FC2ブログ

仕事納めの援農ボランティア

2020/12/24(木)
今朝の気温は1℃と氷点下になりませんでした。
天気の方は曇り空ですが、気温は昨日に続き高めでした。

きょうの援農ボランティアで今年最後になります。
_convert_20200305154423_20200730144426ddf_2020122415392840f.jpg


落ち葉たい肥のそばに大量のビニール袋が積まれてました。
先週の続きですね。

私が上にあがって落ち葉を積み上げていきます。
見る見るうちに高くなって、3m程に積みあがりました。
上からの眺めはいいもんだと、終わってからゆっくり降りていきます。
むかし一緒にやっていたボランティアが、落ち葉が崩れ落ちてケガしたことがあるのです。

きょうの午後からまたトラックで運んでくるそうです。
明日のボランティアの仕事かな・・・。

休憩はさんで、次は遠くの畑へ移動。
ナス畑の続きかなと思ったのですが、もう支柱は片づけてありました。
畝に張ったマルチはがしでした。
ナス畑以外にもあって、全部で17畝、長さ30mの畝に張ったマルチでした。

これも大変な作業、マルチをはがしてダルマさんづくりの要領で丸めていたら・・・、
ご主人がこうやった方が早いよと、お手本を見せてくれました。
そんなきれいに丸めなくてもいいそうです。
はがしたマルチは肥料袋に詰め込んで8袋にもなりました。

気温が高めなので、汗かいてきました!
時間内に全部片付いて母屋へ戻ります。
きょうの万歩計は7000歩でした。


<休憩時の話題>

明日は「東京ウド」の初出荷が開始されるようです。
いつものように北海道の妹のところへ発送してもらおうと、宅配便の伝票を書いて
お金を払ってきました。
北海道は寒いので、いつもクール便を使って凍り付くのを防いでます。

ご主人の家は本家なので、正月にはいつも大勢のお客さんが来られているようですが、
今度の正月は集まりはなしにしようと決めてるそうです。
どこの家も寂しい新年になるようですね。
「春のお彼岸には顔合わせしたいのだが、それまでにコロナが終息できるといいのだが・・・」
その頃はワクチン接種が開始する頃でしょうかね。。。


<お土産>

たくさん頂きました!
IMG_20201224_132954_convert_20201224153632.jpg

オレンジ白菜を先週に続きまた頂きましたが、どうやって食べようかと。。。
まだ残ってます。
お裾分けしようかと話しても、「いらない!」と断られてしまいます。
今は野菜が安いからかな・・・。

今年最後の援農、ビールでも飲んでくださいとスーパドライも頂きました。
クリスマスイブに家飲みで一人酒。

帰りがけにご主人から、「次回は2月半ばころ、暖かくなってからまたお願いします!」
しばらく冬休みになります。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

またまた冬の草むしり(援農ボランティア)

2020/12/10(木)
朝の気温が6℃、曇り空で日差しがありませんでした。

そんな中、厚着して援農ボランティアへ向かいました。
_convert_20200305154423_20200730144426ddf_2020121015372116e.jpg


自転車を止めるそばの木に、遠くの畑へ来てくださいとメモが貼られてました。
嫌な予感、的中でした!

先週やった草むしりが終わってなかったようです。
ご主人が「寒いですが、ナスの途中から草取りお願いします!」

畝の長さ30m程の畝間に入って草むしりです。
ナスは年内いっぱい採れるそうで、長く伸びた枝にまだ青々した葉っぱが茂ってました。
大きなナスがたくさんぶら下がってました。

畝間はトンネル状態で、バケツと鎌を持って中に入っていきます。
けっこう大きな草がポツンぽつんとあちこちに生えてました。
なぜか麦が生えてるのです。 
競馬場の厩舎から運んだ寝藁に種が雑じっていたようです。

麦は肥料になるので、取ったらそこらに置いてくように言われたのですが、
困ったことに、麦に似た草も生えてます。
葉っぱの幅が細いのが雑草で、広いのが麦だと教わったのですが、区別のつかない
草も生えてました。

取った草は肥料袋に入れておくと、後から片づけてくれるようです。
休憩はさんで、肥料袋が4個になりました。
残念ながら、あと2畝分が残ってしまいました。

けっこう動いたので暑くなってきました。
歩数計が4800歩でした。


<休憩時の話題>

ナス畑の草取りで、とげの生えた草があって、何かと尋ねたら、
接ぎ木の台木から伸びてきた草だったようです。
ナスの接ぎ木苗は外から購入しているようで、春先はやることが一杯あるので
育苗まで手が回らないようです。接ぎ木となるとなおさらですね。

ウドの芽株は全部運び終わったようで、群馬に4回、茨城に2回、トラックで往復した
そうです。
芽株の料金はトラックに積んだ重量のようで、泥が混ざっていると重くなるので、
泥をはねて運ぶんだそうです。

年末の出荷用は、5カ所ほどのムロの中へ植え付けたようです。
今年も贈答用にたくさんの注文がきているようです。


<お土産>

IMG_20201210_132927_convert_20201210153534.jpg


またまた大きな白菜です。
むかしは白菜漬けやったもんですが、評判が悪いので今はやらなくなりました。
消費はどうしょうか・・・。 鍋ですね。。。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

冬の草むしりは堪える(援農ボランティア)

2020/12/03(木)
朝の気温が7℃と外は寒そうです。
予報だと日が差してくるとのことだったので、期待して援農ボランティアへ向かいました。
_convert_20200305154423_20200730144426ddf_20201203152832338.jpg


ご主人が「きょうは遠くの畑の作業お願いします」
ご主人の自転車の後ろについていきました。

「ここの草取りをお願いします!」 トマト畑の撤去跡のようでした。
それと、終わったらこっちの方もと、ナス畑も案内され・・・、
ざっと見た感じでは、それは無理だと思いました(笑)


とにかく今朝は寒い!
この時期に草取りとは、初めてかなと思いながら、始めました。
ご主人は母屋に戻り、ウドのムロの中に入って作業のようです。

畑の半分ほどは終わってるようでした。
前のボランティアがやったようです。残り半分は終わらせなくては。。。

作業していると、小鳥がやってきて、私の周りまで近づいてきて逃げようとしません。
頭が黒くて、人懐っこい野鳥ですね。
草むしりで畝間に敷いた藁をひっくり返すので、出てくる虫を狙っているようです。

休憩時間(10時)になりましたが、2時間やってまだ全然進んでなかったので、
休憩が終わってからはテンポを速めました。

野鳥がまたそばに来て、ガンバレと言ってくれてるようでした(笑)
とうとう日が差すことはなく、時間になりました。
どうにかノルマは果たせましたが、ナス畑へは無理でした。


<休憩時の話題>

若だんなは茨城の方へウドの芽株取りに行ってるようでした。
今年はコロナで農業学校の生徒の実習は中止となり、人手が少ないので
大変でしょうが、作付け面積が少なくなったようで何とかなるそうです。

群馬の芽株は2日前にムロへ植え付けが済んだようです。
年末の「東京ウド」発送に向けて着々と進んでいるようです。

今、スーパの野菜が安いので直売の方も大変ですねと聞いてみたら・・・、
今年は天候が良かったので、野菜もたくさん採れて安いみたいですね。
年内中に売り切れてしまう勢いだとか。。。
年明けたら価格も上がってくるでしょうが、その時には売る野菜がなくなってるかも
とのことでした。


<お土産>

IMG_20201203_133400_convert_20201203152523.jpg

大きな白菜が入ってました。
食べきれないので半分は孫っちの家へお裾分け。

ジャガイも掘ったようで、大きなサイズに驚きました!

12時過ぎても気温は9℃と寒い一日でした。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

ウドの芽株の穴埋め(援農ボランティア)

2020/11/26(木)
日本シリーズ史上初の2年連続の4連敗とは、なんと情けない!!!
何が何でも勝ってやると言った気迫がないのでは、ファンも逃げていくよ~

きょうは昨日と打って変って暖かな一日でした。
朝の最低気温は5℃と寒いので、厚着して援農ボランティアへ向かいました。
_convert_20200305154423_20200730144426ddf_2020112615335008c.jpg


ご主人がハウスの前で待っていて、「サトイモの皮むきお願いします! 後からウドの
芽株運びも手伝ってください・・・」
ご主人は遠くの畑へ向かって、秋冬野菜の直売場の方へ行ったようです。
私はハウスの中に入り、いつもの皮むき作業でした。

ウドの芽株運びって何だったかなと思い出しながら、皮むきに専念します。
コンテナには2/3程のサトイモしか入ってませんでした。

1時間もすると、ご主人が帰ってきました。
「これ穿いて、芽株運び手伝ってください!」 とカッパのズボンを渡されました。
泥んこ作業だ!

芽株は昨日、群馬からトラックで運んできてました。
そのトラックが畑に横付けされて、ご主人と若だんなが上から芽株を下へ投げ込んで、
私は下で芽株を一輪車に積んで、運んでいくのが今日の仕事でした。

幅が2m、長さ50m程の穴にご主人が埋めていきます。
その穴が2列に掘られてました。

芽株は蛸のように何本も太い足(根)が出ており、けっこう重いです。
ウズラ卵サイズの芽が5~6個も出てました。これがウドになるのですね。

途中で汗ばんできたので、上着を脱ぎました。
きょうの作業は肉体労働、いい運動になりました。


<休憩時の話題>

東京はGoToトラベルから除外されませんでしたね。
でも、飲み屋さんはまた時間短縮だそうです。
年末は稼ぎ時なので、飲み屋さんも大変のようです。

土に埋めた芽株はいつ頃からムロへ入れるのかと聞いたら・・・、
霜に2回ほど当たらないと入れられないそうです。
気温が下がってきたので、霜が期待できるかなと話されてました。

運んできた芽株は畑へ埋めておいて、ムロが空いたらその都度掘り出して
植え付けていくのです。
群馬が終わったら、今度は茨城から芽株を取ってくるそうです。

12月から3月頃まで「東京ウド」の栽培が始まります。
農家さんは休む暇なしのようで、GoToトラベルには無縁のようですね。


<お土産>

IMG_20201126_132213_convert_20201126153135.jpg

大きなダイコンとキャベツが入ってました。

ナスは来月まで採れるようで、2日おきにコンテナいっぱい採れるそうです。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

サトイモの皮むきが続きます(援農ボランティア)

2020/11/19(木)
きょうの気温はこの時期としては異常! 25℃にもなりました!!!
半袖でもいいくらいです。

朝の冷え込みもなく、厚着しないで援農ボランティアへ向かいました。
_convert_20200305154423_20200730144426ddf_202011191522519b0.jpg


ご主人が「きょうはハウスの中でいつものサトイモお願いします」
この時期はこの作業が多いのです。
きょうも運動量はほとんどなしです。

ハウスの中は寒くもなく暑くもなかったのですが、日差しが強くなってくると段々と暑く
なってきました。
去年まではボランティア二人での作業で、適当におしゃべりしながらやってましたが、
今年は一人っきりなので、なにかものたりない。。。
しかし仕事は捗って、コンテナ1箱半を処理しました。

休憩はさんでご主人が「ハウスの中は暑くなるので、外に移動しましょうか・・・」
「上着脱いでやるので大丈夫ですよ」とは答えたもの、10分もしないうちに外へ移動です。

サトイモは親芋が6個あったので、6株分かなと思いながら、それにしても子芋、孫芋が
ずいぶんたくさんあります。
どうやったらこんなにたくさん採れるのか・・・、
ご主人曰く「夏場の水やり」だそうです。


<休憩時の話題>

ウドの根株が畑に植えられてました。
赤城山の方からトラックに積んで運んだようです。
むかし農業学校で、茨城の方に根株を掘りに行ったことがあります。
「今年も学校の生徒さんたちは行くんでしょうか」と聞いたところ・・・、
「コロナで中止になりました」
泥だらけになって根株掘りをやったのが、いい思い出になってるので、可哀想ですね。

ご主人の話によると、開校の時期がコロナの影響で遅くなり、夏野菜は作ってない
はずなので、来年も継続するのではないかとのことでした。
家庭菜園は夏野菜づくりが楽しいので、これを外すことはできませんね。

そのコロナですが、昨日の感染者が493人だったそうで、きょうは500人を突破しました。
いつまで続くのでしょうかね、ワクチン接種はいつになるのでしょうか。。。


<お土産>

IMG_20201119_132708_convert_20201119152048.jpg
皮むきしたサトイモが入ってました。

気温が高く、野菜の生長が早いようです。
年内に全部採れてしまうのではないかと心配されてました。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます