群馬の相棒もお茶の木の剪定だった

2017/03/11(土)
朝から日が射して快晴なのですが、北風が吹いて寒く感じます。

きょうも昨日からの筋肉痛が治らず痛い目にあってます。
少しずつ家の周りを歩きだしましたが、しゃがんだりすることができず不便さが解消でき
ません(笑)


2日前の援農ボランティアの記事を読んだ群馬の相棒から、自分もお茶の枝切やったよ〜と
写真を送ってきました。

私のは写真がなかったのでちょうどいいやと、早速アップします(笑)


ご近所のお茶栽培
CIG_IMG001_1.jpg
相棒のご近所で、昔からお茶の栽培をしるところがあるそうです。
ご主人が亡くなって、昨年は手が付けられずに伸び放題の状態だとか・・・。

友だちからの誘いで、「お茶摘みをやってみないか・・・」ということで話しにのった
そうです。

私が農家さんでやったのもこんな感じでした。

お茶の剪定
CIG_IMG002_1_201703111050183b7.jpg
先ずは伸びた枝切をやったそうです。
きれいに剪定できましたね。
家主の奥さんも切った枝運びを手伝ってくれました。

私がボランティア農家さんでやってたのは、去年までは上の方の枝切だけでしたが、
今年は株元からバッサリだったので、後から見ても何が植えてあったのか分からない
くらいでした。
茶摘みをするわけでもなく、垣根にするのが目的ですから。。。


家主の奥さんが・・・、
CIG_IMG003_1_20170311105019a33.jpg
きれいに剪定されたお茶の木を見て大変喜んでくれたそうです。

良いことした後には、私と同様に筋肉痛に悩まされたようですよ(笑)


夏も近づく八十八夜になったら、新芽を摘んで収穫を予定しているそうです。
楽しみが増えてよかったですね・・・。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

遠くの畑のようす その2(群馬の相棒)

2017/02/23(木)
恵の雨も降らなかったようです。
天気は曇り空ですが、午前中は南風が吹いて最高気温は17℃近くまで上がるようです。
寒暖差が激しい時期なので、体調には充分ご注意ください。


さて、群馬の相棒の遠くの畑(実際はそんなに遠くない)を紹介してますが、
きょうはその2回目になります。

畑に置いてある水瓶
CIG_IMG002_convert_20170223123022.jpg
遠くの畑では雨水を溜めるためにプラスチック容器を置いてるようです。
中身はカラカラだ!

群馬も雨が降ってないようで、畑がカラカラのようです。
遠くの畑は給水が大変なようですね。
たしかにおっくうになるのが分かる(笑)


かき菜の己生え(おのればえ)
CIG_IMG006_convert_20170223123049.jpg
自然落下した種から勝手に生えてきたようです。
水分不足で生長不足のようですが、寒さには強い野菜ですね。
もうじきグングン伸びてきて花を咲かせるでしょうと言ってますが、
お得意の自家採種でもするのかな・・・。


かき菜の鳥害
CIG_IMG005_convert_20170223123041.jpg
葉っぱを、鳥が食べているようです。
ムクドリが好きなブロッコリーなら、裸にされるところですね。
どおりで、ブロッコリーにトンネルしてるのだ。。。


己生えの大根
CIG_IMG010_convert_20170223123056.jpg
昨年の大根の種がバラまかれ不揃いの大根を収穫したようです。
己生えの野菜が多いね、そうかあまり管理してない畑のようですね(笑)


ハヤトウリのつるの山
CIG_IMG004_convert_20170223123033.jpg
昨年、大量に収穫したハヤトウリのつるを山にして積んでいたそうですが、
すっかり枯れた状態になってます。
よく見ると、上に犬の糞があったとか・・・、
写真を拡大してみると分かりました(笑)

野良犬がベットにでもしているのでしょうかね・・・???
鳥害はあるし、犬の糞までされてるとは、たまに見回りに行かないとね(笑)


イチゴ栽培
CIG_IMG012_convert_20170223123105.jpg
自宅裏の畑で昨年収穫したイチゴを、秋にここの畑へ移植したそうです。
何とか生きているようだとか・・・、
かろうじて分かりました(笑)

去年は畑一面にハヤトウリを栽培していたが、今年は何を栽培するのかな・・・。
広い畑を持つと、管理は大変なようだけど、色んなのが植えられていいですね。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

2回目のキムチが完成した!(群馬の相棒)

2017/02/18(土)
昨日とは打って変っていつもの冬に戻りました。
週間天気予報を見ると、最低気温が氷点下の日はなくなり、最高気温も10~15℃の
間で少しづつ春めいてきましたか。。。


さて、きょうは群馬の相棒が作った2回目のキムチができあがったようです。

4分割漬けのキムチ
CIG_IMG001_convert_20170218135111.jpg
2回目は唐辛子の種とワタを抜いたので、辛い中にも甘さを感じられる味になったようです。
・・・とは言ってはいるが、もっと朝鮮唐辛子の粉を入れても良かったかなア~だって・・・。
やはり辛いものが好きとみえる・・・(笑)


隠し味にアンチョビ
CIG_IMG002_convert_20170218135120.jpg
キムチには色々なものを入れてもいいいようですね。
それを薬念(ヤンニョム)と呼ぶんだそうですが・・・、

相棒は4分割漬けのキムチに唐辛子のほかに、以下の物を入れたようです。
リンゴ・大根・人参・ネギ・ニラ・ゴマ・ニンニク・生姜・シラス
そして、アミの塩辛の代わりにアンチョビを入れたそうです。

このアンチョビは、100均で売っていたので遊び感覚で入れてみたそうですよ
上手く出来たのか、奥さんが食べた感想を聞かせて欲しいね(笑)


カット漬けキムチ
CIG_IMG003_convert_20170218135129.jpg
カット漬けキムチには、アンチョビを入れず、蜂蜜を入れています。
なぜって・・・???
小学生のお孫さんが食べるからなんですよ。
旨い旨いと摘み食いしてたようです。


自宅裏の畑で栽培していた白菜は食べつくしたそうですが、自宅から離れた畑には
第二弾の白菜があるようです。

これが離れた畑の白菜です。
CIG_IMG005s_convert_20170218135146.jpg
アレッ! ここの白菜はちゃんとマルチしてるよ


3回目の準備に入りました!
CIG_IMG004_convert_20170218135137.jpg
2株採ってきて4分割、日干しさせます。

今度は本格的なキムチづくりに挑戦のようです。
ヤンニョムには煮干しの出汁で白玉粉を溶かしたキムチ糊に色々なものを入れ、
白菜に絡めるのが本格的な作り方のようです。

3回目はこのやり方で行くと意気込んでますが、だいぶ気温が上がってきたのが
気になるそうです。
これまでは冷蔵庫は使っていなかったそうです。

楽しそうなキムチづくり、いつかご馳走になってみたいものです(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

冬越し野菜の状況とらっきょう栽培(群馬の相棒)

2017/02/12(日)
西日本の記録的な大雪の峠は越えたようですが、まだ今日も注意が必要な地域があるようです。
東京は快晴で日が射してますが北風が吹いて寒いです。
北風が吹かなくなると春らしい天気になってくれるのでしょうが。。。


昨日のブログで群馬の相棒は、まだ納得いかない点があるとのこと・・・、
らっきょうの葉っぱは冬場でも枯れないのに、エシャロットとしてもらった株の地上部は
枯れてしまうのだが。。。

今年は株分けして、同時期に植えて比べてみるとのことです。
はたして、偽エシャロットは何なんでしょうか。
これも相棒からの畑だよりで、随時ブログで報告していきたいと思います。

さて、相棒の畑で冬越し真っ最中の野菜が頑張ってます。

かき菜
CIG_IMG006_convert_20170209142944_convert_20170212112520.jpg
春先に収穫となる野菜ですね。
私も去年は、相棒から種もらって作りましたが、かなり大きな株になるのですよね。

これと似たノラボウ菜は今年は植えなかったようです。
私が去年、この二つを比較しながら栽培してました。
兄弟ではないかと思えるくらい似てました。
食べても同じ味と食感なので、どちらかに絞っても良いですね(笑)

ノラボウ菜の種は使わなかったので残っているとのこと。
早速もらうことにしました。

紅花絹さや
CIG_IMG001_convert_20170212112448.jpg
風対策に菊(もってのほか)の枝を立てて防御しているそうです。

風や霜除けで笹を立てるのは見たことがあります。
菊の葉っぱは枯れてしまったのかな・・・(笑)


そら豆
CIG_IMG002_convert_20170212112458.jpg
早くもアブラーが寄ってきてるようです。
よっぽどそら豆が大好物なようですね(笑)
指で叩いて払ったそうですが、大発生にならないことを祈ります。


玉ねぎ(黄と紫)
CIG_IMG003_convert_20170212112506.jpg
順調に成長していると思います。油粕と苦土石灰を追肥したそうです。
相棒はマルチをしない派なんですよ、してもしなくても同じだって・・・(笑)


以下はラッキョウ栽培について、相棒が持論を述べます!

【ラッキョウは多年草で、何年も植えたままでも育つと思いますが、私は毎年収穫を
しています。

5~6月に収穫した大きい球をラッキョウに漬け、小さいのは種として残します。
1株から5~10球位に増えていますので、年を超すともっと増えていると思います。

種として残した種球(球根)は、8月にひと穴に2個づつ定植します。
肥料は鶏糞と苦土石灰です。
12月頃に土寄せをしながら、追肥(油粕)もしています。

2月頃に収穫すると、辛みが少なくエシャレットとして最適です。
高く土寄せをすると、食べれる部分が多くなりますよ。
CIMG8688_convert_20170212112529.jpg

そのまま大きくして6月に収穫したものを、ラッキョウ漬けにしました。
CIMG9720_convert_20170212112537.jpg

数年置いたラッキョウの株は、どうなるのか興味がありますね。】


私が昨日調べていたら、採らずに置いといたら球は増えるが小さくなると書いて
ありましたよ、らっきょうは3年目に採るのが美味しいとも書いてました。

たしかに相棒が言ってるように葉っぱは枯れないようですね。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ただ今、収獲中の冬野菜(群馬の相棒)

2017/02/09(木)
昨日の天気予報では朝起きたら雪かもと話してましたが、雨も雪も降ってませんでしたが
午後になって雪が舞ってきました。
ニュースで見ましたが、茨城の相棒が住んでるところはかなり降ってるようで積雪が
あるようです。

群馬はどうかな・・・、
きょうも相棒の収穫中の野菜たちを紹介します。

キャベツ
CIG_IMG004_convert_20170209142132.jpg
左右でシフト栽培しているようですよ。
左の第1弾はそろそろ終わりに近いですね。
今後は右の第2弾を収獲していくそうですが、まだ小さい第3弾もあるとのこと・・・、

これじゃ毎日の食卓にキャベツを欠かすことないね。
キャベツの大量消費って難しい。。。(笑)


わさび菜とルッコラ
CIG_IMG005_convert_20170209142142.jpg
どちらも、少しずつサラダで食べているそうです。
たまには肉も食べてよ(笑)


ホウレン草
CIG_IMG008_convert_20170209142158.jpg
品種の異なるホウレン草を2列で植えてるようです。
左側はサラダほうれん草、右側はアトラスほうれん草
これは食べくらべかな・・・(笑)


収穫したホウレン草
CIG_IMG007_convert_20170209142151.jpg
サラダほうれん草です。


ラッキョウ
CIG_IMG009_convert_20170209142206.jpg
半分はエシャレット(早取りラッキョウ)で収穫します。

早速、エシャレットの収穫
CIG_IMG010_convert_20170209142213.jpg
味噌付けて食べると美味しいのですよ
ビールのおつまみですけどね(笑)


ところで、前回紹介した写真で・・・、
CIG_IMG013_convert_20170206134640_20170209142532996.jpg
手前の枯れたのはラッキョウだと言ったら、「エシャロット」だよと返ってきました。
ここでまたエシャレットとエシャロットの紛らわしいはなしが復活!

エシャロットって本当に存在する野菜で、エシャレットに似ているけど、
フランスでは西洋料理の香味野菜として使われているのだそうです。

なんでそんな野菜が群馬にあるのか・・・、
聞くところによると、近所から株分けしてもらって3年目だそうですが、まだ一度も
口にしてないそうです。
多年草なので、春になるとまた新芽がでてくるのだと楽しみにしてるようです。

今年はそのエシャロットが見られるかな、
どんだけ似てるのだろうか、楽しみだ~(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

畑のジッチ

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で6年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます