FC2ブログ

ウド根株の泥落とし、里芋の皮むきと土埋め(援農ボランティア)

2018/11/29(木)
朝の気温が10℃と高めでした。
援農ボランティアの日なので、朝の気温が高いと嬉しいです!
援農ボランティア1


今日は色んな作業をやりました。
先ずはタコのようなウド根株を、棒で叩いて泥落としです。
野球のバットのような硬い棒で、太い茎を叩くと中に付着してる泥が落ちます。

先輩ボランティアが「あまり泥が付いてないので、これは気休めかな・・・」
きっとこれから植付が始まるから、目を覚ませ!・・・と、気合を入れてるのかも・・・(笑)

我々の横で、若旦那が泥を落とした根株を植え付けしやすいように、押し切りで長い茎を
カットしていきます。

その先はご主人が水の中にくぐらせてから、リヤカーに積んでいってます。
流れ作業ですね。

根株をよく見ると大きな芽が何カ所も出てました。
多いのは6個くらいもあり、これがムロの中で育っていくのですね。

ご主人曰く、「1株で太いウドは3本くらいしか生らない、あとは細いウドになってしまう・・・」
のだそうです。
棒で叩く時は、その芽を叩かないよう気を使います(笑)

山積みだった根株は全部片付いて、次の作業は里芋の皮むきでした。
陽が射してポカポカ陽気のなか、コンテナに積まれた里芋を一個づつ処理していきます。
これは椅子に座っての作業なので、この時期にやる作業の中では一番楽です。

休憩はさんで黙々とやっていると、ご主人が来て、「あと30分位しかないけど、里芋を埋める
作業を手伝ってください!」
里芋畑へ移動してみると、里芋を埋める穴が掘られてました。

ご主人が重機を使って、茎が切り取られた里芋の株を掘り出していきます。

掘った里芋の塊を穴の中に並べていくのでした。
それは先輩ボランティアが早々とやり出しました!
私は掘った里芋の株を、その穴まで運ぶ作業でした。
泥が付いたままなので重い重い!

ご主人が「逆さまにして並べるのだよ・・・」
先輩ボランティアは忘れていたようです。
そうですね、1年に1回しかやらない作業ですから覚えてませんね・・・(笑)

今日は陽ざしもあったので、汗ばむほどの作業でした。

畑からの帰りに、ご主人から「大根欲しかったら、抜いてきて・・・」
どれにするか迷っていると、「真っ直ぐ上に引き抜くんだよ!」
抜き方が悪くて、折ってしまったことは誰にも経験がありますよね。。。


<休憩時の話題>

そろそろウドの植え付けが開始されるようです。
今植えたら、収穫はいつになるか聞いてみました。
「いつも12月入って直ぐに植えると、25日くらいに収穫だね・・・」

そうなんです、正月前にお歳暮として贈るお客さんが多いようです。
私もそのうちの一人なんです。
夏の帰省でお世話になった、妹のところへ毎年贈ってます。

ひとつ疑問があるのですが・・・、
ムロに植え付けてから水遣りはやるのかと聞いてみました。
「やはり水は必要なので、3回ほどあげてるよ・・・」
光は必要なくても水は必要不可欠なんだ、あたり前か・・・(笑)

それから、温度にも気を使ってるようです。
余りにも寒い時は、ムロの中で火を燃やしてるそうです。

色々気を使いながら、育てているみたいですね。


<お土産>

IMG_20181129_130050_convert_20181129144551.jpg
今日やった里芋と大根が入ってました。
昨日、私の畑で採ったおでん大根は小さかったので、大きな大根をもらってきました(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

玉ねぎとニンジン畑の草取り(援農ボランティア)

2018/11/22(木)
昨夜の天気予報では雨マークがあったのですが、曇り空で午後に雨がぱらつくとの予報に
変わってました。
予定通り援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1

昨夜、群馬の赤城山からウドの株根を運んできたらしく、畑の一画に積み上げてありました。

2m幅の2列の穴が掘られてあって、そこに株根を一輪車で運ぶ作業から始まりました。
ご主人が端から株根を逆さまにして一つづつ並べていってます。
最後には土を被せておくのですが、この作業は根株を運んでくるたびに行ってるようです。

赤城山からは5回ほど運び、その後は茨城からへとシフトしていきます。
ウド栽培の期間中、少しづつ掘り出してムロへ定植していくのです。

この後は、玉ねぎ畑の草取りでした。
2週間前に溶けてなくなった欠落カ所へ、予備苗を追加植えした畑です。

草はそれほど生えてませんでしたが、肝心の玉ねぎが・・・、
やはり予備苗が足らなくて欠落カ所があちこちとありました。
来年の収穫はいつもの半分以下になりそうだと話してました。

草取りの方は先輩ボランティアと二人でやっても、バケツ2杯の量しかありませんでした。

休憩はさんで次は人参畑の草取りです。
50センチもあろうかと思う人参の葉っぱをかき分けて、畝間に生えた草を取ります。
なんとジャガイモの茎があちこちに伸びてました。

前はジャガイモ畑だったのが分かりますね(笑)
引き抜くと小さな芋が付いてます。
これも草と同類で廃棄処分となります。



<休憩時の話題>

ご主人の話では、もう3回ほど霜が降りてるとの話しでした。
農家さんは畑へ出るのが早いので、解ける前に霜が降りた畑が見れるのですね。

明日は勤労感謝で祭日、むかしはこの日に品評会をやったそうです。
そして昔ばなしになって、ご主人の家ではむかし豚を飼っていたとの話になり・・・、
当時は豚の品評会もあって、歩く姿を見せる、美人豚?のコンテストなんかもあったそうです(笑)
聞いてると、のどかな村祭りのようでした。

その豚が逃げたことがあったそうです。
近所の人が捕まえてくれて、豚汁にならずに済んだこともあったとか。。。
今では豚を飼ってる農家さんはいないが、当時は15軒くらいあったそうです。

今は宅地化されて都心のベットタウンとなってますが、むかしはのどかな農村だったのでしょうね。


<お土産>

IMG_20181122_131151_convert_20181122153955.jpg

ホウレン草の生長がはやいようです。
この調子だと、葉物野菜は年内で収穫が終わってしまうようですよ。

ナスがまだ採れてます!
また持ちかえしたようで、ビックリするくらい長期間の収穫ですね。
私の畑のナスはとっくに終わってます・・・(笑)


なんと、バッタまでも付いてきたようです!
IMG_20181122_131327_convert_20181122154006.jpg
捕まえて、外へ逃がしてやりました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ムロから出しておいた土運び(援農ボランティア)

2018/11/15(木)
朝の気温がひと桁になり、寒い朝でした。
ボランティアの日なので、厚着して出かけました。

援農ボランティア1


庭にはサトイモが入ったコンテナが二つ置かれてます。
寒い中で、里芋の皮むきのようです。

やってるうちに陽が射して暖かくなるだろうと、先輩ボランティアと黙々と皮むきしていると、
30分もしないうちに、ご主人がやってきて、ムロから出した土を畑へ埋めるのを手伝って
とのことでした。
先週やった作業の続きなので、私が皮むきから抜けました。

ムロの近くに積まれた土の山をトラクターのシャベルですくって、リヤカーに積んで畑へ運ん
でいく作業です。

リヤカーの引き役は、ご主人でした。
たぶん、どこへ埋めるか私では判断できないからでしょうね。
たっぷりと積んだリヤカーを、ご主人一人で引いていきます。

残った私は、休憩しているわけではありません(笑)
シャベルですくいやすいように準備しておきます。
スコップで端の土を真中へ寄せていき、硬くなってる土を崩しておきます。
リヤカー引きも疲れるけど、これも結構な力が要ります。

休憩はさんで、ふたつ目の土の山へ移動、
陽が高くなって、ポカポカ陽気になってきました。
汗が出てきたので上着を1枚脱ぎました。
寒いだろうと厚着してきました(笑)

結局、3つ目の山の途中で時間となりました。


<休憩時の話題>

今月下旬頃からウドの植え付けが始まります。
今は、まさにその準備段階です。
沢山あるムロには土入れが終わったようです。

群馬の赤城山麓で栽培してもらっていたウドの根株は、農家の後継者がいなくて、
本人は高齢になって止めていく農家が出てきてるようです。
地方でもそうですから、農家の後継者問題は大変ですね。

現在は会社組織になって、外国の労働者を雇って農業を継続するケースが出てき
てますね。

東京ウドを栽培している農家さんも、ウド作りを諦めた人が出てきてるそうです。
何とか続けて行って欲しいものです。


<お土産>

IMG_20181115_123952_convert_20181115142242.jpg

畑から抜いてきたカブがたくさん入ってます。
家内にカブの浅漬けをリクエストしました!

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

タマネギ畝の欠落カ所に追加植え(援農ボランティア)

2018/11/08(木)
今日の午前中は晴れとのことで、援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1


ほぼ里芋の皮むきだと予想してたのですが、ご主人がタマネギ苗の育苗トレーを長い台車に
載せて水を撒いてました。

それを見てピンときました!
タマネギ畝の欠落カ所に追加植えだ・・・。
それにしても、いつもより苗が多いのだが。。。

畑へ行くと、確かに欠落している部分が多そうだ!
ここの農家さんは種を直播きして、欠落部分に追加植えしていくのですが、
追加植えの苗はハウスで育苗してます。

やり方を苗3本ばかり植え付けて見せてくれました。
それではお願いしますと・・・。

育苗トレーから苗をヘラで1本づつ取り出し、丸いトレーに移して、畝へ運びます。
畝の端から欠落カ所を探して、苗を植え付けていきます。

先輩ボランティアがなかなかやってきません!
黙々と一人でやってると、ご主人がやってきて、植え付け始めました。

どうやら先輩ボランティアはお休みのようです。

毎年、玉ねぎは2本植えしてるのですが、2本も植えると苗がなくなるとのことで、
今年は1本のところが圧倒的に多いです。

休憩をはさんで、続けましたが・・・、
畝が4つ半で時間となりましたが、まだ半分は残ってました。
「道具は片づけなくていいので、上がってください!」
午後からご主人が続きをやるようです。


<休憩時の話題>

タマネギ苗が解けてなくなったのはなぜか聞いてみました。
雨が降らない日が続いた時期があり、乾きすぎたからだと話してました。
それとネキリムシも発生したようです。

今年も天候に左右され、秋野菜の生育が遅かったようです。
ここにきて気温が高くなったので、何とか店頭に出せるようになったようです。

4日前の農業祭(品評会)では、たくさんの賞を取っていましたねと品評会の
話題になり、サツマイモの「優秀賞」は、イモ部門で選ばれたそうです。
野菜ごとではなく、葉物とか根菜、果樹、花などのように分かれているのだとか。。。


<お土産>

IMG_20181108_123737_convert_20181108142513.jpg

賞を取ったサツマイモが入ってました。
カブは作ってないので助かります。
大きなブロッコリー、私の畑のは蕾すら出てこない(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

農業祭に行ってきました!

2018/11/05(月)
長く続いた秋晴れもなくなり、暫くは雲の多い天気が続くようです。
陽射しが少なくても、むこう1週間は気温の高い日が続くとの予報です。


昨日のことですが、市のお祭りがあって同時に農業祭が開催されていたので行ってきました。
前日に農家さんの野菜が集められて品評会があり、その結果を公開するための展示会がありました。

例年のように、私が通ってる援農農家さんの野菜もたくさん展示されてました。
そのなかで、援農農家さんが賞を取った野菜たちをご覧ください。
たくさんの賞を取っているので、自分のことのように嬉しいですね。

●優秀賞

サツマイモ
IMG_20181104_105212_convert_20181105093123.jpg
大きければ良いというものではないそうです。
形が整っていて、いかにも美味しそうな野菜が選ばれるのでしょうか。。。


●優良賞

ナス
IMG_20181104_105432_convert_20181105093134.jpg
農林水産大臣賞を取った、息子さんが栽培してるナスです。
畑でも夏立毛の部(ナス)と秋立毛の部で優秀賞をダブル受賞してました。


ニンジン
IMG_20181104_104824_convert_20181105093030.jpg
こんな形の良い人参を栽培してみたいものです!


ネギ
IMG_20181104_110536_convert_20181105093354.jpg
台風で曲がりネギになったと言ってましたが、これは真っ直ぐでした。


ホウレン草
IMG_20181104_111150_convert_20181105093210.jpg
この葉物はどこの畑に植えているのか、私が見たのはまだ小さかったのだが。。。


枝豆
IMG_20181104_105737_convert_20181105093147.jpg
夏に収穫する枝豆をずらし栽培で、この時期にも収穫しているのです。
さすがに他の農家さんからの出品はなかったようです。


ハクサイ
写真は忘れてしまいました。



●努力賞

カブ
IMG_20181104_104748_convert_20181105093019.jpg
いかにまん丸かなんでしょうね。


ダイコン
IMG_20181104_105023_convert_20181105093039.jpg
ツルツルの良い肌してます!


落花生
IMG_20181104_110322_convert_20181105093158.jpg
ジャンボ落花生のおおまさりです。
援農の休憩時に、何度も茹で落花生をいただきました。


<補足>

6年前に私が卒業した農業学校の参考出品です。
IMG_20181104_105102_convert_20181105093048.jpg
今の生徒達の写真を見ると、むかしが懐かしいです。
そこに懐かしい同期生がやってきました。
話しが弾んで、忘年会をやろうということになりました・・・(笑)

里芋
IMG_20181104_111954_convert_20181105093234.jpg
いつもこんな姿で展示されます。
掘り起こすのが大変そうですね。。。


<追記>

今年も信州の「おやき」を買ってきました。
IMG_20181104_122323_convert_20181105093245.jpg
野沢菜とカボチャが好きですね。
お祭りに毎年、地元から来て販売してます。

それと、忘れずに鉢花も。。。
IMG_20181104_123609_convert_20181105093254.jpg
これは家内へのおみやげ
たまにはゴマすっておかないとね・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます