FC2ブログ

サトイモの皮むき(援農ボランティア)

2019/09/19(木)
きょうは秋晴れのいい天気になるとの予報を聞いて、援農農家さんへ向かいました

援農ボランティア2


庭にコンティナ6箱と椅子が二つ並んでました。

もうサトイモの季節になったのだ!
そうです、これから年末にかけてサトイモの皮むきが始まるのです。

椅子に腰かけての作業なので、草取りよりは楽ちんです。

大きな親芋は包丁で切り取るのですが、それを見ていたご主人が「そんなに切ったら、
イモまで取ってしまうよ・・・」お手本を見せてもらいました。
鉛筆を削る要領で、先を尖らせて皮の部分だけ削り取るのが正解でした。
毎年やっても、また1年生からの始まりです(笑)

日差しが強くなってきて汗ばむようになったので、座る位置を変えて体は日陰になるように
しました。

休憩をはさんで、ご主人が「あっちの木の下でやるといいよ」と場所を変えて後半の作業
を開始しました。

先輩ボランティアに「ボランティアを始めて、今年で何年になりますか」と聞いてみたら、
16年だそうです!!!
私より10年も多い、大先輩です。

話しながらコンティナ2箱半の作業が終わりました。
天気予報通り秋晴れでした。
こんな青空を見るのは久しぶりのような気がします。


<休憩時の話題>

運転免許証の返納

先輩ボランティアが運転免許証を返納したそうで、なにか特典はあったのかと聞きましたら、
「市のコミュニティバスが無料になった」そうです。
バスはあまり乗らないのだそうですが、もらえるものはもらったそうです。

75歳以上になると認知機能検査があり、この結果により2時間又は3時間の高齢者講習を
受講しなければなりません。

万が一認知症の判定を受けると、運転免許証の停止/取消となってしまいます。
先輩ボランティアはこれが面倒くさいと言って返納したそうです。
もう運転はしてないそうですが、同年輩のご主人は仕事で軽トラ乗ってるので返納するわけには
いきませんね。

検査で16種類の絵を記憶し、何が描かれていたかを回答するのだそうですが、
「そんなたくさん覚えられるわけがない・・・」
今日の年月日、曜日も聞かれるそうですが、日にちや曜日なんて気にしなくなったので
当然出てこない!

話を聞いて、私も次の更新で返納しようと強く思うようになりました(笑)


<お土産>

IMG_20190919_132234_convert_20190919151708.jpg

生姜の匂いがプンプン!
今晩は葉生姜で一杯ですね。

皮むきしたサトイモも入れて頂きました。
自分の畑のサトイモはまだ早いでしょうね。。。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ブルーベリー畑の草取り (援農ボランティア)

2019/09/12(木)
昨日の夕方のゲリラ豪雨は凄かったです。
近くに雷落ちたような音がしました。。。

天気がなかなか安定しませんが、きょう一日は安定した天気のようです。
援農ボランティアの日なので、自転車でいつもの道を走りました。
援農ボランティア2


母屋に着くと、おかみさんが「きょうはブルーベリー畑の草取りをお願いします」

畑へ行くと、ブルーベリーの実は収穫後でした。
株元に落ちているのは、先日の台風で落ちたものと思われます。

4列の畝にブルーベリーの木が等間隔で植えられてます。
その株元と広い畝間に繁った草を引き抜いていきます。

草は小さくても全体に繁っているので、これゃ大変だ!
先輩ボランティアが「この畑の草取りが一番いやだね・・・」
取ってもとってもなかなか先に進まないのです。
昨日の雨の後なので、土が緩んでいて引き抜くにはちょうど良いのですが。。。

休憩になってもまだ2列の半分しか終わってませんでした。
これではきょうは終わらないね~ と先輩ボランティアと話しながら黙々と草取り・・・。

途中、急に日が差してきて汗ばんできました。
やはり1列残して時間となりました。
この後は明日のボランティアへ引き継ぎます!


<休憩時の話題>


台風被害がなかったですかと聞くと、「第3弾のキュウリが半分ほど支柱ごと倒れ、
根っこごと飛び出たのもあったよ・・・」

ネギ苗をもらって植えた私の畑で、ネギが強風で倒れてしまったと話したら・・・、
若主人が「折れてしまったら立ち上がらないが、そのまま育てても曲がりネギで収穫はできますよ。
起こして土寄せしてやると、新たな芽が出てきて真っ直ぐなネギが再生される」とのことでした。

若主人にサトイモについても聞いてみたところ・・・、
「サトイモの葉っぱが大きくても、イモは育ってないこともあるので、掘ってみないと分からない・・・」
とのこと。。。
イモの大きさは葉っぱの大きさに比例すると聞いていたのだが、そうとは限らないようです。
肥大する時期にどれだけの雨が降ったかなどが影響するのだそうです。

秋冬野菜の定植時期について聞いてみると・・・、
「もう遅いくらいで、今月の15日までに植えないと年内採りは難しくなりますよ」
エッッ! 「あと3日しかない!!!」


<お土産>

IMG_20190912_135209_convert_20190912141945.jpg


台風で倒れたキュウリも入れてもらいました。
サツマイモ「紅あずま」を掘ってみたようです。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ナス畑とワケネギ畑の草取り(援農ボランティア)

2019/09/05(木)
きょうは援農ボランティアの日です。
天気は曇り空で気温が低目なので、張り切って農家さんへ向かいました!

援農ボランティア2


きょうも草取りです。
この時期は草取りばかりです。
今週も先輩ボランティアはお休み、体調が悪くなければいいのですが。。。

先ずは遠くの畑にあるナス畑の草取りから。。。
3メートル近く伸びた2本仕立てのナスは、見事にナスの実をいっぱいぶら下げてました。
ご主人が収穫作業中、ナスのトンネルをくぐってきょうの作業を聞きました。

「ここのナス畑の草取りをお願いします」
畝間にはワラを敷いてあるので、それほどたくさんの草は生えてません。

「そこにある蚊取り線香を腰にぶら下げてやるといいよ~ 蚊が多いから・・・」
ナス畑は水撒きしているのでワラが湿気ってるし、伸びたナスの枝でトンネル状なため
日陰となり、蚊の住みかとしては絶好な場所のようです。

畝間は1メートルほどあり、中ほどにトゲのある大きな葉っぱがあちこちに飛び出してました。
これは何だ、 いつも見かける草ではないぞ!
葉っぱの形が台木(接木)から伸びてる葉っぱと同じだ!

後から聞いた話では、その台木から伸びた根っこが畝間の方に伸びてきて通路に顔を出す
のだそうです。
台木の野菜を聞いたら、聞いたことのない横文字の西洋の野菜のようです。
この元気な野菜で、病気から守っているようですね。
取った草は肥料袋にいっぱいになりました。 


休憩はさんで、次は母屋の方へ戻ってネギ畑の草取りでした。
広い畝間には除草剤を撒いたようで、「枯れてる草はそのままにして、生きてる草だけ取って
ください!」

よく見るとネギのようだがチョット違う、1ヶ所に何本も生えてました。
畝間が広いので草取りも楽ではないです。

昼近くになると、天気は曇りでも湿度が高いようで汗ばんできました。
そこにご主人がやって来て、「上がってください!」
畑の半分しかできませんでした。


<休憩時の話題>

ナスのジャムを挟んだサンドイッチを出していただきました。
どこにも見かけない自家製ナスのジャムなんですが、美味しかったです。

ネギ畑のネギの品種は何かと聞いてみました。
「ワケネギ」と言うのだそうです。 
初めて聞く品種でした。

分けつしながら成長する葉ネギで、1本植えたら10本以上のネギに増えるそうです。
今は多くて6本くらいの生長でした。

遠くの畑に白菜が植えられていたので、「白菜は直播きですか」と聞いてみると、
今は苗を作ってから定植だが、むかしは白菜も直播きしていたそうです。
一升瓶で植え穴をつくり10粒は種蒔いたそうです。
むかしから種は買っていたそうで、自家採種はやってないみたいですね。
野菜が化けると売り物にならないですから・・・。


<お土産>

IMG_20190905_141800_convert_20190905153147.jpg

ナスがたくさん!

またまたモロヘイヤをいただきました。
市民農園でももらっているし・・・、 これで夏の疲れを取りましょう!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

秋冬野菜畑の草取り(援農ボランティア)

2019/08/29(木)
夜中に雨が降っていたようですが、朝になると止んで日差しもありました。
天気予報では今日は真夏日の陽気になるとか。。。

暑くなるのを覚悟して、援農農家さんへ向かいました。
援農ボランティア2


若奥さんが出てきて、「きょうはキャベツ畑の草取りをお願いします。」
キャベツ畑へ行くと、真向いに同じような苗が定植されていた。
「こっちもですか?」「ハイ お願いします」

定植した苗をよく見ると、似ているがチョット違うようだ!

真向いの畑はブロッコリーでした。
キャベツ苗とブロッコリー苗はよく似ています。
見分けがつきますか・・・。

本日、先輩ボランティアはお休みだそうで炎天下のなかで一人作業かな。。。

もくもくと草とりしていると、ご主人がやってきて作業に加わりました。
畝間の後ろからやってきて、あっと言間に抜かれました。

ご主人の草取りを感心するのは、腰を折らずに前傾姿勢で前へ進むのです。
田植えの要領ですね。 足跡を見ると、ハの字がきれいに並んでます。
私が真似してみても、せいぜい3メートルほど進んだら腰を落としてしまいます(笑)

休憩をはさんで、今度は若奥さんと娘さんも参加です。
姿勢を見てみると、ご主人のようにはいかないようです。似た者同士でした。

キャベツ畑が終わって、今度は真向いのブロッコリー畑の草取りです。
草と言っても豪州有田草の発芽したばかりの草なので、厄介な作業でした。

お茶の差し入れが2回あり、水分補給しないと熱中症になりそうです。
予報通り、33℃の真夏日でした。



<休憩時の話題>

美味しいスイカをいただきました!
見た目も真っ赤に熟して、いかにも甘そうです・・・、

ひと口食べてみると、こんな美味しいスイカは今年初です!!!
3切れもいただきました。

北九州の豪雨被害の話になり・・・、
「ここは川も山もないので、大きな被害に遭うことはないが・・・」とご主人。
さらに、「むかし、排水管も整備されていなかったころ、雨があふれて畑が浸水したこともあったよ」
野菜は全部ダメだったようです。

トイレが水洗でなかったころの被害はひどかったようです。
畑に肥やしを撒いてた時代の話でした。
記事にするのはこのくらいにしておきます(笑)


<お土産>

IMG_20190829_145614_convert_20190829150752.jpg

モロヘイヤをいただきました。
今年は市民農園でもモロヘイヤをいただくことが多いです。

カボチャとオクラが入ってました。

ナスはいつまでも柔らかくて美味しいです。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

草取り1時間で終わってしまった!(援農ボランティア)

2019/08/22(木)
昨日は他の地域にゲリラ豪雨が出没したようです。
きょうも午前中は曇りで午後に雨マークでした。

農家さんの盆休み、猛暑などで3週休みが続いた援農ボランティア、きょうが久しぶりの作業で
援農農家さんへ向かいました。
援農ボランティア2


今日の作業は7/25にやった生姜畑の草取りでした。
前回は豪州有田草がたくさん生えていて、一輪車に3台分も取った畑でした。

大きな草はあまり生えてませんでしたが、前の草取りで豪州有田草のタネを畑にばら撒いたようで、
畑一面にその草が発芽してました。
これは鎌でそぎ落とします。

「豪州有田草」はオーストラリア原産の一年生雑草で 、種子をたくさんつけるやっかいな草です。
草取りをするとその種が一面にばら撒かれる結果になります。
根気よく草取りしかないようです。

その草も特異な臭いがするのですが、生姜の匂いが勝ってます!

途中から小雨が降ってきましたが、退避するほどでもなく、作業は続けていました。
半分ほど終わった頃に、ご主人がやってきて、「雨に濡れるから、上がってください!」
先輩ボランティアがたいした雨じゃないと言って続けていると・・・、
「ずぶ濡れになるから、上がってください!!」
それではと、引き上げることにしました。

たしかに小雨でも、長い時間やっていたらズブ濡れでしょうね。。。
時計を見ると、まだ9時、1時間しか経っていませんでした。

<休憩時の話題>

そんなわけで、きょうはありませんでした。


<お土産>

1時間しか作業してないのに恐縮です。

IMG_20190822_100430_convert_20190822102136.jpg
ナスをたくさんいただきました。
それと一杯やってくださいとビールまでも。。。

プロが作ったナス!
IMG_20190822_100817_convert_20190822102148.jpg
サイズも大きいし、この時期にこんなに黒光りしたナスは見かけない!
私の畑のナスは比べものにもなりません(笑)

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます