トウモロコシの脇芽はどうしてますか(援農ボランティア)

2017/05/18(木)
久し振りに日が射して気温も平年並みに戻ったようです。

今日のボランティアは何かなと考えながらボランティア農家さんへ向かいました。
農家の畑

今日の作業は収穫が終わったブロッコリー畑の片づけからでした。
スコップで根っこを掘り起し、引き抜いて土をたたき落として畝の上に並べていきます。
乾燥させてから撤去するようです。

土が柔らかいので作業は思ったよりきつくはなかったです。

3人で1時間ほどで片づけ、次の作業のトウモロコシ畑へ移動しました。
草とりでした。

ジャガイモがあちこちから芽を出しており、もうすでに大株になってるのも見かけます。
マルチを突き抜けて出てきたのもあります。
ご主人が「マルチから出てくるのも構わず引き抜いてください!」

マルチが簡単に破れてしまいます。
土に還るマルチシートを使ってるのだそうです。

エッ、そんなマルチがあるんだ!!!
撤収時にかたづけなくてもいいのだそうです。
でも高いらしいですよ、プロ仕様ですね(笑)

休憩をはさんでもくもくと草とり、というか半分はジャガイモでした。
里芋も出ていたところがありました。
1年前の掘り残しのようです。


<休憩時の話題>

トウモロコシの下から出てくる脇芽は切り取らない方がいいのかと聞いてみました。

勉強家の若旦那が教えてくれました。
脇芽には養分をたくわえる役目があるので、そのまま育てた方が良いですよとのこと
でした。
これを切り取ったりすると、上の実が大きくならないのだそうです。
切り取らずにそのまま育てましょう!!!

今までは根張りを強めるので、風で倒れるのを防ぐのだと聞いてましたが、
そんな大事なことがあったのにはビックリです(笑)

トウモロコシの実を2個生らそうとする人がいると話すと、
たしかに肥料をたくさん与えると生るでしょうが、撤収した後の畑が肥料過多で
後作に問題が出てくるでしょうとのことでした。

ご主人が、「2個収穫できれば農家も助かるのだが・・・」
今日の休憩時間はとても勉強になりました。


<お土産>

IMG_20170518_132743_convert_20170518151111.jpg

キャベツ、レタス、カブ、小松菜と春野菜がたくさん!
お花までいただきました。

今日の午後の天気は雷雨とのことでしたが、今のところ降ってません。
ゴロゴロと雷の音だけが聞こえてきます。
都心では雷さまが大暴れしてるようです。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

苗床のかたづけ(援農ボランティア)

2017/05/11(木)
また今日も7月並みに気温が上がり暑くなるとの天気予報でした。
厚着せずにボランティア農家さんへ向かいました。
農家の畑

トマトの苗を育てていた苗床のかたづけでした。
苗は全てトマト畑への定植が済んだようです

幅2m、長さ10mの苗床には堆肥が30cmの高さで残ってました。
これを外へ移動する作業でした。

朝から気温が上がり、今日は暑い中でボランティア2名での作業です。
一輪車にその堆肥を積んで、10m先の空き地へ積み上げていきます。

見る見るうちに山のように積み上がっていきます。
幅20cmくらいの板を天辺に渡して、一輪車で登っていきます。
踏み外したら大変だと思いながら、脱輪して転げ落ちました。
ケガはなかったです(笑)

休憩をはさんで、黙々と作業を続けるのですが・・・、
「なにか、今日は時間のたつのが遅くない!」
まだ20分も残ってました。

苗床の堆肥は全部かたづけたのですが・・・。
「竹ぼうきでかたづけようか・・・」
ゴミクズのように残った小さな堆肥を集めて、きれいさっぱりにかたづけました。


ハウスの外に無造作に置かれた苗にカボチャのようなのがあったので、
ご主人に、これ捨てるのでしたらもらえませんかと言ってみたら、
「それはキュウリの苗だよ・・・」

まだシロウトですね(笑)
「モロヘイヤだけど植えてみない・・・」と聞かれ、即答でいただきました。



<休憩時の話題>

私の市民農園でカボチャが焼けた話しをすると、7月の気候にホットキャプは
いらないねと言われてしまいました。
まさに7月の陽気なのです。

農家さんはホットキャプなんか使いません。
ビニールでトンネルなんかすると、温度が上がって大変なことになるそうです。
この時期は不織布でトンネルすると良いよと教えてもらいました。


夏野菜の植え付けは全て終わったようです。
昨日はサツマイモの植え付けをやったそうです。

雨不足で、先日降った雨も畑の深くまで浸み込まなかったようです。


<お土産>

IMG_20170511_130536_convert_20170511141825.jpg
レタスの収穫が始まったようですね。
みんな収穫したばかりの新鮮野菜です。


IMG_20170511_130134_convert_20170511141810.jpg
モロヘイヤの苗です。
これって大株になるんですよね。

ミニ菜園に植えるのは何本くらいなのかな・・・、
学習します(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

3回目の枝豆定植(援農ボランティア)

2017/05/01(月)
今日は午後から雨が降るとの予報でしたが、午前中はボランティア農家さんへ臨時出勤です。
農家の畑

3回目の枝豆定植作業でした。
とにかく大量の枝豆を次々に定植していきます。

収穫時期を少しづつずらすために、定植も何回かに分けて行ってます。
一番最初に定植した畝にはトンネルがかけられており、生長を促進させているようです。
トンネルしてないところ、ベタかけのところと様々なんですが、生長をコントロールして
るのでしょうね。
農家さんにとっては一番売れる時に出荷させなければいけないので、お天気の兼ね合いを
見ながらの判断は長年の経験からなのでしょう。

ご主人の話だと、前回やった枝豆のところが、ハトにほじくり返されたとのこと・・・、
やっぱりハトは豆が大好きのようです(笑)
苗が大きくなれば大丈夫なんだけど、まだ植えたばかりでは危ないとのことです。
私の市民農園ではしっかりトンネルしてるので大丈夫ですね。

今日のボランテァは二人、長さ30mくらいの畝に3条で植え付けていきます。
仕事の早い人と一緒だったもので、のんびりやってられません。

私の倍近い速さで次々に植えていきます。
私はというと、腰にきて何度も背伸びしてました(笑)

聞くところによると腰の痛みは無いそうで、羨ましいかぎりです。
若い時、どんな鍛え方したのでしょうか・・・。

休憩はさんで、今度は遠くの畑で枝豆を植えるとのことで自転車で移動です。
今日植えただけで、7畝は植え付けたでしょう。

ご主人は新たな畝にマルチを敷くと言って、水撒きした後に手でマルチを敷いてました。
その早業に見惚れてました(笑)


<休憩時の話題>

ボランティアの方が自分の菜園でそばを栽培する話しをされたので、
「ソバ打ちの得意な方がおられるのですか」と聞くと、「収穫して持って行くだけ、
あとは名人がいるので、旨い蕎麦を食べたいだけ・・・。

ご主人が、「この地区には昔からそばを栽培している農家はないね、うどんが
主流なんでそばの製粉やってるところはないよ・・・」
石臼で自分でやってみるそうです。
むかしはなにか行事があると農家さんではうどん作ったそうです。

そのうどんなのですが、この辺でうどんの美味しいところはどこという話になり、
東村山あたりがうどん屋が多くて美味しいよとのこと。

東村山から今度は志村けんの話しになり、
まだ生家があるそうで、お兄さんが後を継いでるようです。

というように、とりとめのない話で終わりました。


<お土産>

IMG_20170501_135238_convert_20170501152913.jpg

採りたてのカブがたくさん、絹サヤも袋に詰めてもらいました。

またでっかな里芋が・・・、前回いただいた里芋はミニ菜園で土の中です。
もうそろそろ出てくるかな・・・(笑)

天気予報通り、12時過ぎから雨がポツリポツリと・・・。
雨に濡られずに帰ってこれました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

キュウリの定植(援農ボランティア)

2017/04/27(木)
昨夜から雨が降りそうで降りませんでした。
今日はボランティアの日、急いで仕度して出かけました。
農家の畑

畑には誰もいない・・・、
離れた畑の作業のようです。

自転車で向かうと、すでにボランティア1名とご主人が苗を運んでるところでした。
今日の作業はキュウリの定植なのです。

いつものようにご主人から見本を見せてもらいます。
接木苗なので、カットしたキュウリの根は土に埋めないようにとのことでした。
キュウリの収穫はよくやったが、定植は初めてのような気がする(笑)
それでは、作業開始!

私のやり方を見てたご主人から、「マルチの土は消毒してあるから、畝から外の土と混ぜ
ないようにしてください・・・」
畝には透明マルチが敷かれており、日光消毒を兼ねていたようです。
接木の部分をよく見るとワラで縛られており、どうも市販されてる苗ではないなと思いな
がら。。。

カットした部分のキュウリの根を、土の中に埋めないように注意しながら定植するのは
なかなか難しい・・・。
深植えすると土の中に埋まってしまうので、浅く植えれば良いのだ~ と途中で気付き
ペースを上げました。

1畝に2条植えで80株、8畝やったので全部で640株にもなりました。
ボランティア3人なので一人当たり213株植えたことになります。
仕事の早いボランティアがいるので、小さく見積もって180株は植えたのではないかと
思います。

休憩をはさみ、不織布でトンネルを掛けます。
風が強いのでしっかり止めないとダメなのですが、農家さんは留め具なんて使いません、
ネットの裾に畑の土を被せていくだけです。

これって簡単!
あっという間にトンネルができあがります。
市民農園では真似できませんね、余分な土が無いからです(笑)

今日の作業もかなり腰にきました!!!


<休憩時の話題>

キュウリ苗について聞いてみました。
「今日の苗はご主人のところで作ったのですか・・・」
ご主人曰く「トマトやナスは接木苗を買うのだが、キュウリは自分ところでやってるよ・・・」

600本近くの苗の接木は大変だったことだと思います。
台木にはカボチャを使うのだそうで、食べても美味しくないカボチャなんだそうです。
病気に強く元気であれば良いとのこと、納得しました。

私が市民農園でカボチャ栽培を始めてやるので聞いてみた・・・、
栽培方法はスイカと同じように3本仕立てで、ひとつの蔓に咲く花が2つ目までは脇芽を
カットしていき、それ以降は放任でも良いのだと教わりました。


<お土産>

IMG_20170427_124641_convert_20170427143727.jpg
2週間前にトンネルを外したブロッコリーでした。
まだ小さかったのに、もうこんなに大きくなってました。

来週はゴールデンウィークなので木曜日はお休みとのことでした。
そのかわり、5/1は人手不足なので出ることにしました。

夏野菜の植え付けが忙しいようです。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

枝豆の定植と堆肥運び(援農ボランティア)

2017/04/20(木)
4日続いた真夏日は昨日で終わり、今日は気温も19℃と平年並みに戻りました。
さわやかな青空の下、自転車をこいでボランティア農家さんへ向かいました。


今日の作業は、2週間前にやった枝豆定植の続きです。
第2弾目になるようで、2週間前の枝豆は大きく育ってました。

トレーで育ったたくさんの苗を取り出して、畝へ1本づつ定植していきます。
こうすると無駄な種を使わずに済むのだなと考えながら・・・。

私の畑では直播きなので、4粒蒔いて途中で2本に間引きます。
2粒の種が無駄となる(笑)

農家さんは初めから1本立ちで育てます、畑が広いからできるのですね。
ミニ菜園では考えられない植え方です。

30m長の畝8本に3条植えで次々に植えていくのですが、しゃがんだままなので腰にきます、
コルセットは忘れずに付けてきてますが2時間もすると痛くなってきますね。

休憩はさんで、次は堆肥運びです。
2日前の春の嵐でかなり水分を含んでました。
一輪車に載せて畑まで運ぶのですが、重くて左右に振られるのでこれもきつい作業でした。

今回はそれほど遠くなく30m先だったのは助かった(笑)

運んだ堆肥は落ち葉ではないのです。
何かと聞いたら「おがくず」だそうです。
ワラなんかも雑じってました。

畑の広い一面にビニールを敷いているのが2か所見かけました。
何してるのかと聞いたら、土壌殺菌しているところだそうです。
地温を上げて害虫を退治してるのですね。


<休憩時の話題>

私の畑で種蒔いたばかりのが早くも発芽したと話したら、急に気温が上がった陽気のせい
ですねとのことでした。
トンネルは掛けてるかと聞かれ、防虫ネットだけど掛けてると・・・。
春は風が強いので掛けて正解、またカラスのいたずらでほじくり返されるのを防ぐには
必須アイテムだそうです。

ハチの話になって・・・、
むかしはミツバチが巣を作ったりしたもんだ、いまではすっかり見かけなくなった。
農薬のせいだとか言ってました。

スズメバチも刺されたら怖いけど、巣の中の幼虫が美味しんだそうです。
ご主人が子どもの頃にはよく食べたのだとか。。。
今では環境もガラッと変わり、そんな話は遠い昔ばなしになってしまったとのことでした。


<お土産>

IMG_20170420_133810_convert_20170420144547.jpg
ネギとホウレン草

IMG_20170420_134146_convert_20170420144559.jpg
今回も切り花をいただきました。
花瓶に突っ込んだだけなので見栄えしません(笑)
何という花でしょうか・・・。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます