FC2ブログ

キュウリの朝もぎと枝豆畑の草取り (援農ボランティア)

2020/06/04(木)
きょうは援農ボランティアの日です。遠くの畑へ直行しました!
_convert_20200305154423_20200604155033ef4.jpg

キュウリの朝もぎが始まりました!
ご主人がもぎ取り作業をやってました。
「3列までやったので、残り3列をお願いします」

2条植えの畝を、左回りで収穫していきます。収穫かごを腰に巻き付けて、右手にハサミを
持ち、採り残しがないように進んでいきます。
まだ背丈が低いので1株で2本くらいなんですが、畝をひと回りするとかごに一杯となります。

後からご主人が来て、「その下のも採ってください!」
小さかったので採らなかったのですが、曲がりキュウリで売り物にならないからとのことでした。

長い畝が6列しかなく、「今年は2列減らしました」とのこと。
毎朝の収穫作業が大変になったので、減らしたようです。

朝もぎ作業は30分で終わり、「次は枝豆のところの草取りをお願いします!」
先月、枝豆を定植した畑でした。
見たところ、既に莢が膨らみかけたところ、莢が出始めたところ、花が咲きかけたところと、
3回に分けて定植したようです。

草は最初に植えたところが多かったですが、後から植えたところはまだ小さな草ばかりです。
「そこは鎌で削ればいいですよ・・・」
手で引き抜いていたら大変な作業になってしまいます。

休憩はさんで、黙々と草取り・・・。
ご主人はトマトの脇芽欠きと誘引をやってました。

昼近くになって気温も上がり、暑くなってきました。
冷えたペットボトルのお茶が、とっても美味しく感じます!

3弾目の畝までは終わらずに時間となりました。


<休憩時の話題>

露地トマトが色付いてきたら、早速、カラスが来て赤くなったトマトを食い荒らしてるようです。
カラスは赤くなるのを密かに待ち望んでるのでしょうね。
広い畑での防御もできないので、仕方ないと諦めてるようです。

今年の夏はオリンピックを楽しみにしていたのに延期となり、海水浴場も「海の家」などは
出さないようです。
子供らは学校が再開となったが、夏休みも縮小され、楽しい夏もどこかへ吹っ飛んだようです。

東京アラート、もう少し辛抱してくれたらと収束を願うばかりです・・・。


<お土産>

IMG_20200604_133034_convert_20200604154840.jpg

朝もぎしたキュウリ5本頂きました。
早くもインゲンが収穫のようです。


今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

苗床の片づけ、枯れたジャガイモの原因判明! (援農ボランティア)

2020/05/28(木)
きょうは湿度が低く、カラッとした初夏の気配です。

援農ボランティアで農家さんへ向かいました。
_convert_20200305154423_2020052814270774a.jpg


外の苗床の片づけ作業をやりました。
キュウリ苗を作っていた苗床でした。

2m幅で長さ12mの範囲をコンパネで囲って苗床を作ってます。
苗床には落ち葉堆肥とサツマイモの残渣が底に敷かれてました。
ここの堆肥を一輪車で運び、近くの堆肥置き場に積み上げていく作業でした。

一輪車で運ぶ距離は20~30m、畑へ運ぶのに比べ楽ちんでした。
堆肥を3m程積み上げていくので、一輪車を勢いよく押して、駆け上がらなければなりません。
最初はよかったですが、だんだんとくたびれてきました。

休憩はさみ、残り半分を全部片づけようと張り切りましたが、3m程残して時間となりました。
きょうはスマホ持参してたので、万歩計を見ると「9,700歩」、あと僅かで1万歩でした。


<休憩時の話題>

市民農園でジャガイモが枯れてしまったことを話すと・・・、
若旦那が、「それはジャガイモに多い疫病と言う病気ですよ!」
長雨が続いたりすると発生するそうで、一気に周りに伝染して、葉っぱが黄色くなって
枯れるとのこと・・・。 全く同じだ!!!

農家さんでもけっこうある病気だそうですが、プロですから枯らすことはないようですね。
もしそんな株を見つけたら、引き抜いて畑の外に廃棄すると良いらしいです。
原因が分かってスッキリしました!

それと、そのイモは食べられるのか聞いてみると、イモを切ってみて中が黒くなってなければ
食べられるそうです。最悪は葉っぱから実(イモ)にまで伝染するそうです。
帰ってから、イモを切って確認したところ、セーフでした。。。 食べられる!


<お土産>

IMG_20200528_132029_convert_20200528142428.jpg

早くもキュウリです!
来週からは「朝もぎ」するので、遠くの畑へ直行してくださいとのことでした。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

枝豆の最後の定植、余った苗を頂いた! (援農ボランティア)

2020/05/14(木)
きょうも5日連続の夏日です。

暑い中でのボランティア作業は辛いなと思いながら、農家さんへ向かいました。
_convert_20200305154423_2020051414531651b.jpg


きょうも遠くの畑での作業でした。
ご主人がマルチに植穴を開けてました。

最後の枝豆の定植でした。
50m程の畝10列にはすでに植えられてトンネルが掛けられてました。
きょうやるのは第四弾目くらいでしょうか。

ボランティアが一人になったもので、ご主人との二人作業になりました。
いつもの通り、私の倍の速さでご主人は植付けていきます。

透明マルチの植穴に苗を並べてから、それを一気に植え付けていくのですが、
休憩はさんだ後半には気温が上がり、マルチの表面が熱くなってきました。
ご主人曰く、「マルチの上に置いたら、葉っぱが焦げてしまう!」

それからは1本づつ植付けました。
腰が痛くなってきました。。。

3畝が終わったところで、第一弾目のとこからトンネルを外し、ネットを移動してきて
トンネルを掛けました。
昨夜のように強風が吹いたりするので、トンネルは必須のようです。

枝豆は早生、中早生、晩生などから4種類植えてるそうです。


<休憩時の話題>

もう夏野菜の植え付けは済んだのか聞いたところ、ほとんど終わったようですが、
ウドの植え付けが残っているようです。
群馬と茨城へ持って行く種用の栽培だそうです。

ハウスの中のトマトは、もう既に赤くなってる!
ご主人に「トマトは露地とハウスで、どっちが美味しいですか」と聞いてみましたら、
「やっぱり露地の方が美味しいね!」
直接お日さまに当たった方が美味しくなるようです。


<お土産>

IMG_20200514_134141_convert_20200514145007.jpg

先週草取りしたレタス畑のレタスを頂きました。
まだ東京ウドがあったようです。


枝豆の苗
IMG_20200514_134302_convert_20200514145019.jpg

ご主人が、苗が残ったから持って行かないかと・・・、遠慮なく頂きました。
私の畑では枝豆が発芽に失敗、再度蒔き直そうかと思っていたところでした。
ありがたいお土産でした。



<新型コロナ関連>

最近、「コロナ禍」という言葉をよく見かけますね。
なんて読むのでしょうか・・・。

「ころなか」が正しいようです。

禍とは、「よくないこと、悪いこと、災い、不幸せ」といった意味なんだそうです。
不吉な言葉ですね、早く終息して欲しいものです。

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

一家総出のトウモロコシ定植(援農ボランティア)

2020/04/30(木)
昨日の都内感染者は、47人だったそうで、27日に続いて50人を下回りました。
100人超えたりして変動が激しいですが、少しづつでも減少することを願ってます。

きょうは気温も高めのいい天気になるようでした。
援農ボランティアへ行ってきました。
_convert_20200305154423_20200430153520169.jpg


きょうは遠くの畑での作業ということで、自転車で向かいました。
ご主人が定植用の穴開け器で、植付けるところに穴を開けてました。
トウモロコシの定植作業です。

たくさんの苗を軽トラで運んできたようです。
「この苗を植え付けてください!」とお手本を見せてくれます。

私が始めると、「もっと苗を強く押してください!」
苗が乾燥してしまうからだそうです。

苗の品種は「味来」、いつもの「ゴールドラッシュ」はこのあとに植えるそうです。
途中から、若奥さんと子供たち二人も参加して、家族総出の作業になりました。

お孫さんに当たる二人は大学生と中学生、学校がコロナで休校なので畑仕事を手伝って
いるそうです。

中学生のお孫さんに、ご主人が定植の仕方を教えてました。
うちの孫とは1級上だそうですが、家の手伝いをして良いお孫さんだと。。。
途中からいなくなりました・・・。 勉強があるからと帰ったそうです。
私が子どもの頃も、何かと理由を付けて逃げたものです(笑)

30m程の畝に30cmの間隔で2条植え、一畝やったら腰に来ました!
ご主人の早いこと!!! 私の倍の速さで植えていきます。
相変わらず、腰は落とさないで次々に植えていきます。
真似しても続きません・・・(笑)

味来の定植が済んだところで、畝4列にパオパオ(不織布)をトンネル掛けです。
カラスがいたずらして苗を引き抜いてしまうそうで、トンネルは必須のようです。

休憩はさんで、こんどは「ゴールドラッシュ」の定植でした。

終わってから、水撒きするのかと思ったら、苗にたっぷり撒いてきたから必要ないとのことでした。
気温も上がり、薄っすらと汗ばむ陽気の中での作業でした。


<休憩時の話題>

家族全員での休憩でした。

若旦那が、明日群馬の方へウドの定植に行くそうです。
どこも他県の車は来るなと厳しいようなので、状況を確認してから行くとのこと・・・。
道路は空いているので、いつもの半分の時間で行けるみたいです。

子供たちはオンライン学習で勉強するようですが、みんながみんなご自宅に環境があるかと
言えば、ない家庭もあり大変なようです。

9月入学なんかになったら大事のようです。
でも学習の遅れを何とかしなければいけませんね。


<お土産>

IMG_20200430_133311_convert_20200430153253.jpg
ホウレン草、ブロッコリー、里芋、切り花
ウドの収穫は終わったようでした。

ご主人から、トウモロコシの苗が余ったので、持って行かないかと言ってくれたのですが、
すでに植える物が決まっていて、空いてる場所がないので諦めました。 残念!

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→

堆肥運びが続きます!(援農ボランティア)

2020/04/23(木)
スーパーが混雑して入店制限強化するニュースがありました。
私のところのスーパはそれほどの混雑はなく、曜日時間帯によってはレジで並ぶことが
ありますが、きょうは並んでも2人でした。
但し、マスクは必須のようです。

混雑度のチラシが掲示されており、比較的空いてるのは朝の9時~10時と、午後の1時~
2時だそうです。

きょうの天気は朝から日差しがあっていい天気でした。
援農ボランティアへ行ってきました。
_convert_20200305154423_202004231511187c8.jpg


先週やった堆肥運びの残りだろうと予想してましたが、その通りでした。

ご主人が前もって堆肥を置く列に、お茶の木の小枝を差してありました。
数えたら9列もあります!
1列には一輪車で8台分の堆肥を運んでこなくてはいけません。
堆肥置き場から80m、全部で72台分を運ぶことになります。

3人でやっていた時は何のことなかったのですが、一人になって作業がきつくなりました。
マァーあせらずのんびりやることにしました。。。

休憩はさんで、黙々と一輪車で27往復して時間となりました。
約4キロは歩いたことになります。

一人では到底無理で~す!
明日のボランティアがやってくれるでしょう。


<休憩時の話題>

若旦那は茨城へ行ってるそうで。
東京ナンバーだと都内から来ていると分かって、冷たい目で見られるかなとおかみさんが
心配してました。
コロナの感染、東京から実家へ行って感染させてしまったなどの事例が上がってますね。

多分、ウドの種を渡しに行かれたのかな・・・。
茨城の農家さんに畑での栽培を委託しているのですが、種は自家採種して渡してるようです。

枝豆とトウモロコシの定植は終わったそうです。
いつもこの時期に植付けの作業があるのですが、今年は他のボランティアがやったようです。
むかしはトウモロコシの種を直播きする時もあったのですが、苗を定植したようです。
この方が種の数が少なくて済みますね。


<お土産>

IMG_20200423_131352_convert_20200423150828.jpg

おかみさんが畑で収穫していた玉ねぎが入ってました。
初物のようです。

ウドも終わりに近づき、根株を整理してました。

切り花も頂きました。
IMG_20200423_130741_convert_20200423150815.jpg

今日の記事、ポチッしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で9年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます