ご飯です。


ご飯が赤くなってきてます。
IMG_20200511_072659_convert_20200520120636.jpg
夜中に起きて、暗い中で撮りました。
明るいところで撮ると、赤い色がきれいに出ないのです。

朝ごはんで頂きました。
ホントに赤飯を食べてるようですよ。

炊飯器で炊きあがったばかりでは、この色は出ませんので、夜炊いて朝ごはんで
頂いてます。


北海道の妹へツタンカーメンを送ったところ、赤くなるのが待ちきれずに食べて
しまったそうです(笑)
山うどを送ってもらったのですが、東京ウドの軟白うどは全く違いますね。
IMG_20200520_090223_convert_20200520120645.jpg
山菜の春の香りが強く、むかし田舎で食べた時のあの味を思い出しました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます