ご挨拶

2017/12/31(日)
(このページをTOPページにしたいため、作成日を未来の日付にしております)
季節を感じる写真をご挨拶代わりにどうぞ。
IMG_2011_1.jpg
クリスマスローズ
現在、農作業は主に以下の2つをやっております。
(1)市民農園で野菜づくりを楽しんでる6年目の家庭菜園 ←1月で返却後再抽選待ち
(2)農家さんで汗流しながらやっている4年目の援農ボランティア ←再開しました
日々楽しみながら畑での出来事を愉快に綴っていければと思っております。
たまに菜園仲間の群馬と茨木の相棒の話題も出てきます。

今年はもうひとつの趣味のカメラもたくさん撮って、このTOPページを飾れる
ような写真をアップしていきたいと思ってます。
                                 (2016年5月13日 記)
ただ今、不定期更新中です。

このTOPページに多くの拍手をいただき、ありがとうございます。

本文はこの下をご覧ください
今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

3月は別れの季節

2017/03/25(土)
都心に少し遅れて桜が開花してきました。
あいにく北風の吹く肌寒い日が続いてますが、あと一週間もすると行楽地はお花見で
賑やかになることでしょうね。

春の選抜高校野球が始まってますね。
昨日は西東京代表の早稲田実業が明徳義塾に競い勝ちました。
負けたと思った試合が9回で同点になり延長で降しました。

最後まで粘り強く諦めない戦いぶりは頼もしいかぎりです。
清宮選手の相手投手に与えるプレッシャーはすごいものがありますね。

もう一つ、14年振りの日本人横綱の稀勢の里が昨日の取り組みで怪我をしたのですが、
本人の強い意志で休まず今日も横綱鶴竜戦に出場するそうです。
頑張って優勝して欲しいですね。

さて、3月は別れの季節
サラリーマンは職場の移動で転勤があったり、学生は卒業式で仲間と別れることがあっ
たりします。

私はもう両方とも何度も経験しており、むかし仲の良かった友とは今では年賀状だけの
付き合いになってます。

昨晩、北海道の地元から電話があり、小学校の同級生が集まって親睦会をやってるよ~ 
とのことでした。
東京からはそう簡単に帰れるわけでもないので、地元に残ってる人たちは羨ましいと
思ったりします。

昨年は関東へ移り住んだ同期の人達に声かけて、50年ぶりに顔合わせしました。
それからは地元の方たちと電話・メールでの交流が始まってます。

今年の秋には東京での同窓会に参加したいと言ってる方が5名程いるそうです。
東京を案内しなくてはいけないけど、それほど詳しくないのです(笑)

50年前に別れた仲間と、ふたたび出会いがあるというのは楽しいものです。
別れの季節でも、またふたたび会えることが・・・。


春の別れの曲、なごり雪が好きです!

汽車を待つ君の横で
ぼくは時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる・・・♪


去年撮った桜、待ちきれずアップします(笑)
IMG_1289_1.jpg


今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

堆肥運び(援農ボランティア)

2017/03/23(木)
風も止んで春らしい陽気になりました。
今日は援農ブランティア、そろそろあの堆肥運びがあるのかな・・・。
農家の畑

やはり、作業は重労働のひとつである堆肥運びでした。
80m離れた畑へ一輪車で運びます。

20mの畝へ堆肥を18カ所に分けて落としていきます。
1畝当たり6回運ぶことになり、全部で6畝分運んだので36往復もしたことになる
のだが・・・、
距離にして5,760mも歩いたとは驚き! 

力作業でもあるし、いい運動になりました。
明日は腕の筋肉痛になること間違いなしです(笑)

堆肥は2年前の落ち葉堆肥でした。
年末に落ち葉を積み上げたところから運んだので、こんな早く堆肥にはならないよねと
ボランティア同士で話をしてました。
やはりその前の年の堆肥が少し残っていたようです。

奥深く堆積された堆肥から湯気が出てきました。
温度も高いようで、中からカブトムシの幼虫も出てきました!!!
巨大な幼虫が次々に出現するのにはびっくりです。

中には孵化しかけたカブトムシも現われてたのには驚きでした。
バケツの中に捕獲しておきました。


<休憩時の話題>

おかみさん手作りのおはぎをご馳走になりました。
むかしは、田舎のお袋もお彼岸によく作ってました。
懐かしくいただきました。

捕獲したカブトムシの幼虫はどうするのか聞くと、「また堆肥の中に戻してやるよ・・・」
おかみさんが「夏になったら茶の間に飛んでくるんだから。。。」

近年はカブトムシが大量発生しているようで、昔のようなカブトムシ人気はなくなった
ようだと話されてました。

東京ウドの話になり・・・、
ウドにもいろいろな品種があるそうで、「東京ウド」はこの地区だけの品種だそうです。
芽株は群馬県赤城山の麓で依頼栽培しているのだそうですが、むかしイノシシの被害に
遭って委託農家さんが違う種を蒔いたらしく、固くて売り物にならなかったことも
あったそうです。


<お土産>

IMG_20170323_143511_convert_20170323154439.jpg

ホウレン草と長ネギでした。
掘ったばかりの新鮮な野菜です。

ほうれん草はハウスの中で栽培してました。
畑はほとんど収穫済みで、夏野菜に向けての準備期間のようです。

今日は疲れた!
ぐっすり眠れます・・・(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

おいしいサトイモを早採りするには・・・

2017/03/22(水)
朝から快晴なのですが、北風が強く体感温度を下げてます。
昨日は一日中雨降りでしたが、そんな中で桜の開花宣言がありました。
来週末が見頃になるようです。


さて、去年栽培して種芋にしょうと思って残してある里芋があります。

去年の里芋栽培
161107_114218_convert_20170322141017.jpg

里芋の植え付け時期は暖かくなった6月上旬~6月中旬が適期みたいですね。
5月連休までは地温が低すぎるので発芽に時間がかかるようです。

それでも早く収穫したい場合は、高畝にしてマルチ栽培が有効。
黒マルチで地温を上げ、光を通さないので子芋から出てくるわき芽を抑制できるみたです。

植え付けは深さ15cmの深植えにすることで地温が高くなり発芽が促進される。
わき芽を伸ばしっぱなしにしている方を見かけますが、孫芋のつきが悪くなるのでカット
しましょう!

サトイモは水を好むので、畑の湿った部分で光はあまり要求しないので半日蔭でいいみた
いです。
但し、乾燥したところでは水遣りは欠かせません。

また元肥は、種芋自身に栄養分がたっぷり詰まっているので多くはいらないようです。

まとめると
・早植えするときは、20cmの高畝にして15cmの深植えをする
・地温を上げる黒マルチ栽培をする
・水遣りは欠かせません
・子芋の芽を伸ばすと孫芋のつきが悪くなる


上記は早採りしたい場合の栽培方法ですが、サトイモをたくさん採りたい場合の栽培方法
はまた違います。
畝立てはしない平畝で、芽がでてくるたびに少しずつ土寄せしていくのだそうです。

サトイモは地温と乾燥に注意が必要ですね。
今年もたくさん採るぞ!(笑)

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→

埼玉の相棒と旬の食べ物をいただきました

2017/03/21(火)
朝起きると雨が降ってました。
きょうは一日中降り続くようで、久し振りのまとまった雨のようです。
気温が9℃しか上がらず、また寒さが戻ってきました。

昨晩は埼玉の相棒と一杯やりました。

スマホでは先輩の相棒なので、いろいろと教わっってきました。
開いたままのアプリがたくさんあることに気が付き、その終了のやり方を教わりました。

不要なアプリは上フリックすることで終了できます。
なんて簡単!!!
これらの操作はスマホやってる人に聞くのが一番手っ取り早いですね。


埼玉の相棒とは元会社仲間、現在も野菜づくりという共通の趣味でお付き合いが続いてます。
さて、畑の状況を聞いてみました。

玉ネギが残念ながら生育が悪くてまともなものが採れないそうです。
スナップエンドウは順調のようで、そろそろ支柱立てないといけないと話してました。

ジャガイモは5品種もそのまま植えたようで、防寒で不織布をかけているそうです。
発芽したら芽欠きして、その芽をまた畑へ植えるとか・・・???

エッ! そんなことでジャガイモができるの・・・。
相棒も初めてのことで半信半疑でやってみるそうです(笑)
成功したらその結果を教えてもらうことにしました。

去年から畑を拡張した相棒は、ひとりで耕すのがきついと中古の耕運機を探してます。
九州の実家からお古をもらうことになってるのだが、まだ送ってこないとか・・・、
もう夏野菜に向けて間に合わないよ~ ガンバって!


さて、二人で飲みながらいただいた旬の物をスマホで撮ってみました。
なかなかの写り具合です、腕じゃなくカメラがです(笑)

三陸刺身三点盛り
IMG_20170320_173026_convert_20170321101221.jpg


ホタルイカの酢味噌和え
IMG_20170320_184141_BURST005_convert_20170321101233.jpg


白魚と菜の花の卵とじ
IMG_20170320_184643_convert_20170321101241.jpg


名古屋手羽唐揚げ
IMG_20170320_184955_BURST001_COVER_convert_20170321101249.jpg
季節に関係ないですが、これは毎回欠かせないおつまみです。

今日の記事、ポチしてもらえばさらに元気になります→
NEXT≫
プロフィール

Author:畑のジッチ
小さな菜園での野菜作りが今年で6年目を迎えます。
有機・無農薬栽培での野菜作りから、美味しい野菜ができる喜びを沢山味わいながら、ブログで楽しく報告していければと思っております。
また農家さんへ週1回ボランティアへ行ってます。
時にはカメラを持ってブラブラと、気ままな暮らしを過ごしてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます