堆肥運び(援農ボランティア)

2017/03/23(木)
風も止んで春らしい陽気になりました。
今日は援農ブランティア、そろそろあの堆肥運びがあるのかな・・・。
農家の畑

やはり、作業は重労働のひとつである堆肥運びでした。
80m離れた畑へ一輪車で運びます。

20mの畝へ堆肥を18カ所に分けて落としていきます。
1畝当たり6回運ぶことになり、全部で6畝分運んだので36往復もしたことになる
のだが・・・、
距離にして5,760mも歩いたとは驚き! 

力作業でもあるし、いい運動になりました。
明日は腕の筋肉痛になること間違いなしです(笑)

堆肥は2年前の落ち葉堆肥でした。
年末に落ち葉を積み上げたところから運んだので、こんな早く堆肥にはならないよねと
ボランティア同士で話をしてました。
やはりその前の年の堆肥が少し残っていたようです。

奥深く堆積された堆肥から湯気が出てきました。
温度も高いようで、中からカブトムシの幼虫も出てきました!!!
巨大な幼虫が次々に出現するのにはびっくりです。

中には孵化しかけたカブトムシも現われてたのには驚きでした。
バケツの中に捕獲しておきました。


<休憩時の話題>

おかみさん手作りのおはぎをご馳走になりました。
むかしは、田舎のお袋もお彼岸によく作ってました。
懐かしくいただきました。

捕獲したカブトムシの幼虫はどうするのか聞くと、「また堆肥の中に戻してやるよ・・・」
おかみさんが「夏になったら茶の間に飛んでくるんだから。。。」

近年はカブトムシが大量発生しているようで、昔のようなカブトムシ人気はなくなった
ようだと話されてました。

東京ウドの話になり・・・、
ウドにもいろいろな品種があるそうで、「東京ウド」はこの地区だけの品種だそうです。
芽株は群馬県赤城山の麓で依頼栽培しているのだそうですが、むかしイノシシの被害に
遭って委託農家さんが違う種を蒔いたらしく、固くて売り物にならなかったことも
あったそうです。


<お土産>

IMG_20170323_143511_convert_20170323154439.jpg

ホウレン草と長ネギでした。
掘ったばかりの新鮮な野菜です。

ほうれん草はハウスの中で栽培してました。
畑はほとんど収穫済みで、夏野菜に向けての準備期間のようです。

今日は疲れた!
ぐっすり眠れます・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

2回目のお茶の木剪定(援農ボランティア)

2017/03/16(木)
きょうは昨日と打って変ってポカポカ陽気の一日でした。

天気に恵まれて今年2回目の援農ボランティアです。
先週の作業後は筋肉痛で痛い目に遭いましたが、もうすっかり回復してます。
農家の畑
自転車で到着すると、ご主人が「今日もお茶の木の剪定お願いします」
エッ! また重労働。。。

先週はこの作業をやって筋肉痛になりました。
同じ作業だから、もう筋肉痛は発症しないかな・・・(笑)
先週やり残したところは全部きれいに丸坊主になってました。

剪定と言っても、根元からバッサリなんで、しゃがんだり立ち上がったりの作業なんです。
剪定バサミで切れないほどの太い枝があり、その時はノコギリを使います。
いずれにせよ握力がないと仕事になりません。

今回は道路沿いに植えられているお茶の木でした。
ざっと100m、3人で切り込んでいきます。

道路沿いのせいか、お菓子の空き箱やコンビニ弁当のゴミやらが投げ捨てられてました。
マナーのない人間はどこにもいるようです。

休憩を挟んで、切った枝をリヤカーで運びます。
きれいに束ねて紐で結ぶのですが、結ぶ位置が違うとやり直しです(笑)

後半はその束ねるのと、リヤカーで運ぶ作業にまわりました。
リヤカーに山のように積み上げてから2往復しました。

今日も思った以上に重労働でした。


<休憩時の話題>

作業中に畑の中央を1列になって歩いてる小学生を見かけました。
この時期になると、毎年近くの小学校からウド栽培の見学にやって来ます。

3年生だそうで、薄暗いムロの中にハシゴで降りていくのが、恐そうな子供とか
元気いっぱいの子供やらでにぎやかだったそうです。

ウドは地下に掘ったムロで栽培してるのですが、2時間近くも入り口を開けておくのは
厳禁らしいのです。
そのために見学するムロのウドはほとんど収穫済みだそうです。
明かりを入れずにいかに白いウドを作るかが肝心のようです。

白いウド
IMG_20170316_133431_convert_20170316144807.jpg


<お土産>

IMG_20170316_133332_convert_20170316144756.jpg

きょういただいたウドは凄く太くて立派でした!
酢味噌和えですね。

菜っ葉は「のらぼう菜」かと思ったら、「かき菜」だそうです。
今年はかき菜にしたようですね。

去年は市民農園で両方栽培してみました。
どっちか分からないほど似てるのです、味も変らなかったです。

明日は筋肉痛になりませんように。。。(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

お茶の垣根を丸坊主に!(援農ボランティア)

2017/03/09(木)
今朝も冷え込んだようです。
先週は雨が降って援農ボランティアが中止になりました。
今日が2ヶ月の冬休が終わって今年最初のボランティアになります。

農家の畑

農家さんへ着いて、外に置いてあったバケツの中を覗くと氷が張ってました。
やはり寒かったのですね。 いっぱい着込んできました(笑)

予想していた通り、畑の通路の脇に植えてあるお茶の木の剪定作業から・・・。
今年は根元から枝をバッサリ切ってくださいとのこと。

いつもは上部だけ剪定するのですが、今年は丸坊主にするようです。
渡された工具は剪定バサミとノコギリ、いつも使ってる大きな剪定バサミではなかった
です。
ハサミで切れなかったらノコギリで切り取ってくださいとのこと。

丸坊主にするので、なにもか考えずにバッサリで簡単なのですが・・・、
剪定バサミでブツブツ切っていくうちに、手の感覚がおかしくなっってきた。。。

スパッと気持ちよく切れる枝もあり、なかなか切れない枝もありました。
なにせ久し振りの農作業、中腰姿勢がきいて腰が痛くなってきました。


休憩をはさんで、ボランティア3人が100m程に植えたお茶の木をバッサバッサと
切り込んでいきます。

最後に切った枝を束ごとに縛り、通路の端に並べておいて終わりでした。

帰りがけ畑のようすをひと通り眺めてみると・・・、
ブロッコリ-が何弾かに分けて、たくさんのビニールトンネルの中で育成中でした。
絹さやエンドウが今年は無事のようで、トンネルの中でした。

ノラボウ菜がそろそろトウ立ちを始めてました。
辺り一面に防鳥ネットが張り巡らされており、やはりヒヨドリ対策のようです。

播種したばかりだという畝がずら~っと・・・、
ニンジンの種を植えたのだそうです。


<休憩時の話題>

お茶の木をあんなにバッサリ切っても大丈夫なんですかと聞いてみると、
お茶の木は生長が早いからすぐに伸びてくるよとのことでした。

昔はお茶の芽を摘んだもんだとご主人の昔ばなしを聞かせてもらいました。
「小学生の頃、家の手伝いで茶摘みをやらされたもんだ、自分で摘んだ中から
いくらかを小遣い分としてもらい、売りに行ったもんだ・・・」

お茶の栽培は手間がかかってやらなくなったそうですが、幼い頃の想い出として
茶摘みの作業が残ってるようでした。
お茶は「狭山茶」
1番茶は5月、2番茶は7月頃に2回収穫があったそうです。
昔はお茶の産地でもあったのですね。


<お土産>

IMG_20170309_132108_BURST019_convert_20170309145026.jpg
冬の間、長く続くウド栽培です。
この時期、農家さんの貴重な収入源なのですよ。
今晩は酢味噌和えでいただきます!

ホウレン草をたくさんいただきました。
プロの作るホウレン草にはかなわないです(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ボランティア交流会に参加(援農ボランティア)

2017/01/22(日)
今日は風が穏やかなので、冬晴れのいい天気でした。

昨日のことですが、市内の援農ボランティアの交流会があり、受け入れ農家さんと
ボランティアのみなさんが一堂に会しました。


受け入れ農家さん17軒、ボランティアの数は97名にもなります。
市でやってる都市農業を支援するボランティア事業なのですが、今年で21年目になります。
私は今年で5年目に入ります。

長いようで短かった期間、あっという間に年を取ってしまったような気がします。
それだけ野菜づくりに熱中できたということかな・・・。

農家さんで教わったことを市民農園で実践しているわけですが、
いつになっても農家さんのような立派な野菜はできません(笑)

また健康維持のため、体力づくりが目的でもあります。
農作業は半端なものではありません、ときにはきつい作業もあります。
ほとんどの人がリタイアした後の趣味のひとつとしてやってるようですが、
80歳超えたお元気な年配者もいるようです。
そこまでやれるかは自信ありませんが。。。(笑)

この交流会で久しぶりに農業学校の同期生と会うのが楽しみでもあります。
早速、5名と会って・・・、
「今度、ハイキングに行こうよ」
「今は秩父の蠟梅がきれいだよ」
「じゃ〇〇日に決まりだね」

後ほど参加されてない人にも声かけたら9名にもなりました。
1週間後に行くことになりましたが、準備が大変だァ~
なぜか私が幹事の一人になってしまいました(笑)

IMG_2004_1.jpg
蠟梅

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

今年最後の援農ボランティア

2016/12/22(木)
朝から曇り空、天気予報では夕方から雨になるだろうとのこと・・・、
たぶん今日が今年最後になる援農ボランティアだろうと、農家さんへ向かいました。
農家の畑

1週間前に6mほど積み上げた落ち葉堆肥が、今は半分の3mほどに沈んでました。
あれから2回運んでさらに積んだそうです。

今日の作業はムロ栽培のウドの根株を掘り出すことからでした。
今夜からまとまった雨になるとのことで、その前に掘り出しておくようでした。

茨城から運んできた根株は畑に埋められてます。
ムロが空いたら次々に掘り出して、次の栽培へとムロの中へ植え付けていきます。

3人のボランティアが一人100株掘り出すとのことでスタート。
数を数えながら。多くても少なくてもダメです。
何度も数え直しながら・・・(笑)

これもけっこう肉体労働です。
土の中に埋もれてる大きな根株を引っぱり出さなくてはいけません。
泥だらけになりながら1時間もかからずに終わりました。

次はいつもの里芋の皮むきでした。
里芋は正月のおせち料理にも使うので、年末にかけての人気商品です。

休憩はさんで、黙々と作業してると雨がポツリポツリと・・・。
天気予報では夕方からのはずが、昼前から降ってきました。
終わりに近づいたら、ご主人が来て「先ほど掘り出したウドの根株を運ぶから」と
先ほどの畑へ戻って、軽トラの荷台へ放り投げるようにと。。。

雨が降ってきたので急遽運ぶことになったようです。
雨は本降りになってきました。

少し早めに上がることになり、
例年のことですが、年末に初出荷するウドを北海道の妹のところへ送ってもらう
手続きをして、今年最後の仕事は終わりになりました。


<休憩時の話題>

お茶うけにカボチャが出ました。
見ると、ジャガイモくらいな赤い形をしてたのでおはぎかなと思いました(笑)
聞くと、「鳴門金時」だそうで、たしか先月にもいただいたような・・・。
口に入れると甘くとろけるほどの柔らかいカボチャです。

カボチャの話が続き・・・、
今は紅あづまが主流だが、むかしは色んなカボチャを作っていたそうで、
カンロク(関六)とかカンパチ(関八)などというサツマがあったそうです。

それではカンナナ(環七)というのもあったのですか・・・???
関東の人ならご存知かと思いますが、環七とは環状七号線のことです。
六と八があるから七もあったのではとのご主人の回答でした(笑)

子どもの頃、サツマイモを粉状にして団子にして食べたものだとのこと、
私の北海道ではサツマイモが採れなかったので、ジャガイモを団子にして食べたものです。

戦後の食糧難の時は、サツマイモはでかけりゃいい時代だったが、今はでかけりゃいい
というもんでもないようです。


<お土産>

IMG_2282_convert_20161222150257.jpg
キャベツが小さいのではなく、人参が特大なのですよ。
この人参にはかなわない、どうしてこんな人参が出来るのだろう・・・(笑)

その他に、アサヒスーパドライロング缶を半ダースいただき、今年一年ご苦労さまでした
で仕事納めになりました。

2月末頃まで冬休みに入ります。
また体が鈍ってしまう、ジムに通わなくては・・・(笑)

今晩はいただいたビールで一人乾杯!

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

畑のジッチ

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で6年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます