ご挨拶

2018/12/31(月)
(このページをTOPページにしたいため、作成日を未来の日付にしております)
季節を感じる写真をご挨拶代わりにどうぞ。
IMG_5904_1.jpg

現在、農作業は主に以下の2つをやっております。
(1)市民農園で野菜づくりを楽しんでる8年目の家庭菜園
(2)農家さんで汗流しながらやっている6年目の援農ボランティア
日々楽しみながら畑での出来事を愉快に綴っていければと思っております。
たまに菜園仲間の群馬と茨城の相棒の話題も出てきます。

今年はもうひとつの趣味のカメラもたくさん撮って、このTOPページを飾れる
ような写真をアップしていきたいと思ってます。
写真をクリックすると今までアップしてきた写真がご覧いただけます、よろしかったらどうぞ。

                                 (2018年3月19日 記)

いつもご訪問ありがとうございます

本文はこの下をご覧ください
今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

今年最初の草取り(援農ボランティア)

2018/04/26(木)
寒くもなく暑くもない快晴の一日でした。
先週はお休みを取ったので、2週間ぶりの援農ボランティアへ行ってきました。
援農ボランティア1

ハウス栽培のトマトにトンネルで掛けてあった、緩衝材(プチプチ)を取り外す作業から
始まりました。
トマトはすでに実が生っており、マルチの上にゴロゴロ状態でした。
20mもありそうな長いシートを、ハウス2か所で6枚を取り外して丸めました。

そのあとはトマトの脇芽欠きかと思ったら、草取りでした・・・(笑)
アスパラ畑へ移動して、まだ小さな草を引き抜きます。
昨日の雨で、簡単に根っこごと引き抜けました。

植えたばかりの畝の隣りに、去年植えたアスパラが地中から何本か出てきてました。
1年目で収穫できるとは「大苗」を植えたようです。

次にブルーベリー畑へ移動して、またここでも草取りです。
まだ生えたばかりの小さな草なのです。
ご主人がこの草は鎌で上部を削いでやるだけで良いですよと、やって見せてくれた。
種が付いてる草は手で引き抜いてくださいとのことです。

すでに種が付いてる大きな草は畑の外へ持ち出すわけです。
1年前にも聞いてるはずですが・・・。
よい復習になります(笑)


<休憩時の話題>

私の畑で酸度を測ったら6.8だったが、ナスはもっと低い値が良いのでしょうかと聞いてみた。
「大丈夫ですよ、欲を言えば6.6位がいいのですが、問題ないです!」とのことでした。
毎年ナス栽培で賞を取ってる農家さんのお墨付を頂きました(笑)

酸性土壌を改良するために石灰を撒きますが、その反対に酸度を上げるにはどうしたらいいの
かも聞いてみました。
「化成肥料を入れると良いですよ・・・」
私は有機栽培なので、話しは「そうですか・・・」で終わりました(笑)

それと気づいたのですが、1年前に石灰を入れた時は6.0だった。
それが1年後に6.8だということは、酸度が上がらずに下がっている・・・???
石灰は入れる必要はないのだが、有機栽培は酸性土にならないのかも。。。
化成肥料を入れたら、石灰は必要ということなのかな。。。
なんかよく分かりませんが、むやみやたらに石灰を撒くのは危険のようです。

私の畑で里芋を植えたいのですが、玉ネギを植え過ぎて場所がないのですが、
いつ頃までに植えると良いかと聞いてみたら、「5月連休あと」のようです。
それまでに玉ネギは小さ過ぎて空きそうもないのです・・・(笑)


<お土産>

IMG_20180426_125919_convert_20180426151631.jpg

ほうれん草。小松菜、ブロッコリ-、ネギが入ってました。

もうウドは終わったようです。

私が休んでる間に、枝豆、トウモロコシの植え付けが済んでるようです。
来週はゴールデンウィークの真っ最中、援農は休みではないようです(確か去年は休み)。
農家さんは、植え付けやらで休んでる暇なんてないのでしょうね・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ウドの栽培にチャレンジ(群馬の相棒)

2018/04/25(水)
昨夜からの雨が午前中まで降り続いてました。
かなりまとまった雨量になったようです。
畑は久しぶりに潤ったことでしょう・・・。


群馬の相棒が、なんとウドの栽培にチャレンジしたようです!

ウドには全体が白い「軟白うど」と、緑色の「山うど」がありますが、流通量が多いのは軟白うど。
これはムロ(地下)で日光を当てずに育てるため全体が白くなります。

年間の収穫量が多いのは、栃木県が1位(965トン)、2位(647トン)が群馬県だそうです。
なんと東京が4位(207トン)なのです。私が援農で行ってる農家さんの「東京うど」がそれなのです。


ウドの芽
CIG_IMG001_convert_20180425112940.jpg
ご近所の家で掘り返した元株を、1月に畑に埋めてみたところ、3月末に芽が出てきたそうです。


籾殻埋め
CIG_IMG002_convert_20180425112951.jpg
3/31に肥やし袋で周囲を包み、その中に籾殻を約40センチの深さで埋め込みました。
日照を遮って軟白うどを作るようですね。


ウドの頭
CIG_IMG003_convert_20180425113001.jpg
4/17に籾殻の表面からウドの頭が見えてきました。


早速、籾殻掘り起こし!
CIG_IMG004_convert_20180425113011.jpg
籾殻の上部を寄せてみると、沢山のウドが出ています。
特に手前の1本は太いではありませんか! これ見て、思わずニャ二ャしたことでしょう(笑)


収穫
CIG_IMG005_convert_20180425113021.jpg
太いウドを1本だけ収穫しました。
とったどー! 

他のは、籾殻を戻し更に太くなるのを待つそうです。

軟白栽培された白ウドができるんだと、感激!!!

私が農家さんで頂く東京ウドとウリそっくり(笑)
ムロでなくてもできるんだ~!

群馬ではこういう栽培方法があるのでしょうか、それとも相棒の発案か・・・(笑)


ウド料理
CIG_IMG006_convert_20180425113029.jpg
早速、採りたてを夕食で、ビールのお摘みになったそうです。
定番の酢味噌和え、ウドの皮でキンピラ


相棒はむかし、私の援農農家から東京ウドを買ってもらったことがあり、
軟白うどは知っております。
東京ウドには負けると言ってますが、ご満悦の様子です。

東京ウドもそろそろ出荷が終わる頃になってきました。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

のらぼう菜の撤収と夏野菜の畝立て

2018/04/24(火)
旅行から帰ってきた翌日に、枝豆を播種して毎朝水やりに行ってましたが、今日は雨が降る
予報なのでサボりました(笑)


昨日のことなんですが、いよいよのらぼう菜を撤収しなくてはいけなくなりました。
夏野菜の苗がそろそろJAで販売開始です。

まだ収穫できるのですが・・・、
IMG_20180423_094702_convert_20180424133413.jpg

IMG_20180423_094651_convert_20180424133403.jpg
未練たっぷり・・・(笑)

最後の収穫です
IMG_20180423_094747_convert_20180424133426.jpg
また2年後に栽培します!

そうだ、茨城の相棒がタネを分けて欲しいと言ってた。。。
群馬の相棒からもらったタネがまだいっぱい残ってます。
のらぼう菜がこんどは茨城へ嫁入りですね(笑)


株を全部引き抜きました!
IMG_20180423_100310_convert_20180424133435.jpg
それを見ていた真向いのおばちゃんが、「まだ採れるのが残ってる・・・」
「好きなだけ持って行って!」

長いのしか収穫しなかったので、短いのがたくさん残ってました。

片づけが済んだら、酸度計で測定しました。
IMG_20180423_103711_convert_20180424133454.jpg
6.8でした。
もちろん石灰は不要ですが、トマトやキュウリにはギリギリですね。
ナスがいつも出来が悪いのはこのせいかな。
下げるにはどうしたらいいの・・・???


もう待てません・・。
IMG_20180423_101724_convert_20180424133445.jpg
腐葉土を撒いてすき込みました。

畝立て
IMG_20180423_110840_convert_20180424133528.jpg
約4mの長さです。

マルチを敷いたら短かった!
IMG_20180423_112050_convert_20180424133539.jpg
予備のマルチを出して継ぎはぎしました。


最後ののらぼう菜
IMG_20180423_131443_convert_20180424133554.jpg
かみしめていただきま~す(笑)
たくさん作り過ぎましたが、お裾分けして喜んでもらえたし・・・、
今回は大豊作でした。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

ダイヤモンド富士と茶畑(2日目)

2018/04/23(月)
しかし昨日は暑かったですね。
今日は平年に戻って、昨日より10℃も低くなるようです。


富士山麓の旅行2日目です。
朝の5時前に目が覚めて、外を見ると、なんと雲ひとつない快晴です!!!
天が味方してくれた・・・(笑)
今回の最大の楽しみはダイヤモンド富士の撮影なんです。

ダイヤモンド富士とは・・・、
日の出、日の入りの時に太陽が山頂にかかって、ダイヤモンドのような光を放す現象を言います。
毎日見られるわけではなく、今回行った田貫湖では4月と8月の2回、1週間くらいの期間でしか
見えません。
それも天候次第で、曇っていたら見えませんし、風があると逆さ富士は見られません。
これを見られるのは非常に幸運なことです。


数分間の天体ショーは朝の6時に始まります。
撮影スポットへ行ってみると・・・、
IMG_20180420_053122_convert_20180423055536.jpg
大勢のカメラマンが三脚を立てて待ちかまえてました。
ここは富士宮の田貫湖です。
ダイヤモンド富士とその逆さ富士が見える「ダブルダイヤモンド富士」の貴重な場所です。

ちょうど6時になりました。
IMG_20180420_060023_convert_20180423055547.jpg
時間通りに現われます!
日の出の位置が少し右側にズレてます。

2分後
IMG_20180420_060242_convert_20180423055557.jpg
山頂に日の出が!!!

木が邪魔してますが、この場所しか取れませんでした(笑)
三脚がないのでカメラを持ち上げると、後ろのカメラマンから注意されます。
みんな数分の勝負?に賭けてます。

3分後
IMG_20180420_060356_convert_20180423055607.jpg
目が眩しくなってきます。

6分後
IMG_20180420_060623_convert_20180423055618.jpg
朝日の眩しさを久しぶりに体感しました。

この天体ショーが見られるのは天候次第です。
ホテルに連泊してる人もいるとか。。。

何はともあれ、初めてで逆さ富士との「ダブルダイヤモンド富士」が見られたのは幸運でした。
この後は、ホテルに戻り、朝風呂(温泉)で冷めた体を温めて、朝食をいただきました。


静岡と言えば「お茶」を思い出しますが、みなさんはどうですか・・・。
せっかく本場に来たのだから、茶畑と富士山を撮りたいということで、富士市にある大淵笹場
と今宮の茶畑を回りました。

闌カ逡代ヱ繝弱Λ繝枩convert_20180423055653

茶畑と富士
IMG_6125_convert_20180423055439.jpg
今年のお茶の出来は良いようですよ。
そろそろ茶摘みが始まりますね。

先に来ていたカメラマンが・・・、
IMG_6131_convert_20180423055450.jpg
「去年は、奥の桜の木が満開だったので、被写体としては最高だった!」
想像しただけでも、撮ってみたいものです・・・。


茶畑の絶景ポイント
IMG_6139_convert_20180423055524.jpg
電線とか邪魔するものがなく、晴天にも恵まれ満足のいく写真が撮れました。


広大な景色を見ていると・・・、
IMG_20180420_110430_convert_20180423055643.jpg
3人が生まれ育った北海道を思い出します。

最後に群馬の相棒が私を撮ってくれました。
CIG_IMG023_convert_20180423055425.jpg
群馬の相棒の車であちこちと駆け回った2日間でした。
運転お疲れさまでした。

今度は今年の同窓会の計画でも立てないとね。 そだね~・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で7年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます