甘いトマトを作るには・・・

2017/03/01(水)
今日から3月がスタート、待ちかねた春がやってきました!
天気予報では晴れなのに、外はどんよりした曇り空です。


4月からの市民農園開始(当たったらですが)に向けて、夏野菜栽培の勉強をしてます。

トマトなんですが、毎年、糖度の高い甘いトマト栽培を目指してはみるのですが、
いつも満足な結果で終わりません。

先日買ってきた「野菜だより」に載ってました。
なるほどと思って、今年は実践してみようかなと思ったことをまとめてみます。

去年のトマト栽培
160608_093338_convert_20170301085510.jpg

1.20cm程の高畝にする
  根張りを制限できるので、水分の吸収を少なくできる
  トマトは広く浅く根を張る性質があり、高畝にすることで根が広く張っていくのを
  制限できるのだそうです。
  →根っこが深く潜らないのであれば納得できる
   トマトにはほとんど水やりはしません、乾燥気味に育てると甘いトマトができる
   と言われてますものね。今年は高畝でやってみよう!

2,老化苗を植える
  老化苗とは萎れた苗ではありませんよ(笑)
  定植する前にすでに実がついた苗のことを言います。
  老化苗は樹勢が弱く水をあまり吸わないようです。

3.その他の管理
  a.マルチは不要
    マルチを張ると、下から水と養分が上がりやすくなるそうだが・・・、
    →いつもマルチ栽培しているので、これを試すには度胸がいる(笑)

  b.1番果の摘果は不要
    摘果すると栄養生長?へとスイッチが切り替わって甘いトマトができないそうです。
    →この説明はちょっと難しい。。。 でも摘果しなければ良いのなら簡単

  c,脇芽は摘んで1本立てにして育てる
    →これもやってるので問題なし


これで甘いトマトができるならやってみようかな!
但し問題が二つあります。

1.老化苗が手に入るか
  花が咲いた苗なら見かけるが、実を付けてるのがあるかどうかですね。

2.マルチなしで育てる
  草ボウボウになるのが目に見えてるね・・・。
  ある程度育ってきたらマルチを剥がすとうい手もあるかな。
  いづれにせよ考えてみます。

これと反対(低畝、マルチ、水やり)のことをやればたくさんのトマトが採れるようですよ。
但し甘くない(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

自分ところのトマトの撤収

2016/09/03(土)
週間天気予報を見ると毎日雨マークが入ってます。
でも今日は朝から晴れてるのですが、夕方からまた雨の予報です。

トマトは撤収すると決めたので、即刻やりました。

後半は放任していたので、支柱の上の方は伸びきった枝で乱雑してます
160902_082320_convert_20160903123632.jpg
よく支柱が持ち堪えてましたね。


トマトをやる前にキュウリがあった
160902_082535_convert_20160903123639.jpg
完璧に枯れてしまってますが、トマトと同じ畝にあるので、トマトと一緒に
片付けようと待ってました。

ここまで枯れると残渣も少なくて済みます(笑)


トマトを片付けたあと
160902_090459_convert_20160903123657.jpg
枝をパチパチ切って取り除きました

山のような残渣が残りました
160902_090442_convert_20160903123647.jpg
これも日干しして小さくします。

見事な裂果です
160902_082228_convert_20160903123623.jpg
これだけ雨が降ったら、トマトも終わりですね。


トマトを片づけた跡に、バジルが・・・、
160902_090546_convert_20160903123704.jpg
コンプラで植えていた2株のバジルが大株になってました。
これはどうしようか・・・。

捨てるのはもったいない、菜園仲間のYさんに声かけるといただいてもらえる
とのことでしたので、株ごと引っこ抜いて渡しました(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

トマト撤収の判断した結果

2016/09/02(金)
関東ではこの夏水不足が心配されてましたが、利根川水系の取水制限が全面解除
となりました。
台風9号、10号と連続した大雨でダムの貯水量は例年並みに回復したそうです。


昨日はボランティア農家さんでトマトの撤収作業をやってきましたが、
自分の畑のトマトはどんな状態か見てきました。

アイスレモンはほとんど裂果
160831_083127_convert_20160902140458.jpg
まともなのが採れなくなってきました。


アイコも裂果が多いですね
160831_083227_convert_20160902140514.jpg
虫が集って食べてるようです。

熟す寸前のアイコ
160831_083249_convert_20160902140521.jpg
早めに収穫すれば何とかなるか。。。
でも皮が固くなってきて食感はよろしくない(笑)


桃太郎は赤いけど・・・、
160831_083208_convert_20160902140507.jpg

やはり裂果してきてる
IMG_2078_convert_20160902140551.jpg
裂果の原因は果皮の老化で弾力性を失ったり、土の水分が急激に変化したりすると
発生しやすいのだそうだが、もう限界かな。。。


まだ青いトマトが生ってる
160902_082114_convert_20160902140535.jpg
これも熟したら裂果するのでしょうね。

決断!
撤収することにしました。

この続きは明日へ・・・。


ピーマンまで赤くなる
160831_083437_convert_20160902140527.jpg
ピーマンが赤くなるのが早くなってきました。
赤くなると甘味があって美味しいのですよ。


収穫トマト
IMG_2077_convert_20160902140543.jpg
収穫も数少なくなってきました。

今年のトマトは豊作でした。
トマトを食べない日がなかったくらいです(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

終盤戦に入った夏野菜たち

2016/08/16(火)
台風7号が首都圏に向かって来てるようです。
午前中は時々日が差す天気でしたが、午後には雨となり深夜にかけて強い雨と風で
太平洋沿岸を北上していくとの予報です。

夏野菜たちも終盤戦に入ってきました。
害虫と暑さとの闘いですね(笑)


更新剪定をやったナスに花が!!!
160816_085215_convert_20160816134816.jpg
久し振りに咲いた花が愛おしく感じましたよ(笑)
秋ナスたのむよ!


またキュウリが生った!
160816_084754_convert_20160816134752.jpg
葉っぱが無いのによく生ったもんだ・・・、
イエイエ、先端を摘心してないので上から蔓が垂れてきているのですよ。
今年のキュウリはオリンピックの日本選手みたいに頑張ってます(笑)


赤く色づいたピーマン
160816_085000_convert_20160816134808.jpg
普通のピーマンなんですが、完熟すると赤くなるのです。
これの方が美味しいという人もいますね。


完熟トマト
160816_085429_convert_20160816134834.jpg
桃太郎も支柱の上の方で頑張ってます。


アイコさんもまだまだ元気
160816_084906_convert_20160816134800.jpg
まだ青いトマトが上の方で鈴なり状態です。


株間に植えたマリーゴールドが大株に!
160816_085335_convert_20160816134826.jpg
トマトの横に植えたので、トマトには水遣りしないがマリーゴールドにはして
やりたい。。。(笑)


キュウリの畝端にも
160816_085512_convert_20160816134843.jpg
あまりにもきれいなので、切って持って帰りました。


ピーマンに小さな穴が・・・???
ほとんどこの中に大きくなった虫が潜んでいるのですよ。
160816_090514_convert_20160816134923.jpg
虫はモザイクかけました(笑)

見たい方は下のサムネイルをクリックしてください
160816_090514_-B_convert_20160816134914.jpg
中に入り込んだ穴は小さいのに・・・、
虫はこの中でピーマン食べて大きくなったようです。

みなさん、ピーマンに穴があったら注意してください!
間違っても虫を食べないように・・・(笑)

収穫野菜
IMG_2054_convert_20160816134932.jpg
最近のシシトウには辛いのが出てきましたね。
唐辛子ほど辛くないので食べてますが(笑)


今夜の台風で畑に被害が出なければいいのですが・・・。
特に台風対策はやってきませんでした。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

キュウリとトマトの空中乱舞

2016/08/08(月)
きょうも朝から蒸してはいるのですが、外に出ると北風がふいて昨日ほどの暑さは
感じませんでした。
北風は台風5号の影響ですね。関東に最接近するも上陸せずに北上するそうです。


キュウリとトマトは摘心しないであっちに寄せたり、こっちに寄せたりして支柱の
上部で空中乱舞です(笑)


同じ畝に隣り合わせに植えたキュウリとトマト
160804_090704_convert_20160808133955.jpg
トマトとキュウリの蔓が入り乱れております。


キュウリの蔓はトマトの方へ・・・、
160804_090716_convert_20160808134003.jpg
しっかりと実を付けてます。


キュウリは最後の力を振り絞って・・・、
160804_090733_convert_20160808134010.jpg
下葉はべと病が発生したので摘葉してます。
上の葉っぱだけでかろうじて生きてます(笑)


トマトの脇芽は伸び放題
160804_090835_convert_20160808134017.jpg
よく見ると、脇芽じゃなくてトマトの房の先端からまた新たな房が出てきて、
4段くらいに生ってます。
こんなことがあるんだァ~(笑)


主茎が伸びてきたミニトマトは、隣りの伸びてこないナスの支柱に誘引しました。
160804_095153_convert_20160808134033.jpg
実を付けてるのでカットするのは止めました。

さらに、キュウリの方へも誘引
160804_095239_convert_20160808134039.jpg
キュウリはもうじき撤収するので、トマトの支柱に交代です(笑)


その下でバジルが花を咲かせてます
160804_090931_convert_20160808134024.jpg
トマトのコンプラで植えてるのですが、おかげで今年も美味しいトマトがたくさん
採れました。

キュウリはもう限界に近いですが、トマトはまだまだ元気のようです。
160808_112708_convert_20160808134046.jpg
こんな大玉がこれから赤くなるのです(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

畑のジッチ

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で6年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます